「ゾイドワイルド戦記」第5話の感想
(2021/02/14Sun)


そんな訳で、Youtubeで2月13日に「ゾイドワイルド戦記」の第5話が公開されました!
今回は「ゼノレックス ・ シザース」の大活躍回!

「ゼノレックス ・ シザース」については、簡易的な「ジェノブレイカー」という印象でしたが、今回の放送ではその印象が変わりました。アニメやバトストに登場した「ジェノブレイカー」とはまた違った活躍をしていて、とても格好良かったですね!

エクスブレイカーをハサミだけではなく、刃物として扱うの姿は新鮮。
エクスブレイカーを刃物とするのは、「HMMジェノブレイカー」のコトブキヤアレンジで行われていましたが、「ゼノレックス ・ シザース」ではそのアレンジをタカラトミーが逆輸入したのでしょうか。

中型T-REXで恒例だった、ホバー移動がなくなり「ゼノレックス」の体重を乗せて切りかかってくる姿は見るからに威力が高そうで、「バーニングライガー」視点でみると恐怖を感じるほどの迫力でしたね。
特に後半のビルを真っ二つにするシーンとその後にシールドで煙を払うシーンが格好良すぎた・・。アニメの放送があるとキットの印象が変わってきて良いですね。もっと長い時間見せてクレ・・!

「バーニングライガー」についても見せ場があり、ストライクレーザークローのごとく輝いた瞬間は思わず「おぉ!」となるヤツ。
圧倒的な「ゼノレックス」相手に善戦して、前足でエクスブレイカーを抑えたり、カスタムパーツでゼロ距離射撃をしたりと見応えのある迫力でした。見ていて「バーニングライガー」も欲しくなってくる良い販促アニメでしたね。

来週は時期的に「ゼノレックス・バスター」が登場しそうですが、おそらく「バーニングライガー」相手には使わず、「ゼログライジス」や「ゼロファントス」が対戦相手になりそうな気がします。ゾイドワイルドの新製品は7月の「ワイルドライガー改」以外が見えていないので、ゾイドワイルド戦記も今後どうなるのか注目ですね。
ひょっとすると「ワイルドライガー改」が登場したりして。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。