【魔装竜】HMMジェノブレイカー リパッケージVer.の予約が開始されました!
(2020/07/08Wed)


そんな訳で、HMMジェノブレイカー リパッケージVer.の予約が始まっています!
コトブキヤのブログでも紹介されていて、発売は11月とのこと。

「ジェノブレイカー」は第2期ゾイドを代表する超人気ゾイドとなっていて、私もネットを始める前にタカラトミー版を改造したり、コトブキヤからHMM版が発売された後はそれを改造してました。
具体的には「ジェノブレイカージェットtypeB」と「ジェノシザース」の2体の改造ゾイドを作っていましたね。

複数体を改造するほど「HMMジェノブレイカー」を持っていましたが、最終的には全て改造に使ってしまい、完全体な「HMMジェノブレイカー」が家にいませんでした。
そのため、今回のリパッケージは購入しようと思っています!

当サイトの「HMMジェノブレイカー」レビューも古いものなので、この機会に撮影しなおそうか検討中です。

続きを読む

Sponsored Link

Youtubeに4本の動画をアップしました!合わせてインスタも開始
(2020/07/06Mon)


そんな訳で、Youtubeに4本の動画をアップしました!

それぞれ、イベントの紹介、模型アイテムの紹介、作成した改造FA:Gの紹介、投稿いただいた作品の紹介動画となっていて、ゾイドワイルドの商品展開に関係なく動画をアップできるように色々と実験中です。
知り合いのゾイダーさんにはちょっとお話ししましたが、玩具やプラモとしてゾイド単体ではそろそろ限界が見えてきた感じで、ゾイド+αの構成で色々とチャレンジしていこうと思っています。

まずは模型やコトブキヤ関連から、もっと発展させてきたいですね。旅行系も考えていて、ZAODに行ければその様子を撮影しようと思っていましたが、今回は色々な理由で見送りなので、やるとすれば次のWFでしょうか。(大阪のリッツカールトンとか泊まりたいマン)

続きを読む

Sponsored Link

ゾイドワイルドZERO第35話「狙われた真帝国基地」の感想
(2020/07/04Sat)


そんな訳で、2020年7月3日に「狙われた真帝国基地」が放送されました!

今回は物語が大きく動きました。紫色の光を放つゾイドから襲撃を受ける共和国・帝国・真帝国基地。
第三勢力となる紫色の集団はどのような目的があるのか、そして真帝国の反乱から発端した今回の騒動の中心にいるメルビルの動きはどうなるのかと、先が読めない展開は見ていてとても面白かったです!

物語の意外性もあり、第三勢力はもちろんなのですが、今までは雑魚として扱われてきたジャミンガの扱いが最近のストーリーで代わってきましたね。
先週では遭難したランド博士を支援して衝撃の活躍をしていましたし、今回はSNSで告知された予告にある通り、喋りはじめる衝撃の展開です!

SNSでは、”ジャミンガは地球人説”が流れていましたが、果たしてその正体が何者なのかも「ゾイドワイルドゼロ」の物語の焦点となりそうですね!
以降ではいつものように感想を書いていきたいと思いますー。

続きを読む

Sponsored Link

クモ種ゾイド2体の投稿をいただきました!共通骨格を使用した表現はワイルドらしい!
(2020/07/02Thu)


そんな訳で、某氏からクモ種ゾイド2体の投稿をいただきました!

共通の骨格を採用したゾイドになっていて、骨格が共通するのはゾイドワイルドらしい表現。
特に「ラプトール」のドスクローをクモの足に使うアイディアが絶品で、コトブキヤで開催されたスタンドリバーでは元パーツが分からなくて、来場したお子さんが困惑しているのが印象的だった作品です!

足以外にも頭部のアゴや触覚などに「ラプトール」のパーツを使用されていて、アイディアと大人買いのパワーを見せつけられる作品です!


緑色の「アランチュラ・ブライト」は過去に開催した「非公式コンテスト」に参加してくださった作品にになっていて、見事トップ5になった作品です!
非公式コンテストを開催したのがもう半年くらい前とか、何もかも懐かしい・・!

今度の休日を目処に掲載させてもらえればと思います!
写真の調整が大変なので掲載時期は未定とさせてもらいます・・!
少々お待ちくださいませー

ゼロファントスのレビューを掲載しました!動画でのレビューは来週くらいに
(2020/06/30Tue)


そんな訳で、ゼロファントスのレビューを掲載しました!

個人的にゼロブラストのギミックは面白いのですが、骨格とアーマーが一体になっていたり、複眼の目があまり格好良くなかったり、昔のゾイドの紋章や文字が出てくるのがちょっと微妙な感じ。
旧ゾイドに近いため「原始ゾイド」を名乗っていると思うのですが、ゼロブラスト以外は旧ゾイドの「ゾイドマンモス」や「エレファンダー」に完敗しているのが惜しいですね。

その点、最近の「オメガレックス」や「キルサイス」は過去の同型ゾイドの良いところ取りをして、進化したゾイドの姿だと思っているのでとても印象が良かったです!名ゾイドである「デスザウラー」や「ジェノザウラー」、「バーサークフューラー」を超えるゾイドが出てきたか!と興奮しましたし。
「原始ゾイド」は旧ゾイドに回帰するのなら、旧ゾイドを圧倒するクオリティにして欲しかったですね。骨格とアーマーを一体化するのなら膝も曲げてほしいなぁ。

次に発売される「ゼログライジス」も実際に手にとって「キングゴジュラス」を超えることができるのかチェックしたいところです。
タカラトミーは過去のゾイドではなく、未来のゾイドを見せてほしい!

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 411 412 413 Next