HMMアイアンコングイエティを購入しました!また某氏に組んでもらうっ!
(2020/07/23Thu)


そんな訳で、「HMMアイアンコング イエティ」を購入しました!

2020年の7月はゾイドワイルドの新製品がないものの、仕事が忙しくなって中々時間が取れず。
その為、前回の「HMMシールドライガーDCS-J」レビューと同じく、ガンプラ系Vtuberのもちおさんに組み立てをご依頼しました!

ひぇ、チャンネル登録者1万人超えの大物にHMMゾイドを組んでもらえるとは!
組み立ての様子を生放送されていましたが、初期のHMMゾイドでボリュームがあるアイアンコングの組み立てには、さすがに苦労された模様。

特にゾイドワイルドを組み立てていると、HMMゾイドの組み立て難易度がなかなか辛くなってきましたね。
最新の「HMMストームソーダー」ではある程度改善されていますが、最新作となる「HMMワイルドライガー」では、HMMゾイドがどのように進化しているのか楽しみです!

続きを読む

Sponsored Link

久しぶりに秋葉原の歩行者天国が再開されました!ゾイドの販売状況も見てきたぞ
(2020/07/20Mon)


そんな訳で、例のウイルス騒動後、久しぶりに秋葉原の歩行者天国が再開されたので、行ってきました!

当日は久しぶりに太陽の見える晴天で、歩行者天国を行うには、ぴったりのタイミングでしたね。
まだ例のウイルスの影響で人通りが少ないのも相まって、非常に歩きやすくて良い感じ。私は色々とインプットするために普段は行かない同人ショップなどを回ってきました。Vtuber関連の専門コーナーとかもあるのですね・・!

こちらの写真は、歩行者天国の様子を撮影してインスタに上げたもの。インスタの機能を使うと、インスタっぽくなる!すごい。

このアングルで秋葉原を見ていると2015年に開催したZAODのメインポスターを思い出しますね。まだ施設のサイトに掲載してもらっているのはありがたい限り。

また、ゾイド関連の販売状況も見てきましたので、以降で簡単に紹介したいと思いますー
続きを読む

Sponsored Link

【魔装竜】HMMジェノブレイカー リパッケージVer.の予約が開始されました!
(2020/07/08Wed)


そんな訳で、HMMジェノブレイカー リパッケージVer.の予約が始まっています!
コトブキヤのブログでも紹介されていて、発売は11月とのこと。

「ジェノブレイカー」は第2期ゾイドを代表する超人気ゾイドとなっていて、私もネットを始める前にタカラトミー版を改造したり、コトブキヤからHMM版が発売された後はそれを改造してました。
具体的には「ジェノブレイカージェットtypeB」と「ジェノシザース」の2体の改造ゾイドを作っていましたね。

複数体を改造するほど「HMMジェノブレイカー」を持っていましたが、最終的には全て改造に使ってしまい、完全体な「HMMジェノブレイカー」が家にいませんでした。
そのため、今回のリパッケージは購入しようと思っています!

当サイトの「HMMジェノブレイカー」レビューも古いものなので、この機会に撮影しなおそうか検討中です。

続きを読む

Sponsored Link

ラジオ会館へHMMワイルドライガーのデコマスを見に行ってきました!
(2020/06/07Sun)


そんな訳で、秋葉原のラジオ会館で「HMMワイルドライガー」のデコマスが展示されているとのことで、撮影してきました!(撮影許可済み)

最近はゾイドワイルドの販売ペースが凄まじく、タカラトミーの商品展開に付いていくのがやっとだったので、HMMゾイドの情報はあまり追えていませんでした。
「HMMワイルドライガー」もいつ発売されるのかわからずにいて、「ゼログライジス」の発売日が8月なので、てっきり7月かと思っていました。

しかし、今回店頭で確認すると「HMMワイルドライガー」の発売も8月のようで、8月はタカラトミーとコトブキヤから新作ゾイドが発売される怒涛の月になるのですね・・!
こ、これは夏休みを投入して対応せねばば・・・!

以降では、撮影してきた「HMMワイルドライガー」を紹介させてもらいますー

■撮影機材:iPhone11Pro

続きを読む

HMMワイルドライガーの完成見本公開と予約が開始されました!
(2020/05/05Tue)


そんな訳で、「HMMワイルドライガー」の完成見本公開と予約が開始されています!
こちらは去年の夏に開催されたホビーショーの時のもの。

アマゾンではまだCGの画像が使われていますが、発売は2020年の8月末を予定しているようで、思っていたよりも発売されるタイミングが早い印象。初公開が2019年のGWに行われたスタンドリバーでしたからね。あれからもう1年も経過していたとは・・!

コトブキヤのブログで公開された塗装見本をみると、製品のイメージがグッと掴みやすくなって、可動箇所を含めた紹介が良いですね。HMMらしくアレンジが効いていて格好良いです。
個人的にはキャップのアレンジが好みで、元の細胞をイメージしたデザインをメカニカルにアレンジしているのはお見事・・!
タカラトミーのパーフェクトヒューマンによる監修も入っているため、理想のハイエンド「ワイルドライガー」になっていると思います!

あとは組み立てやすさがどのくらいなのか気になりますね。ゾイドワイルドでゾイドに興味を持った小学生・・は難しいにしても中学生には組み立てられるようにして欲しいところ。箱にも工具が必要なことを書いても良いかもしれませんね。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 41 42 43 Next