ファングタイガー改こと「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」の予約が開始されました!
(2021/04/08Thu)


そんな訳で、4月からタカラトミーモール限定で「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」の予約が開始されていますね!
私の方は忙しくてまだ予約ができず。今週中には時間を見つけて予約したいところです。

「ファングタイガー」自体は、名称が「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」という長いものになっていて、前回の「ワイルドライガー」もですが、「ワイルドライガー改」や「ファングタイガー改」にしなかった理由はあるのでしょうか。
普通に会話していると「ダグラス・アルドリッジ専用 ファングタイガー」と呼ばず「ファングタイガー改」と呼ぶと思いますし、肝心のアニメでも「ファングタイガー改」と呼ばれていましたし、ネーミングについては不思議な部分があります。

商品については、「ファングタイガー改」を極限まで再現していて、カラーリングの再現はもちろん、バイザーの再現、武装追加の為の軸が追加されたり、小型化したブースター、オリジナル武器が搭載されている徹底ぶりで、「ワイルドライガー改」よりも気合が入っているのが伝わってきます!
アニメ「ゾイドワイルドZERO」ではトップレベルの人気を誇った改造ゾイドなので、タカラトミーも本気で作ってくれた気がしますね。

こうなると、「ハンターウルフ改」や「ドライパンサー改」、「メルビル仕様スナイプテラ」(フィオナ仕様スナイプテラとのセットも頼む)にも期待ができそうで、ゆるりと1年前のアニメを思い出しながら楽しむことができそうです。

「ゾイドワイルドZERO」はアニメ自体がオマージュだらけで微妙な出来だったので、グラビティキャノンが出てきたあたりから作り直して欲しいですね。海外展開をしているのなら、日本でフューザーズのアニメが修正されたように、海外向けに「ゾイドワイルドZERO」を改修してほしいところです。頼む!

Sponsored Link

ゼノレックスバスターのレビューを行いました!これでゾイドワイルドは小休憩かも
(2021/04/06Tue)


そんな訳で、「ゼノレックス・バスター」のレビューを掲載しました!
休日も仕事をしながらサクっとレビューしました。次は動画の準備も進めていければと思っています。

「ゼノレックス・バスター」でゾイドワイルドサードシリーズのレビューは完了でしょうか。
これから国内ではフォースシリーズとして、「ゾイドワイルドZERO」の再現キットが発売されますが、ファーストシリーズやセカンドシリーズと比べるとやや力を緩めている感じがします。

今のタカラトミーは海外展開の方に力を入れている感じがして、TFのようにゾイドも海外展開がうまくいって、実写化などでゾイドが再起動できれば良いですね!

ただ国内で販売される「ワイルドライガー改」や「ファングタイガー改」のようなマイナー機は、コトブキヤなどのサードパーティメーカーに任せて、タカラトミーは新しいゾイドの販売に力を入れて欲しいのが本心。

しばらくは国内展開をのんびり見ていって、海外展開の結果も見えてくるファイブシリーズでゾイドワイルドの新展開が行われるのか注目したいところですね。

Sponsored Link

発売から数ヶ月、ようやくゼノレックスの真価を発揮するパーツが登場しました!
(2021/03/30Tue)


そんな訳で、時間を見つけて「ゼノレックス バスター」を組み立てました!
とても良い出来で、「ゼノレックス」シリーズでは最もお勧めできる形態です!

「ゼノレックス」は過去のゾイドのオマージュが多かったり、「シザース」ではチープな出来が気になりましたが、今回の「バスター」では他の形態で気になっていた箇所が解消されています。

特に頭部を覆うパーツが良い感じで、オマージュ要素を無くして「ゼノレックス」独自のデザインとギミックを確立しています。全身を覆うアーマーも良い感じで、追加装甲を取り付ける感覚はゾイドワイルドで骨格形態から完全形態にする感覚に近いです。

今までの「ゼノレックス」が骨格形態で、「ゼノレックス・バスター」が完全形態だと個人的に理解しました。あとは本能解放があれば良かったのですが、それはコアドライブウェポンで補いたいところです。

続きを読む

Sponsored Link

ゼノレックスの本命、「ゼノレックスバスター」を購入しました!
(2021/03/28Sun)


そんな訳で、「ゼノレックス バスター」を購入しました!

個人的には「ゼノレックス」シリーズの大本命になるのがバスターです!
「ゼノレックス」の微妙だった箇所をうまく隠して、「オメガレックス」のように歩行と連動して動く武器があったり、手動で動かせる箇所もあったりと期待値はかなり高め。

「ゼノレックス」自体も最初からバスターにすることを前提にデザインされていたのかもしれませんね。ようやく「シールドライガー」や「ジェノブレイカー」のオマージュにならない、「ゼノレックス」本来の魅力を知ることができそうです。

今は過労死ラインを余裕で超える忙しさになっているので、なかなか組み立てることができませんが、時間を見つけて組み立てようと思います。

ワイルドライガー・ディアス仕様のショートストーリーが公開されました!
(2021/03/23Tue)


そんな訳で、7月に発売されるワイルドライガー・ディアス仕様のショートストーリーが公開されました!

予約受付中のタイミングでこうしてストーリーを展開するのは中々熱い・・!
正直、「ゾイドワイルドZERO」から「ゼノレックス」までの流れで、ゾイドワイルド熱が猛烈に冷却されていましたが、こうして熱いストーリーが展開されると、商品がただのモノから体験になるのが良いですね。

特に今回のストーリーは力が入っていて、ジオラマも良いのですが、ストーリーそのものが良い感じ。
「ゾイドワイルドZERO」は昔のゾイドをオマージュしたアニメになっていましたが、今回はそれを補完するかのように完全新規のストーリーでゾイドとライダーの絆を描いています。

このストーリーを読むとディアスとワイルドライガーへのイメージがだいぶ変わって来ますね。特にディアスがちゃんと「トリケラドゴス改」を失ったことを悔やんでいたことが分かったので、だいぶ印象が変わりました。アニメは消化不足すぎた・・!

ストーリーも本格的で、ページ上の機体説明ではフリガナを振ってるのにストーリーではフリガナ無しだったり、文章量も多いので小学生低学年には読むのが厳しいかも?そういう人用には動画で読み聞かせしてあげると良いかもしれませんね。

また、「ファングタイガー改」も登場したのでこれはキット化にも期待できそうです。
タカラトミーゾイドの特徴として、徐々にコンテンツの勢いが失われていく問題がありますが、今回の列伝では商品の販売ペースを落としても良いので、長く展開を維持して欲しいですね。

例えば、7月に「ワイルドライガー改」、10月に「ファングタイガー改」、1月に「ハンターウルフ改」、4月に「メルビルスナイプテラ」くらいのペースで・・!

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 28 29 30 Next