WF2016冬に行ってきました!
(2016/02/07Sun)


そんな訳で、WF2016冬に行ってきました!
今回もゾイド関連のガレキは多く、企業もコトブキヤと
タカラトミーがゾイド関連の展示を行っていて盛り上がっていました!

詳細なレポートは明日を目処にアップする予定ですが
先に企業関連の新ゾイド製品の画像をアップしてみようと思いますー

まずコトブキヤの新型大型ゾイドは「アイアンコングPK」でした
完全新型がくると持っていましたが、意外なチョイスでしたね
アイアンコング自体は組み立てた後にヘタレやすいので
関節部分を改修してくるとありがたいのですが・・

それにしてもこの白のカラーリングもイエティっぽくて格好良いですね


会場内でゾイダーさんのお話を聞いていると、バックパックのデザインが
微妙とのことで個人的にも翼の付け根がちょっと貧弱するぎるかもしれませんね


会場で配られていたパンフレットではカラーイラストの他に
オリジナルの武装を組み合わせた形態も描かれていました
この飛行形態は格好良くて良いですね!
レッドホーンやジェノザウラーにも付けられるのかな


そしてZAでは新作としてブレードライガーの展示が行われていました
複雑な頭の造形やアタックブースターの展開ギミックも再現されているようです
こうなるとライバルのジェノブレイカーのZA化にも期待したいですね


同じくZAの新作としてムゲンライガーの彩色見本が展示されていました
アニメのごついデザインをそのまま再現されていて格好良いです

個人的には一緒に展示されていたブレードライガーと比べると
ムラサメ系のデザインのほうがゾイドらしさを残しつつ
新しくなっていて格好良いと思いました

特にムゲンはこの小さくてもトゲトゲピカピカな感じで
手のひらに乗せるところを想像するとワクワク感が半端ないですね
個人的にはバイオゾイド、とくにヴォルケーノが欲しいです


そしてカスタマイズパーツとしてゴジュラスキャノンが発売されるようです
様々なHMMゾイドに取り付けることができるようですね

コトブキヤの方に確認するとGTO(限定型)のミサイルポッドなどは付属しないで
キャノンと盾4連キャノンのみがセットになっているようです
GTOの武装が出てこなかった上、PKが発売されるということは
GTO本体の発売にも期待が高まりますね
ものすごい高額ゾイドになりそうですが(^^;


タカラトミーコーナーではMPゾイドの展示が行われていました
動きを全面に出した展示が行われていて、ブースの前は常に人がいる状態でした
となりのガガンガンも人気でしたね


そして個人ディーラーではツンさんのHMMシュトルゥムユニットの
30セットが6分で売り切れる偉業を成し遂げていました!
さらにフレームアームズコンテストでは入賞されていますし
これはエライコッチャ・・

ちなみに私は他の方に協力いただいて
HMMシュトルゥムユニットを無事に確保することができました
一通り落ち着いたら先行型カラーで組み立ててみたいです
まずはどこかでHMMフューラーを捕獲してこないといけないですが


Sponsored Link

WF2016冬に行ってきました!」への2件のフィードバック

  1. アンキロ

    アイアンコングPKの腕はひねられるように改修されるのか、気になります。
    改修されていないと、ドラミングしようとすると腕ビーム砲が胸と挟まれることになります。

    返信
    1. kino 投稿作成者

      腕の改修は厳しい印象がありますね
      改修するにもコストがかかりますし、気になる人はもう改造するしか・・・!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。