ゾイドワイルドZERO第25話「荷電粒子砲の脅威!」の感想
(2020/04/04Sat)


そんな訳で、2020年4月3日に「荷電粒子砲の脅威!」が放送されました!

今回はゾイドにおける最強レベル兵器、「荷電粒子砲」が現代の技術で蘇った回となりました!
荷電粒子砲は良いぞ・・!身も心も原子レベルに分解される・・。

メインである荷電粒子砲の発射シーンは劇中で2回も繰り返されて、他のシーンであれば見飽きてしまうところですが、荷電粒子砲なら何度でもループして見ていられる・・!それだけ迫力のあるシーンでした。
荷電粒子砲の発射に伴って、ストーリーがまた一歩前に進みましたね。特にサリーとメルビルの心情の変化が見ていて痛々しく、レオの支えがあるサリーと対照的にメルビルはなんとか頑張ってほしい・・。

また、今回からOPとEDが新しいものに変わって、特にOPの冒頭はアニメ「ゾイドジェネシス」のOPを思い出しました。監督はアニメ「ゾイド」や「スラッシュゼロ」の加戸監督ですが、「フューザーズ」や「ジェネシス」世代の人にも嬉しい演出があるのが良いですね!

OPは「ソニックバード」や未知のゾイドが登場して、アニメのストーリーは「オメガレックス」だけではなく、さらに先があることがわかります。次回の26話は「ソニックバード」が登場して、ライダーは彼になるようですね・・!

加戸監督の作品らしく、話数を重ねるごとに物語に深みが出てきて、「ゾイドワイルドZERO」が最高潮に盛り上がっているのを実感しています!これからが楽しみ!

続きを読む

Sponsored Link

2020年のエイプリルフールはキメラ恐竜種ゾイドでした
(2020/04/02Thu)


そんな訳で、2020年のエイプリルフールはキメラゾイドを使ったゾイドワイルドサードシリーズネタでした。

ゾイドワイルドのサードシリーズはあると思うのですが、どのような流れになるのか気になるところですね。

ゾイド自体は「デスレックス」をベースに作成したもので、胴体部分は過去に作成したテリジノサウルス種ゾイドとおおよそ同じパーツを使いました。それによってゾイドワイルドならではの共通骨格を利用したバリエーション機のような感じを目指しています。

本来であれば、「オメガレックス」のパーツを使って過去に作成した作品のような雰囲気にしたかったのですが、「オメガレックス」の発売が3月下旬とエイプリルフールに間に合わせるのはあまりにも厳しいスケジュール。そのため、今回は「デスレックス」をベースにした仮の装甲を取り付けて公開することにしました。今回は仮の状態について、少し紹介したいと思いますー。

続きを読む

Sponsored Link

ゾイドワイルドサードシリーズ?オメガレックス/ジェノスピノの対抗ゾイドが登場!
(2020/04/01Wed)


そんな訳で、ゾイドワイルドでは「オメガレックス」や「ジェノスピノ」と言った帝国大型ゾイドに圧倒され気味の共和国にも、待望のXLサイズゾイドが登場するようですね!
これが過去のコロコロのポスターに載っていた未知のゾイドの正体でしょうか?

名前は「カタストロフィレックス」となっていて、「デスレックス」や「オメガレックス」のように「レックス」の名を持つゾイドです。
「カタストロフィ」の意味は”大変動”や”破滅”。アニメ「ゾイドワイルドZERO」ではゾイドクライシスによる地殻変動で地球が壊滅しましたが、このゾイドをキーにしてまた地球に大規模な災害が訪れるのでしょうか。
おそらく今年から始まると予想されるゾイドワイルドサードシリーズの起点になりそうな感じ。

元ネタになった生物も「キメラ」となっていて、今までのゾイドワイルドシリーズとは一線を画す存在になりそうです!
見た目的にはティラノサウルスをベースにして、テリジノサウルスのような爪、カルノタウルスのようなツノを持っていたりと、複数の恐竜をミックスしたゾイドになっていそうです。

ゾイドワイルドシリーズでは、ドラゴンなど実在しない生物はモチーフにしない方針と記事がでていましたが、どうやらサードシリーズでは実在しない生物も立体化されるのでしょうか。
どのようなストーリーが展開されるのか楽しみですね!

▼追記
エイプリルフールでした。

Sponsored Link

海外のゾイダーさんから昆虫型改造ゾイドの投稿をいただきました!
(2020/03/31Tue)


そんな訳で、海外のゾイダーさんから昆虫型改造ゾイドの投稿をいただきました!

「クワーガ」をベースに他社製品をミキシングして作成された作品になっていて、斬新なシルエットや複眼が禍々しくて格好良いです!パーツの使い方も素敵なのですが、配色のバランスが良いですね。アクセントになる蛍光グリーンは発色が良く、メカ部分の銅色も格好良いです!

使用キットを含めたコメントもいただきましたので、掲載時に紹介させてもらえればと思います。
少々お待ちくださいませー

オメガレックスを購入しました!新旧ファン大満足の荷電粒子砲ゾイド!
(2020/03/29Sun)


そんな訳で、3月28日に発売された「オメガレックス」を購入しました!
非常に満足感の高いゾイドになっていて、ゾイドにおける伝説の兵器「荷電粒子砲」を装備した、待望のゾイドになっています。

発射形態への”自動変形”や、ゾイドシリーズ初の荷電粒子砲の”発光ギミック”と、砲塔の”回転ギミック”を搭載しているのも大きなポイント。

旧ゾイドの荷電粒子砲ゾイドは「デスザウラー」では砲口がなく、「ジェノザウラー」は目の発光ギミックがあったものの自動変形はなし、「バーサークフューラー」は自動変形ギミックがあるものの発光がなし、とゾイドによって一長一短でしたが、「オメガレックス」は全てを持っています!

背中には「デスザウラー」や「ジェノブレイカー」に搭載されていた(ジェノブレはコンバーター)「粒子強制吸収ファン」も搭載していて、まさしく荷電粒子砲を搭載したゾイドの決定版と言える存在です!

さらに装甲のデザインは旧ゾイドを彷彿するようなメカニカルさと、最新キットならではの新鮮なデザインを合わせもち、ゾイドワイルドシリーズ全体を通してもベストバイゾイドと言える存在感を持っています!
今までは「ファングタイガー」が一番のおすすめゾイドでしたが、「オメガレックス」とどちらを勧めるか悩むところですね・・

続きを読む

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 400 401 402 Next