まるち模型クラブ(仮)2018レポート
(2018/10/10Wed)


そんな訳で、2018年10月の6日から8日まで開催されていた「関西まるち模型クラブ(仮)」の簡単なレポートです! ゾイド関連についてはすでにこちらの日記で紹介しているので、今回はゾイド以外での展示を紹介させてもらいますー。

今回もFA:Gなどのコトブキヤ製美少女プラモデルの展示が多くて見応えがありました。発売から時間が経過して、1人の参加者が複数の作品を持ち込んだり、複数人で同じテーマの作品を並べたりして、チームのように並んでいる空間が多いのが印象的でしたね。

特に艦船系は、艦これやアズールレーンなどの人気もあり、多くの作品が集まっていました。他の艦船プラモと同じ空間に並んでいるのは圧巻ですね!

私も今年のミクが発売されれば、看板娘が3人揃いそう。ミク早くきてくれー!

■撮影機材:NikonD7200+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR+SB-700


MOMIZIさんの作品は水着なのに何だかえちぃ感じがするぞ・・。
当日はなんばOCATまで車に乗せていただきありがとうございました!!




統一された複数作品が並ぶとチームという感じがして良いですよね。


カッツンさんの作品はガールも含めてどこかエキゾチックな格好良さ。
ガバナーは丁寧な作り込みで、今まで見てきたガバナー系作品でもトップレベルの格好良さです。作品の台座を工夫しているのも世界観が垣間見えて良いですね。




艦船系ガールはどの子も可愛らしい。


個人的には元気なつり目っ子が好みなので、背中の武装も含めてこちらの娘さんが良かった・・!
かわいい!


ヘキサギアのガール化は意外と盲点でした。素材を活かしたスマートなシルエットが良い感じ。







ガール愛を感じる作品が多くて福眼でした・・!


keiさんはバー「スペースモンキー」での打ち上げでリンちゃんの魅力を語っていて本当に好きなんだと改めて実感。クッ、アリスギア沼に引き込まれる・・!!



ツイッターで拝見して気になっていた作品を見ることができたのも良かったです。
シルエットが纏まっていて可愛く格好良いです!










紙白さんは帰りが同じドリームスリーパーでびっくり。ヘッドフォンを使わないとドリームスリーバーでは音が気になる時があるかも。
作品はメガミ系が多く、シタデルカラーや熱圧縮チューズを使った包帯の表現が良いですね。




ガールやメガミ作品でこのレポートの半分の写真を占めています。改めて勢いを感じますね。


のぎさんのイラストを立体化した作品は、イラストの可愛らしいふわっとした雰囲気をそのまま立体化されいて凄いです。
海のクリアパーツも綺麗で、中に魚がいたり、船を浮かべて違和感なく仕上げているのはスキルの高さと雷愛がよくわかります。









美少女フィギュアやロボットも多く、ゾイドでは中々見ない表現は見ていて刺激的でした。
どの作品もレベルが高く勉強になります!
あとシャドーフォックス風のFAを撮影し忘れたのは失敗しましたね・・(^^;


響繋がりのこちらのジオラマは、その表現があったか!と会場で衝撃を受けた作品です。
オレンジ色の海面は夕日のようにも見えて素晴らしいアイディアですね!




ミリタリーやジオラマ、ラジコンなど様々な作品が展示されているのもまるち模型の魅力。


今回の企画テーマは「動物」とのことで、動物型や動物の名前を持つ作品が入り口のひな壇に展示されていました。
私もゾイド以外の「ハイドロシャーク」と「バルチャーテンペスト」を展示させてもらいました。keiさんの「ライトングサーバル」と合わせて陸海空の並びにできたのが良かったですね。

まるち模型は来年も開催予定とのことで、私はまだお邪魔する予定ですー。今回は日帰りチャレンジで、体力的にも中々良かったです。次回は一泊するかなぁ・・。
改めて運営メンバーや参加者の方々はお疲れ様でした!


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。