「ゾイドワイルド戦記」第3話の感想
(2020/12/13Sun)


そんな訳で、Youtubeで12月12日に「ゾイドワイルド戦記」の第3話が公開されました!
公開タイミングは月の中旬くらいとのことですが、今回はタイミング的に結構早めで、19日の公開も覚悟していたので、このスピード感は嬉しい限り。

内容としては「バーニングライガー」の新武器「高機動ロケットブースター」の紹介と、「ゼノレックス」のお披露目になっていて、3分という短い時間ですが、バトル満載の濃厚な内容となっていました。
何気にリューク大尉の声がどこかで聞いたことがあるような。ゾイドワイルドZEROのレオかジェイクのような気がして、声優さんの情報を出してほしいですね!

戦闘シーンについては、「バーニングライガー」と「ギルラプターLC」の活躍がメイン。
「バーニングライガー」VS「スナイプテラ」はまさかの「赤いスナイプテラ」が登場。アニメや箱絵に描かれていた量産機でも良かったと思いますが、「ソニックバード」を撃墜したインパクトガトリングを装備した「バーニングライガー」2体を相手に善戦しました。ライダーの技量もあると思いますが、この活躍はさすが「赤いスナイプテラ」と言ったところでしょうか。

「スナイプテラ」が「高機動ロケットブースター」と「A-Zナイトソード」を装備した「バーニングライガー」の一撃を受けるのは販促を考えると仕方がないことですが、「高機動ロケットブースター」と「A-Zナイトソード」の見せ方も上手く、見ているとどちらも欲しくなってきます。

また、「ギルラプターLC」も格好良く活躍していました。当初は「ギルラプターLC」から「ゼノレックス」への乗り換えイベントがあるかと思いましたが、今回のストーリーを見るとライダーは、「ギルラプターLC」のクエイド中佐ではなく、リューク大尉になるのでしょうか。

「ラプトリア」が活躍していたりと、共和国側は「ラプトリア」「ガノンタス」「ギルラプターLC」「ソニックバード」「トリケラドゴス」「ゼノレックス」と恐竜などの古代生物で揃える感じなのですかね。共和国仕様「デスレックス」とかの登場に期待したいところ(販売も頼む)。
「ゼノレックス」の本格的な活躍は次回のようですが、現状では目立つ武装がないので、格闘戦でパワフルに暴れてもらいたいところです。

個人的には、リューク大尉の声が他のキャラクターと比べると若い感じになっていて好印象。前回までは大人な感じがして、どうも子供向けっぽくありませんでした。
公開されているYoutubeの設定も子供向けになっているようで、このまま子供を意識してゾイドワイルドを展開してくれると良いですね。

Sponsored Link

韓国のゾイダーさんからタペヤラ種改造ゾイドの投稿をいただきました!
(2020/12/11Fri)


そんな訳で、ESTさんからタペヤラ種の改造ゾイドを投稿いただきました!

韓国で行われたゾイドプロジェクトに出品された作品とのことで、「スナイプテラ」をベースに翼竜種を再現した作品になっています!
ESTさんらしく、サイズ感を1/72に変更していて、旧ゾイドのキャップや背中に搭載されたコックピットが良い感じ。旧ゾイドの雰囲気を出しながらも、目の部分にはゾイドワイルド風の丸い目を採用していて、新旧ゾイドの良いところ取りをしたようなデザインが素晴らしいです!

近日中に掲載させてもらいますので、少々お待ちくださいませ!

そして、そろそろyoutubeに恒例の投稿いただいた改造ゾイドを紹介する動画をアップしようと思っているのですが、11月分で声優さんには台本を提出済みなので、本作品をYoutubeで紹介するのはちょっと後になるかもしれません。

掲載タイミングと合わせて、声優さんのスケジュールと調整を行ってみます。

Sponsored Link

何だかとんでもない巨大さに・・、大型改造ゾイドの骨格を再構築中
(2020/12/09Wed)


そんな訳で、テレワークの合間に新作の製作を進めています!

4月からは中々製作を進めることができませんでしたが、12月には一気に作業を進めてしまいたいところ。特に難所だった足の関節にカメラの雲台を使うことで、体を支えられる目処が立ったことが大きく、一気に作業を進められそうな気配があります。(たぶん)

とりあえず、仮組みしてみるとこんな感じ。
胴体のサイズに合わせて、足の爪部分も「ゼログライジス」をベースにしたものに変更する予定です。「ゼログライジス」の足はラインを合わせるために大分いじってますが、まだラインが気に入らないので、もう少し微調整する予定です。
やはりT-REX型ゾイドは足が難所ですね・・。

大きさ比較用に「ファングタイガー」を置いてみましたが、相当なサイズ差になりました。尻尾も延長しているので「ゼログライジス」も圧倒するサイズ感・・!
もう少し骨格を調整してから、アーマーを作っていく予定です。

Sponsored Link

今週から開催される「ゾイド源泉」のチラシを入手しました!コトブキヤに置いてあるよ!
(2020/12/07Mon)


そんな訳で、今週の12日から開催される「ゾイド源泉 -ZOIDS CONCEPT ART EXHIBITION-」のチラシがコトブキヤ秋葉原館に置いてあったので入手してきました!

私は16日に有給を取得してゆるりと行ってくる予定です。
「ゾイド源泉」はツイッターやサイトで情報が出ていますが、なかなか情報がまとまっていなくて困っていました。先日、当サイトでも情報をまとめてみましたが、今回のチラシでは情報がよくまとまっていたので、紹介したいと思います。

■展示内容
主な内容は8点となっていて、
 ①170点を超える初展示・初公開の徳山光俊の描き下ろしイラスト9点の展示。
 ②ゲストアーティスト開田裕治氏の描き下ろしイラスト展示。
 ③徳山光俊氏と開田裕治氏のトークショーのビデオ上映。
 ④堀井敏之氏による新規ジオラマ展示、当時のジオラマ撮影風景の再現展示。
 ⑤Virtual Gallery実写型VR公開(12/31まで無料公開)
 ⑥徳山光俊氏初直筆サイン入り描き下ろしアートグラフ展示
 ⑦開田裕治氏初直筆サイン入り描き下ろしアートグラフ展示
 ⑧記念図録、展示会限定グッズ販売、入場特典ポストカード
メインとなる①はどのようなイラストなのか楽しみ。インフィニティブラストで表示されるイラストの他にも多数のイラストを見ることができそうですね。
個人的にはツイッターやYoutubeで公開されていたゾイドのデザイン画も見て見たいところ。

■グッズ
また、会場で販売されるグッズは
 ・記念図録
 ・缶バッジ
 ・アクリルキーホルダー
 ・クリアファイル
 ・アートグラフ(複製画)
 ・展示物の販売
 ・未公開や描き下ろしイラストを使用した限定グッズなど
になっているようで、徳山さんの直筆サイン入り描き下ろしアートグラフ5種は各3万9000円と、大人向けの高額商品となっているようです。
開田裕治氏のイラストも販売されるようなので、こちらにも注目しています。

会場で先行販売されるのは、コトブキヤの「HMMサーベルタイガーCA」。会場特典のアートカードもツイッターで一部が公開されました。

■開催期間
開催期間は2020年12月12日(土)〜2021年1月24日(日)まで。営業時間は12:00〜18:00(最終入場17:30)とのことです。
会場は東京、青山のMoFA(東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル1F)。
MoFAは新しくオープンする美術館となっていて、記念すべき初回展示が今回の「ゾイド源泉」になるようです。美術館がどれほどおしゃれなのかも楽しみ・・!

■チケットの購入
チケットの購入はローソンチケットで行うようになっていて、当日購入すると1200円するチケットが、ローソンチケットで購入すると900円になるとのこと。その他にも図録付きチケットも存在して、そちらは4400円となっています。

可能であれば16日ゆるりと会場に行って、レポートを書きたいところですね。

ライジングライガーIBとバスターキャノン強化型のレビュー動画をアップしました!
(2020/12/05Sat)


そんな訳で、Youtubeに「ライジングライガーIB」と「ロングレンジバスターキャノン強化型」のレビュー動画をアップしました!

ゲームもレビューできればよかったのですが、なかなか時間が確保できずキットのみのレビューとなりました。
ゲーム自体はゾイダーさんがプレイして盛り上がっているのをツイッターなどで見ることがあります。このまま盛り上がって「ゾイドFOR」のような、スマホアプリでチームプレイできるものが発売されると良いですね!

動画については、今回もフィナ嬢の声は声優さんにご依頼しました!
約2500文字の台本となりましたが、終始丁寧に読み上げていただき大変たすかりました!

台本については、サイトに掲載したレビューの内容を調整したものになっていますが、このサイト→Youtubeと内容を調整して発信してくのは、負担が少なくて中々良い感じ。

動画については、編集に3時間くらいかかるので、今後は動画編集ソフトの効率的な使い方を覚えて、より短時間で動画を作っていければと思いますー。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 434 435 436 Next