ゾイドワイルド第20話「強制解放!デスレックス」
(2018/11/17Sat)


そんな訳で、2018年11月17日にゾイドワイルド第20話「強制解放!デスレックス」が放送されました!

今回は1話丸ごとの戦闘回となりました!所々CGの使い回しがあったのが気になりましたが、それでも迫力のある戦闘は見所たくさんでしたね。私は見ていてペンネが怪我しないかハラハラでしたが(^^;

▼あらすじ
デスレックス対フリーダム団・シュプリーム団の戦いが始まる。連携攻撃を行いデスレックスへワイルドブラストを叩き付けようとするが、驚異的な機動力を持つデスレックスには攻撃が全く当たらない。絶望的な状況の中、ギャラガーの挑発でアラシとワイルドライガーは暴走状態になってしまうが・・

▼感想
タイトルにある通り、今回はデスレックスの強制解放が発動しました!すでに技名も判明していて「ジェノサイドドリル」とのこと。ティラノサウルス型でジェノの付く名前が必殺技なのは、ジェノザウラー好きとしては何だか嬉しい。

強制解放に至るまでの戦闘シーンも良い感じで、前半ではガノンタスがデスレックスの口内を狙っていたのが良かったですね。確かにデスレックスでも口内に亀光砲を受ければ、一溜まりもないかも。結局失敗して、ガノンタスはデスレックスに転倒させれられるのですが、その後、倒れたガノンタスがグラキオサウルスに起こしてもらったのも良かったですね。戦闘シーンなどは使い回しが目立ちましたが、ゾイド同士がこれだけ連携して肉弾戦をしている姿を見れるのは眼福です!

後半戦ではワイルドライガーが暴走になります。暴走からその次のステージに進んだようで、その状態では目の色が赤いままですが、「覚醒ワイルドライガー」のような輝く爪とブレードが描かれていました。暴走状態を制御できるようになったのが「覚醒ワイルドライガー」なのでしょうかね。そして手がつけられなくなった暴走状態を止めたのは”彼”だった・・。

そして全体を通してギャラガーが正論で挑発してくるのが良かったです。正論を言う狂気。デスレックスの強制解放も片腕でやっているし、デスレックスを完全に操っているようですね。密かにデスレックスが暴走してギャラガーが襲われる展開を期待していましたが、それはなさそう(^^; ギャラガーがアラシの呼び方を途中から「アラちん」に変えたのは何か意味があったのかも気になるところ。

来週は虫仙人とグソックが登場するようで、息抜き回になりそうです。

Sponsored Link

ゾイドワイルド第19話「決戦!ギャラガー襲撃」
(2018/11/10Sat)


そんな訳で、2018年11月10日にゾイドワイルド第19話「決戦!ギャラガー襲撃」が放送されました!

今回もデスレックス戦の前哨戦な感じでしたが、所々アラシの成長を感じられたのが良かったですね。来週から本格的な戦闘回になりそうで、どのような展開になるのか楽しみです。

▼あらすじ
アラシはシュプリーム団のキャンディ、ソース、クロアメと再会し、3人がベーコンの仇を打つためギャラガー襲撃を計画していることを知る。ベーコンの死を知り動揺するアラシだが、フリーダム団のメンバーに支えられ、共にギャラガーと戦うことを決意する。

▼感想
今回は前哨戦といった感じ。
シュプリーム団が襲撃を計画する動機になった、ギャラガーが1人で行動する理由がとても気になりますね。
ギャラガーの言うように誕生日なら、Zボーイやデスメタル四天王に祝ってもらうよう命令すると思うのですが、誕生日がギャラガー本人のものなのか明言されていなかったので、ひょっとすると謎の第三者の誕生日なのかも。家臣のラッキョウを連れてこれない程の相手は何者か気になるところで、ゾイドワイルドの真のラスボスや、ラスボスに繋がる何かのようなのような気がします。
年内にギャラガーとデスレックスを倒して、来年から新ボス登場というストーリーになるのかな。

そして今回はアラシの成長を感じられる回で良かったですね、特に驚いたのが冒頭でグラキオサウルス相手に健闘していたことで、過去に圧倒されていたグラキオサウルスに肉弾戦を挑めるまでになるとは・・。1人で無茶をしようとするところは相変わらずですが、そこはペンネとオニギリが察して上手くカバーしてくれるようになって、フリーダム団全体が良い感じに成長しているのを見ることができました。

来週は本格的なデスレックス戦のようで楽しみですね。

Sponsored Link

ゾイドワイルド第18話「守れ!お宝大作戦」
(2018/11/03Sat)


そんな訳で、2018年11月03日にゾイドワイルド第18話「守れ!お宝大作戦」が放送されました!

前回は激しい戦闘回だったので、今回は息抜き回になるのでしょうか。のんびりと見れる回でした。
シュプリーム団の「ソース」が再登場。カブター共に活躍して、全国の「ソース」ファンは嬉しい回だったのではないでしょうか。

▼あらすじ
アラシはシュプリーム団の「ソース」と再開する。彼女はドイナーカ村で宝を盗賊から守る用心棒をしていた。宝を古大秘宝Zと予想したフリーダム団は、ソースと一緒に用心棒を引き受ける。そして夜になって現れた盗賊は過去にデスメタル帝国で小隊長をしていた、いつものメンバーだった。

▼感想
今回はのんびりと見ることができましたね。来週はまだやばそうな雰囲気がバシバシ出ていますが・・。

見所はお姉さんキャラの「ソース」と相棒「カブター」の活躍でしょうか。フリーダム団に優しく接してくれる彼女と、シュプリーム団結成時のメンバーのやり取りを見ることができたのが良かったです。ベーコンとファングタイガーは本当にやられてしまったのか・・。
そしてカブターは初めての本能解放を見せてくれました!ワイルドライガーの本能解放と合わせて、あのゾイドの本能解放も観れて、今週も本能解放祭りでしたね。

フリーダム団も一瞬だけ喧嘩の兆しがありましたが、アラシの天然がうまく機能して、良いチームとしてやっていけそうですね。その内、ペンネにそんなに絵が上手かったら漫画家にでもなれば良いでしょ!とか言い出しそう。
あとは元小隊長の方々が地味に強くなっていて、今後お邪魔キャラから味方になってくれたるするのでしょうかね。

来週はデスレックスが再登場。フリーダム団とシュプリーム団が連携して戦う感じがしますが、さすがにここでデスレックスを倒すことはないのかな。まだデスメタル四天王も全員揃ってないですからね。どのような展開になるのか楽しみです。

Sponsored Link

ゾイドワイルド第17話「原始の恐怖!立てスコーピア」
(2018/10/27Sat)


そんな訳で、2018年10月27日にゾイドワイルド第17話「原始の恐怖!立てスコーピア」が放送されました!

前回の16話はペンネやアラシの関係が壊れてしまいそうで、見ているだけで辛い気持ちになってきましたが、今回の17話はその心配を払拭するカタルシスを感じられる回でとても面白かったです!
ペンネやスコーピアの活躍や、アラシの仲間を信じる気持ちは見ていて感激でしたね。そしてフォアグラとナックルコングも活躍して、大満足の回でした!

▼あらすじ
1人でフォアグラに立ち向かうペンネだが、数で圧倒するフォアグラの部下に押され始める。絶体絶命のピンチが訪れたその時に現れたのは、アラシとワイルドライガーだった。ひとまず危機を脱するが、今度はフォアグラとナックルコングが襲い掛かる。驚異的な防御力を誇るナックルコングにアラシとワイルドライガーは追い詰められていく。

▼感想
ペンネ分が多く、アラシやフォアグラ、そしてゾイド達が魅力的に描かれている回でしたね!ゾイドワイルドでは一番好きな回かもしれません(^^;

冒頭のペンネのシーンはペンネが可愛く、ナイフを扱うタンクトップの女の子はとても良いですね・・!フリーダム団メンバー(人間)ではペンネが最強説。戦闘シーンの動きも良くて16話もですが、スコーピアにペンネが乗ったまま戦闘しているCGは凄いなぁ・・。ゾイドワイルドの人物が派手な見た目をしているのは、戦闘シーンで大きなゾイドに乗せても存在感を出すためなのですかね。

そしてフォアグラもどこか憎めないキャラクターで、メタボな部下や、アラシにトイレの場所を教えるシーンはコミカルで良い感じ。ドラムを叩いてセルフで場面を盛り上げているの面白すぎでしょ・・。喋りも音楽記号を使ったりして、引き込まれるように面白くて、これは声優さんの技量なのか・・!
ナックルコングもガブリゲーターのように消化不良にならないか心配でしたが、大活躍していましたね。動きもゴリラっぽいアクションをしていて、無印ゾイドやゾイドジェネシスなどで動きまくっていたゴリラ型ゾイドに引けを取らない活躍だったと思います!

アラシとワイルドライガーもコミカルな部分があって、2人の絆が強くなっていたのを面白く実感できるのが良いですね。”2人(1人と1体)とも似てきたな!”と思わずニヤニヤするシーンでした。
ガノンタスは戦闘回で活躍の少ない印象でしたが、今回は後方支援を行なって大活躍。カメ種ゾイドの正しい運用方法を見た気がします。

フリーダム団メンバーの心の障壁がなくなったことで、これからのストーリーがどんどん前に進んでいくのが感じられる、希望に満ちた回でしたね!!

ゾイドワイルド第16話「アラシ危うし!哀しき賞金稼ぎ」
(2018/10/20Sat)


そんな訳で、2018年10月20日にゾイドワイルド第16話「アラシ危うし!哀しき賞金稼ぎ」が放送されました!

今回は前からファンの間では怪しいと言われていた、ペンネについて深掘りする回になっていて、ペンネファンの私にとっては中々お辛いストーリーでした。ペンネとサンラータンの話している姿を見れたのが救いか・・・。キャタルガに乗って歌いながら荷物を運ぶサンラータンどれだけ可愛いんたん。

▼あらすじ
旅を続けるフリーダム団の元にサンラータンが手紙を届ける。その手紙はペンネの故郷の身寄りの無い子供達からのものだった。故郷でゾイドのカスタム工場を開き、身寄りのない子供達と暮らすことを夢見るペンネ。アラシはその話を聞きペンネの夢を応援するという。しかし、その晩にペンネはワイルドライガーへ不審な行動をとるが・・

▼感想
覚悟はしていたのの、ペンネやアラシの辛そうな表情を見ているこちらも辛い・・。このシリアス回があるから、前回のヒジキ回をクッションに置いたと今なら理解できます。

物語の初期から主人公を支えていたキャラクターの辛い過去が判明するのは良くあるパターンですが、ゾイドワイルドは主人公のアラシが明るい性格で、基本的に軽いノリでストーリーが進んでいたので、今回の真剣なアラシと辛そうなペンネはギャップの破壊力が凄まじいですね。みんなには幸せになってもらいたいところ。

そして、デスメタル四天王の「フォアグラ」が初登場。「ナックルコング」もちらりと映っていましたね。フォアグラは漫画版のようなキャラクターを想像していましたが、電話に出るときは丁寧に「もしもし、フォアグラです。」と敬語を使っているのが面白いですね。ドレイクのタケノコや、キャビアの寝顔など、デスメタル四天王のどこか憎めない感じのキャラクターは魅力的。会話に音楽記号を使ってくるのも謎の親近感が湧きますし、今後の活躍が楽しみです!

来週は「ナックルコング」が本格的に登場する回でしょうか。キャビアとガブリゲーターのようにあっさりやられることが無いことを祈ります・・!!

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next