コロコロコミック2020年6月号を購入しました!注目の新種「古代ゾイド」が出現!
(2020/05/21Thu)


そんな訳で、コロコロコミック2020年6月号を購入しました!
先月号は「ライガー・ジ・アーサー」の猛烈なプッシュがあって、さすがに今月くらいは少し休憩に入るだろう、と思っていたら勢いが止まることはありませんでした。す、すごい・・!

今月のゾイド関連の情報は新種の「古代ゾイド」がメイン!
「進化ゾイド」や「兵器ゾイド」とは異なる「第三勢力」として紹介されていて、ゾイドで言うとガイロス帝国(暗黒軍)を彷彿する立ち位置になるようです。
SNSでも「古代ゾイド」の色を反転させると、黒と蛍光緑の暗黒軍カラーになると話題になっていましたね。

特に「古代ゾイド」のフラッグシップとなる「ゼログライジス」は今だに謎が多く、今月のコロコロでは表面にゾイド伝統の<あの紋章>が描かれているのが衝撃でした。

SPONSORED LINK


「古代ゾイド」は「ゼログライジス」の他に「ゼロファントス」も紹介されていて、ゾイドワイルドシリーズ初の象種ゾイドとなります。ゾイドのイベント会場でたまに”象種は開発している”的な話を聞いたりしていましたが、ついにコロコロでもお披露目。

合わせて「古代ゾイド」のワイルドブラストは「ゼロブラスト(原始解放)」とう名前がついていることが判明して、「ゼロファントス」のギミックは来月号紹介されるようです。

この辺はすでにネットで紹介されているので、コロコロで紹介しても良いと思いますけど、ページ数の都合なのでしょうかね。


「ゼロファントス」については、Youtubeでも紹介されていますが、手に持った時のサイズ感がすごいことになってる・・!!

合わせてよく見ると<あの紋章>を確認することができて、<あの紋章>はフィギュアの瞳のようにタンポ印刷されているのかもしれませんね。


「ゼログライジス」はカラーページの他、漫画にも登場。

初めてコロコロのポスターに登場した時から異様に大きかったのですが、漫画でも相当巨大に描かれていました。
「ゼロファントス」と並んだ時ですら巨大に見えるので、実際のキットは相当な大きさになっていそうですね。「デスザウラー」クラスか、もしくは「キングゴジュラス」クラスか?
惑星を破壊できるゾイドと紹介されているので、「キングゴジュラス」を超えるサイズ感を期待したいところ。

コロコロではもう1枚、小さくても「ゼログライジス」を映した写真が載っていて、それをみると爪がかなり巨大なことがわかります。爪をみると「テリジノサウルス」のぽいのですが、背鰭は明らかにゴジラ。どの動物をモチーフにしているのか気になるところですね。

また、全身に<あの紋章>が描かれていて、カラーリングは暗黒軍のネガとなっているのも興味深いです。
<あの紋章><ゼネバス帝国>は暗黒軍に吸収された苦い経験があり、アンチ暗黒軍として、ネガカラーになっているのかもしれませんね。

ゴジラ映画だと、怨念が詰まったゴジラが登場したことがありますが、ゼネバスの怨念が詰まったゾイドとかになってそう。
「古代ゾイド」という名前と合わせて、どのような設定になっているのか楽しみです!


漫画「ゾイドワイルド2」では、「ジェノスピノ」を撃破。
そして、「ゼログライジス」が登場します。個人的には商品展開に合わせてスピードを急ぎすぎな感じもします。
ヒロインはもう存在が消滅しかけていますし、イルカやシャチにも見せ場があるのか気になるところですね。シャチが女の子説を信じているのですが、明かされる時は来るのか・・。

そして「兵器ゾイド」と「古代ゾイド」はフラッグシップ的な巨大ゾイドが存在するのに、「進化ゾイド」は大型のフラッグシップがいないのが寂しいところ。
「ゼログライジス」は夏商戦向けのゾイドだと思いますが、冬商戦では「進化ゾイド」のフラッグシップの登場に期待したいところです。


Sponsored Link

コロコロコミック2020年6月号を購入しました!注目の新種「古代ゾイド」が出現!」への1件のフィードバック

  1. Chun

    話題からズレますけど、ワイルドzeroはコロナの影響で、今日の総集編でストックが尽き次回(来週)からベストセレクションをやります。
    本題に戻りますけどワイルド2は無印みたいに最速終わっちゃうのではないのでしょうかね。

    返信

Chun へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。