全日本模型ホビーショー(2017)に行ってきました![ゾイド以外編]
(2017/10/04Wed)


そんな訳で、先週末に開始されていた全日本模型ホビーショーのゾイド以外のコトブキヤブースの様子ですー。ゾイドに関するレポートはこちらをご参照くださいませー

今回は他のブースはチラ見するだけで、コトブキヤブースを重点的に回ってきました。タカラトミーブースは特にゾイドに関連する展示はなく・・

コトブキヤブースは会場の入り口近くに配置されていて、前面にヘキサギアの展示を行っていました。
ヘキサギアの展示内容は今まで展示されていたキットや改造作品/映像の他に、未発表だった新作の展示、ユーザー参加型の撮影コーナー、ボードゲーム風の遊び方を提案するコーナー、ラジコンヘキサギアを展示するコーナーと中々の力の入れよう・・!

強力な人気がある美少女プラモはブースの裏側に展示されていましたが、撮影用の列ができるなど変わらずの人気だったようです。
ゾイドなど版権プラモやMSG、FAについてはブースの凹んでいるところにまとめられていました。

SPONSORED LINK



個人的にヘキサギアの新作で注目だったのが「デモリッション・ブルート」です。

「レイブレードインパルス」と共通パーツが多いようですが、シルエットは大きく異なっていて、ディバイソンやディスペロウのような印象を受けました。「レイブレードインパルス」と同じカラーリングになるのなら、さらにディスペロウ感が強まりそうですね。
組み換えパーツとしても優秀そうで、ツノを外せばイノシシ風に、他のヘキサギアと組み合わせれば鹿風にもできそうです。


その他のヘキサギアの新作としては、乗り物に足が生えた感じの「スケアクロウ」や、アーマータイプも展示されていました。

「スケアクロウ」はヘキサギアなのに動物分がかなり薄めで、単品でみると個人的には物足りなさを感じるデザインですが、二足メカの改造パーツや、スピノサバー風に他のヘキサギアに背負わせるカスタマイズパーツとしてみると、なかなか美味しそうです。


ガバナーの新作も展示されていました。
ヘキサギアはガバナーを組み合わせて初めて魅力を発揮すると思うので、これからのラインナップ拡張に期待したいですね。個人的には頭ギサギザの紫マッチョが格好良いなぁ・・


その他にもWFなどで展示されていた改造ヘキサギアもありました。
フレズヴェルクとハイドストームを組み合わせた作品は、お手軽でも魅力的で良いですね!脳が震える!


「ハイドストーム」は立てた状態で展示されていましたが、こうしてみると実にイカしてますね・・!



MSGの新作も展示されていて、ユーザーが欲しいと思うものを的確に販売してくれるようです。
個人的にはマルチミサイルポッドが良いですね。ゾイド以外にもロボや戦闘機、艦船にも似合いそうな汎用性の高さが素晴らしいです。


参考展示としてハンドスケールガールもありました。
こちらは商品化未定とのことですが、プラキットとして出してくれると、小さいので改造しやすく、さらにヘキサギアと組み合わせても楽しめそうですね。何よりも私は看板娘に改造したいなぁ・・


人気の美少女プラモも新作の発表や、新製品の展示が行われていました。
FA:Gアーキテクトの白バージョンは危険な可愛さです・・!



FA:Gやメガミデバイス、充電くんの展示もありました。FA:Gの声優さんが作成された充電くんは実に物騒で、何があった・・


その他にはヘキサギアのラジコンも展示されていて、子供達が操作して遊んでいました。


立川を走っているというバスもビッグサイトに乱入していました。
FA:Gのカラーに染め上げられていて、思いっきりパンツが描かれている気がしますが、ボディスーツなのできっと大丈夫。


合わせて、コトブキヤブースでは無線給電技術を使用したLEDを紹介していました。
半田付け不要で、水中でも使用できるようで実際に「ハイドストーム」が水没した状態で展示されていました。


このLEDはクラウドファンディングを行なっているようで、気になる方はサイトをチェックしてみると良いかもしれません。私も試しにファンディングしてみますかね。耐久性が気になるところですが・・

今回の模型ホビーショーでは、プラモデル関係ではブキヤがかなり先進的で、バンダイなども後追いでメカ娘を出したり、いろいろ頑張っているような印象でした。ヘキサギアもどのくらい売れているのか若干心配でしたが、今回は展示前に人が集まったりと盛り上がっているようです。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。