コロコロコミック2020年8月号を購入しました!ゼログライジス戦に向けて充電中?
(2020/07/15Wed)


そんな訳で、コロコロコミック2020年8月号を購入しました!

今月号はゾイドワイルドの新情報は控えめ。
また、毎月15日にタカラトミーモールで予約が開始される、ゾイドワイルドの新製品も今月は発表されませんでしたね。コトブキヤから発売される「HMMワイルドライガー」は10月発売ですし、9月にゾイドの新製品が発売されるのか気になるところです。

ただ、この2年間のゾイドワイルドは、かなりのスピード感で新製品を出して来ていたので、ちょっと充電しても良いかもしれません。
アニメや漫画の展開はどうしても新製品の販売ペースに合わせている感じがして、特に漫画「ゾイドワイルド2」は展開が早く感じるので、「ゼログライジス」戦については、じっくりと展開してほしいところ。

その「ゾイドワイルド2」は、森茶先生が体調不良のためお休みとなっていますし、じっくりと体調優先で展開してもらいたいところです!

SPONSORED LINK


注目は「ゼログライジス暗黒形態」の銀剥がしでしょうか。
コロコロ恒例のカラーバリエーションキットとなっていて、メインパーツが黒になった「ゼログライジス」がめちゃくちゃかっこいい!


このカラーリングは、「ギルベイダー」や「ジェノザウラー」、「ヴァルガ」などのガイロス帝国ゾイドに通じるカラーリングになっています。

見た目はヘリック共和国の「ゴジュラス」系、モールドにはゼネバス帝国が描かれていたりと、過去のゾイド3勢力の全ての要素を持つ、まさに究極ゾイドですね!
当てることができなくても、塗装で再現したくなります!


また、カラーページでは「ゼログライジス」のカスタム例として、「ジェノスピノ」や「オメガレックス」などの武装を取り付けた作例が載っていました。

過去の作例と比較すると少々簡単な改造。グラデーションの掛かった武器が格好良くて、最近ならエアブラシがなくても、イージーペインターで再現できそうですね。


「ゼログライジス」については、CMが公開されて今回もめちゃくちゃ格好良いものになっています。
共和国と帝国が共闘して立ち向かう内容になっていて、「ライジングライガー」の周りに「ジェノスピノ」と「オメガレックス」がいるの頼しすぎ!

この共闘はアニメや漫画でもありそうで、アニメだと「ジェノスピノ」はギレル、「オメガレックス」はやはりメルビルが乗りそうな気がします。


漫画については、森茶先生が体調不良のため今月はお休み。
ツイッターでは、第2子の誕生の報告があったばかりのタイミングで心配でしたが、15日にこちらのツイートと元気である旨のツイートをされていて一安心。
時期が時期なだけにこの情報を見た気にビビったマン。


また新作ゲームとして、冬に発売される「ゾイドワイルド インフィティブラスト」の情報が載っています。

キングオブブラストにカスタム要素が追加されたゲームになるようですが、追加されているパーツが「ゾイドFOR」基準のチョイスと取り付け位置なのが、なんだか懐かしい!

このゲームの発売に合わせて、カスタムパーツとしてゾイドワイルドに対応した、旧ゾイドの武器風パーツとか発売して欲しいですね。「ファングタイガー」に取り付けられる「アサルトユニット」とかめちゃ欲しい。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。