WF2015夏に行ってきました!
(2015/07/26Sun)


そんな訳で、今日は幕張メッセで行われたWF2015[夏]にお邪魔してきました!

猛烈な暑さの中で行わたガレキイベントでした(^^;
私は体力的な限界を感じたので早めに撤退しましたが、
短時間の間にゾイド関連の盛り上がりを感じることができました

気になるデジタル造形関連もチェックしてみましたが
分かってはいましたが、これは中々奥が深そうですね・・
ゾイダーさんはデジタル造形に精通している方が多いので
有益な情報をいろいろとお聞きすることができて、勉強になりました

詳細なレポートは後日アップさせてもらいますが
今日は簡単にゾイド関連で気になった情報を
ピックアップして紹介したいとおもいますー



まずは、WFメインであるガレキから
ディーラー名「MORUGAstudio」さんでは同人誌に登場する
ゴジュラスMK-2を3Dプリントした胸像を展示されていました!

簡単にお話しをしたところ、
ゾイドのハイエンドモデルをイメージして制作されたとのことで
HMMよりもより洗練されたデザインは
ハイエンドモデルと呼ぶのに相応しい威厳があります

内部には光ファイバーを利用した複眼が備えられていて、
ディスプレイ方法と合わせて人目を引き
常にブースの周りに人がいました


ブース名「KITTY-HAWK」さんでは
72分の1サイズのメガトプロスを販売されていました!
バキュームフォームで制作されたクリアパーツの綺麗さと
メカ部分の精度の高さが恐ろしいことになっています


ブース名「諸刃の剣」さんではゾイドSSに登場した
ミラージュフォックス・カイ仕様のパーツなどを販売されていました
前回はお休みされていましたが、某氏のブースがあると
ゾイド関連ディーラーに謎の安定感がでてきます


企業系ではコトブキヤが話題になっていましたね
ゾイドの展示はもちろんですが、武装神姫のプラモも発売するようで
ゾイドを活性化させたブキヤなら神姫も盛り上げてくれそうです


ゾイドの新製品ではHMMのデススティンガーの展示と
ZAのハヤテライガーの展示が行われていました

デススティンガーはもう少しマッシブなイメージでしたが
実物はハサミが大きいものの、本体は意外とスマートでした
衝撃砲が小さすぎるのかもしれませんね
それでも全体のボリュームがあるので、
値段はお高いことになりそうです

ハヤテライガーはタテガミからブースターまでの
流れるようなラインが芸術的で、かなり格好良いです


ZAのムラサメライガーも展示されていました
試遊できるコーナーが設けられていて、実際に触ってみましたが
関節はfigmaのようにヌルヌルピタッと止まるタイプで、
容易にポーズを決めることができそうです

コックピットも展開しますが、パイロットフィギュアは付かないとか
ZAは他のゾイドの準備も行われているようで、ライガー系以外にも
前回のWFでシルエットが見えていたジェノブレがきそうな感じでした

なお、ハヤテライガーデススティンガー
コトブキヤのブログでも詳細が載っています!


タカラトミーもMPシールドライガーを展示していましたが
静岡ホビーショーの時から大きな変化は見受けられず、
さらに発売日も12月まで延期されたことを確認しました
ZAODの企画はどうしようかなぁ・・

そのような感じでタカラトミーは微妙でしたが、個人ディーラーや
コトブキヤは盛り上がっていて、特に個人ディーラーは8ブースが
展開されて私が見てきたWFの中では一番数が多かったとおもいます

ひょっとするとMPシールド効果かもしれないので、
タカラトミーには何が何でもMPシールドを発売して欲しいですね


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。