次世代ワールドホビーフェア ’20 Winter のゾイド関連レポート
(2020/01/26Sun)


そんな訳で、1月25日から26日に開催された「次世代ワールドホビーフェア ’20 Winter(東京)」へお邪魔してきました!

今回のゾイドワイルドブースのテーマは「改造」!
「俺のゾイドコンテスト2020」の「次世代ワールドホビーフェア大会ファイナリスト」の作品が展示されている他、改造ゾイドの持ち込みができたりと、非常に見応えがありました!

会場内ではチラホラと子供達が改造ゾイドを持っているのが良かったですね。やはりゾイドのサイズ感は子供が手に持った時が一番映える気がする!

SPONSORED LINK


ファイナリストの作品はガラスケースに展示されていました!

ガンプラの世界大会もビックリな本格的なケース+丁寧な説明が行われていて驚きました。まるで美術館のようです!
これほど本格的に自分の改造ゾイドがイベント会場に展示されるのは、大人でも中々ない機会ですね。これを体験するとゾイドの改造にどっぷりハマってしまいそう・・!

また、展示されている作品には来場者が投票できるようになっていたのも良かったですね。来場者参加型のイベントになっていて、投票した子もゾイドの改造に興味を持ってくれると嬉しいです。

以降では、その展示されていたファイナリスト作品の写真をご紹介しますー

▼東京会場のファイナリスト作品の展示











個人的にはこちらの「ジェノスピノ」の改造作品が良い感じだったので、票を入れてきました!
大胆なパーツの使い方や、塗り分けセンスの良さは将来が楽しみじゃわい・・


絶対に親がゾイダーでしょ!という作品もあったりしてニヤリとする展示も。






無改造で「ガトリングフォックス」に付けられるパーツを取り付けた作品は、左右非対称なアーマーが良い感じ。

▼ガラポンと改造ゾイド持ち込みコーナー

こちらはガラポンと改造ゾイドの持ち込みコーナー。
私もガラポンを回しましたが、7等のシールをもらえました。
持ち込みコーナーも好評なようで、行列ができているのが良かったですね。

▼改造ゾイド展示コーナー

プロや芸能人の改造ゾイドも展示されていました。
こちらの芸人さんを私は存じ上げなかったのですが、ネット上でニュースになっていたりと、やはり芸能人の影響力は強力ですね。





箱裏の改造ゾイドを再現した作品は、絵を忠実に再現していて立体化による迫力がすごかったです!
また、作品の下に改造方法を記した紙を配置しているのはナイスでした。子供達も注目していて、気になった作品の作成方法の紙を持ち帰っていました。




こちらはホビージャパンの改造ゾイドの展示。

▼巨大ジオラマコーナー

巨大ジオラマコーナーでは、コロコロで配布されていたレアゾイドや最新のキットが展示されていました!

▼オメガレックス


個人的には「オメガレックス」を見れたのが良かったですね!

今作成中のインドミナスレックス種ゾイドのメインアーマーには、「オメガレックス」を使おうと思っていたので、全体のデザインなどをマジマジとみてきました!黒の装甲がめちゃくちゃ格好良いですね!ちょうほしい・・!子供達も注目のゾイドとなっていて、発売が楽しみです!

▼バトルカードハンター

バトルカードハンターについてもイベントが行われていて、こちらも人が多かったのが印象的でした。

全体的にゾイドの勢いを感じる展示となっていて、これを見ていると私も改造のモチベーションが上がってきます!

エイプリル・フールはインドミナスレックス種ゾイドの骨格形態だけを予定していましたが、「オメガレックス」のアーマーを着せるまでの仮のアーマーを作ろうと思います!


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。