久しぶりに秋葉原に行ってきました!ゾイドの展示状況は果たして
(2021/04/13Tue)


そんな訳で、久しぶりに秋葉原に行ってきたので、ゾイドの販売状況を見てきました!

ゾイドを取り扱っている主なお店はヨドバシカメラとコトブキヤなので、この2店舗を見てきました。最近の秋葉原では細く長く続けてきたHMMゾイドのほうが存在感が増しつつあるように思いました。

こちらはコトブキヤ秋葉原館の様子。ゾイドワイルドの「ゼノレックス」の取り扱いがあるのが嬉しい。
HMMゾイドについてはリパッケージ版が販売されることで、売り場のラインナップがかなり充実しているように見えました。「シールドライガー」や「ブレードライガー」、「ワイルドライガー」と歴代の主人公ゾイドが並んでいるのはなかなか壮観です。

こうなってくると、「HMMムラサメライガー」やHMMでゾイドワイルドの小型ゾイドが欲しくなってきますね。

続きを読む

Sponsored Link

カッターマットを新調してHMMケーニッヒもどきの調整中
(2021/04/11Sun)


そんな訳で、もうエイプリルフールから10日が経過したのですね・・!
相変わらず忙しい状態ですが、3月よりかは仕事が落ち着いてきたので、HMMケーニッヒウルフもどきの製作を進めています。

ほとんどの形はできているので、あとは微調整だけの状態です。土曜日に少し弄ってみましたが、大きく変更する箇所はなく、このままGWには塗装に入れそうです。

これも「HMMライガーゼロ」の基本設計の良さのおかげ。「HMMライガーゼロ」と「HMMバーサークフューラー」は改造時に重宝するゾイドなので、手元に何体かはストックしておきたいです。
あとはタカラトミー版のケーニッヒウルフのパーツが微妙に柔らかい感じがして、加工が楽でした。

そして気分を変えるためにカッターマットを新調しました。
前にカッターマットを購入したのが2010年だったので、こちらは11年ぶりの新調。塗装する時の下敷きにもしていたので、汚れが凄かったので、新品にすると気分が一新できて良いですね!
昔のマットも残しているので、塗装などの汚れ作業用と加工用で使い分けていければと思います。

Sponsored Link

ファングタイガー改こと「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」の予約が開始されました!
(2021/04/08Thu)


そんな訳で、4月からタカラトミーモール限定で「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」の予約が開始されていますね!
私の方は忙しくてまだ予約ができず。今週中には時間を見つけて予約したいところです。

「ファングタイガー」自体は、名称が「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」という長いものになっていて、前回の「ワイルドライガー」もですが、「ワイルドライガー改」や「ファングタイガー改」にしなかった理由はあるのでしょうか。
普通に会話していると「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」と呼ばず「ファングタイガー改」と呼ぶと思いますし、肝心のアニメでも「ファングタイガー改」と呼ばれていましたし、ネーミングについては不思議な部分があります。

商品については、「ファングタイガー改」を極限まで再現していて、カラーリングの再現はもちろん、バイザーの再現、武装追加の為の軸が追加されたり、小型化したブースター、オリジナル武器が搭載されている徹底ぶりで、「ワイルドライガー改」よりも気合が入っているのが伝わってきます!
アニメ「ゾイドワイルドZERO」ではトップレベルの人気を誇った改造ゾイドなので、タカラトミーも本気で作ってくれた気がしますね。

こうなると、「ハンターウルフ改」や「ドライパンサー改」、「メルビル仕様スナイプテラ」(フィオナ仕様スナイプテラとのセットも頼む)にも期待ができそうで、ゆるりと1年前のアニメを思い出しながら楽しむことができそうです。

「ゾイドワイルドZERO」はアニメ自体がオマージュだらけで微妙な出来だったので、グラビティキャノンが出てきたあたりから作り直して欲しいですね。海外展開をしているのなら、日本でフューザーズのアニメが修正されたように、海外向けに「ゾイドワイルドZERO」を改修してほしいところです。頼む!

Sponsored Link

ゼノレックスバスターのレビューを行いました!これでゾイドワイルドは小休憩かも
(2021/04/06Tue)


そんな訳で、「ゼノレックス・バスター」のレビューを掲載しました!
休日も仕事をしながらサクっとレビューしました。次は動画の準備も進めていければと思っています。

「ゼノレックス・バスター」でゾイドワイルドサードシリーズのレビューは完了でしょうか。
これから国内ではフォースシリーズとして、「ゾイドワイルドZERO」の再現キットが発売されますが、ファーストシリーズやセカンドシリーズと比べるとやや力を緩めている感じがします。

今のタカラトミーは海外展開の方に力を入れている感じがして、TFのようにゾイドも海外展開がうまくいって、実写化などでゾイドが再起動できれば良いですね!

ただ国内で販売される「ワイルドライガー改」や「ファングタイガー改」のようなマイナー機は、コトブキヤなどのサードパーティメーカーに任せて、タカラトミーは新しいゾイドの販売に力を入れて欲しいのが本心。

しばらくは国内展開をのんびり見ていって、海外展開の結果も見えてくるファイブシリーズでゾイドワイルドの新展開が行われるのか注目したいところですね。

改造ブレードライガーの投稿をいただきました!
(2021/04/04Sun)


そんな訳で、改造ブレードライガーの投稿をいただきました!

HMMブレードライガーの気になる箇所を回収した作品になっていて、HMMで気になっていた頭部を中心にアニメ風に微調整が行われた作品になっています。

驚いたのが塗装が筆塗りという事で、ちょっと厚ぼったい感じの塗装はどこか一昔前の電車や東京タワーなどの塗装のように見えて、サイズ的には中々リアルなのかもしれません。メリハリのあるカラーリングなので、アニメのCGに近くなっているのも良いですね。

掲載は時間を見つけて行います。もう少々お待ちくださいませー。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 438 439 440 Next