MSGのフリースタイルシールドを購入しました!簡易ジェノブレイカー作れる・・!
(2021/01/13Wed)


そんな訳で、コトブキヤから発売されているMSGの「フリースタイルシールド」を購入しました!

去年から制作している大型の改造ゾイドがそろそろ基本的なパーツが揃って、ディテールアップの工程に入りつつあるので、良さそうなディテールアップパーツを探していたところ、コトブキヤの秋葉原館で見つけたので購入しました!

こちらはバラして「ファングタイガー」に取り付けたもの。防御力と攻撃力が強化できてそう。
お試しで取り付けてみたゾイドワイルドとも相性が良く、想像以上に良いパーツだったので、日記で紹介したいと思いますー。

続きを読む

Sponsored Link

3連休は黙々とレビューの準備中
(2021/01/11Mon)


そんな訳で、3連休ではゾイドの制作を進めながら「HMMサーベルタイガーCA」と「HMMワイルドライガー紅蓮」のレビューの準備をしています!

とりあえず、昨日の時点で写真の撮影は完了!
基本的にカラーバリエーションとなるので、レビューはゆるりと簡単に行う予定です。しかし、1月には「ゼノレックス」「ゾイドワイルドキーチャーム」の発売もあるので、コトブキヤを合わせると意外とゾイド関連の新製品があるのですね。早めにレビューを進めるべきか・・。

「HMMサーベルタイガーーCA」については、武装をフル武装状態でも撮影しました。
装甲を赤くすることも検討したのですが、パーツのポロリが酷く、組み立て中に装甲を接着していたので組み替えることはできず・・。鼻のライン変更と合わせて、見た目はとても格好良いのですが、やはり動かしていると初期HMMゾイドだと実感します。

「HMMワイルドライガー」は作り込みがとても良かったので、ゾイドワイルドのHMM化に加えて、初期のHMMゾイドのリメイクにも期待したいところですね!

Sponsored Link

Youtubeにカスタマイズウェポン3のレビュー動画をアップしました!
(2021/01/09Sat)


そんな訳で、Youtubeにカスタマイズウェポン3のレビュー動画をアップしました!
これが2021年初の動画投稿になります!今年もゆるりと投稿していければ良いですね、

まだ「ゼノレックス」が発売されていないタイミングだったので、いつアップするか迷いましたが、既にサイトでは「ライジングライガーIB」や「ギルラプターLC」を使っていたので、そのままレビューすることに。
今回は動いたり、可動範囲が少ないカスタムパーツですが、動画を撮影して、動きがあるように工夫してみました!

1月は「ゼノレックス」の他にもゾイドワイルドの新製品が発売されますし、12月に発売されたHMMゾイドのレビューも含めてしばらくはレビューで忙しくなりそうな気配も。

2月は販売が落ち着いているようなので、2月くらいまで掛けてのんびり対応していければと思いますー

Sponsored Link

年賀イラストとしてフィナ嬢のイラストを描いてもらいました!なんというセクシーさ!
(2021/01/07Thu)


そんな訳で、あかるさんがフィナ嬢のイラストを描いてくださいました!

三が日に描いてくださったイラストとなっていて、2021年の絵とである牛コスとなっています!
とてもセクシー!そしてデカイ・・!
当サイトの年賀イラストはヴィル嬢でしたが、フィナ嬢で牛コスとは思いつきませんでした!ちゃんとゾイド系らしく、デフォルメ「キャノンブル」がいるのも良い感じ。

今年も引き続きYoutubeをゆるりと更新していって、その動画の中でVtuberとして活躍してもらおうと思っています!
とりあえずは、今度の3連休中にカスタマイズウエポン3のレビュー動画を、来週はグッスマのブレードライガーのレビュー動画をアップしたいですね。

あかるさんは素敵なイラストありがとうございました!
新年早々、残業が大変なことになっていたので助かりました。

HMMサーベルタイガーCAを購入しました!色分けされた頭部が良い感じ!
(2021/01/05Tue)


そんな訳で、ゾイド源泉で先行販売された「HMMサーベルタイガーCA」を組み立てました!

コンセプトアート2に登場した「サーベルタイガー」を再現したゾイドになっていて、複雑な色分けは色違いのランナーを複数付けることで再現しています。ランナーが多く付属する豪華なキットになっていますが、個人的にはこの色分けが良い感じ。

HMMゾイドは頭部のアレンジに賛否がありますが、「HMMセイバータイガー」も個人的にはアレンジが微妙だと思っていました。ただ今回の「HMMサーベルタイガーCA」はHMMアレンジで気になっていた鼻が塗り分けられることで、違和感が軽減された気がします。
色が違うことで頭部のラインから飛び出している鼻のアレンジが気にならなくなったのかも・・?

同様に恐竜博で販売された「HMMジェノザウラー恐竜博カラー」も色使いによって、HMMアレンジで気になっていた頭部の小ささが軽減されていましたし、色分けのパワーはすごい・・!

昔のHMMゾイドということで、組み立ては非常に大変ですが、最新キットと比べるとHMMゾイドの進化を体験することができて、組み立てていると逆に新鮮でした。

レビューは後日行う予定ですが、先に日記で紹介させてもらいますー

続きを読む

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 434 435 436 Next