zoikino!

  お気に入り度:★★★☆☆
  製作時間:-


コトブキヤから発売されたHMM第四弾ジェノザウラーです
コトブキヤ初の純正帝国ゾイド、しかも恐竜型です
デザインや作りには難があるものの、手を加えてれば良いものになってくれます
何よりもジェノザウラーだから格好良いに決まってる!
次世代ゾイドの代表機にしてゾイドの革命期 やはりこの子をみてるとワクワクしてきます
この調子でブレイカーの発売をですね

気合を入れてレビューします 各画像はクリックで拡大
※目が発光するのは改造です


そんな訳で、いつものように前後から始まります
いきなりつま先立ち 
デフォルトでつま先立ちが出来るようだったので、ウチの子は完成した瞬間からつま先立ちしています
恐竜らしい上に、足がやや長く見えるような

ジェノ本体は、大分ブキヤアレンジが加えられていますが、小顔と足元以外は良い感じです


圧倒的に増えたディテールが格好良いです
可動範囲は尻尾や手足がメイン 胴体はほとんど動きません


丸いモールドが追加され、シャープになった頭部
クリアパーツの破損、欠品があったとの情報があるので、組み立てる際の最初の難関はココかと


セイバータイガーATを瞬殺した腕
付け根はローリングジョントとボールジョイントの2重関節、手の甲はボールジョイントです
肘が横にしか動かないので可動範囲は微妙・・

やはり爪が手にささります
肘のブレードは敵ゾイドの爪や牙用の武器とか


一番欠陥設計の酷かった足です
アンカーのシリンダーが太すぎて入らなかったので、取り外しています

組み立てるときは大変でしたが、完成するとつま先立ちができるので、お気に入りの部分になりました
パーツが取れやすいので、接着は必須
脚部のシリンダーは可動しませんが、動きそうなところはほとんど動きます
やはり爪が細すぎるような・・ これでレッドホーンGCを踏み潰せるのかな・・


今回一番のポイントな尻尾
このジェノの価値の4分の1以上はここにあります
可動範囲や保持力は脅威! 上下左右に動いて、さらに関節がヘタレません


ゾイダーが夢見た放熱フィンの展開ギミックが再現されています
それぞれの節で、上下で大きく展開、2さらに枚のフィンが展開できます
少々展開が面倒くさい・・


元のデザインを継承しつつ、格好良くアレンジされたジェノの副砲、パルスレーザーライフル
可動範囲はタカラトミー製と変わらず


そしてジェノの主砲、収束荷電粒子砲
前評判の通り、まっすぐに変形できません
何のための可動モデルなのだろう・・


大きさ比較
ブレードライガーのほうが大きいです
ブレードに猫パンチされただけで、やられてしまいそう
でもコマンドウルフになら何とか勝てそうだよ!



チップLEDを2つ搭載して、目がひかーる
やはりジェノの目は光ってこそです

ここからは各パーツのアップです

装甲を取り外すと、紫色の肋骨や、首の内部メカが見えます
各スリットからいろいろなメカが見えるのには燃える

手足の接続部はブキヤウルフのようなディテールがあります



脚部アップ
この太もものクリアパーツは何なのでしょう
脚部アーマーを展開すると内部メカやバーニアが見えます
バーニアは上下に可動
爪は1つ1つ上下に可動します


尻尾の先端にもクリアパーツがあります
追加されたディテールが格好良いです
フィンやフィン内部にもモールドがあります


頭部RSのレーザーガンはランナーごと捨て・・
こちらは量産機のレーザーガンです


各種武装
コックピット周辺は自壊しやすかったので、接着剤が必須でした


手足の裏表
裏側にもモールドがあるのは嬉しい限りです





そんなわけでブキヤジェノのレビューでした
各所の評判どおり値段分の価値があるかは微妙ですが、完成した姿が格好良いので
ゾイダーならば買わねば!
接着剤やヤスリは必須ですが・・

>>トップページ
>>ブレードライガーレビューへ

ページ上部へ