ゾイドワイルド第32話「男の意地!負けられぬ2人」
(2019/02/16Sat)


そんな訳で、2019年2月16日にゾイドワイルド第32話「男の意地!負けられぬ2人」が放送されました!

今回はデスメタル四天王とそのゾイドが全員出演。戦闘にも「ステゴゼーゲ」と「ガブリゲーター」が参戦して盛り上がりましたね。特にキャビアと「ガブリゲーター」は久しぶりの登場。あのまま離脱するのでは、と心配していましたが、OPに登場していることもあって出番があって良かったですね。前回の戦いは強さが良く分からなかったり、あまり動かなかったりして微妙でしたが、今回はそれなりに動いて、強さがそれなりに伝わってきて良かったです。

▼あらすじ

デスメタル帝国では「ナックルコング」がメンテナンス中、ドレイクは行方不明となっており、トリフがアラシの持つデスレックスキーを奪いに行くことに。一方、フリーダム団はギョーザとソルトが険悪な雰囲気になっていた。そこにトリフと「ステゴゼーゲ」、デスメタル帝国の再雇用制度で復帰したキャビアと「ガブリゲーター」が現れる。

▼感想

今回は戦闘がメインの回になっていて面白かったですね!

個人的には冒頭の「ナックルコング」のメンテナンスシーンがお気に入りです。メカニカルな感じで格好良いぞ・・!
加えて、トリフとフォアグラの会話や、再雇用制度で現場監督をしているキャビアも登場して、四天王の3人が同じ場所に揃いましたね。場所はデスメタル帝国首都とかだったのかな。
デスメタル帝国四天王それぞれの会話から関係性が伺えるのも新鮮で、トリフとフォアグラはそれなりに同等な感じ、再雇用されたキャビアや新人のドレイク、最終秘密兵器については下に見ている感じが良かったです。君たちそういう関係性なのね。

戦闘については、「ステゴゼーゲ」が健闘して、「ガブリゲーター」はやはりもう少し頑張って欲しいところ。後半にはあのゾイドも登場して、最後までどうなるのか分からない展開は飽きずに見ることができました。

来週は社畜のドレイクが出てくるようで、そろそろ仲間になるイベントが発生しそうな気がします。

ゾイドワイルドの全話が配信されているサイト

Youtubeで配信が終了してしまったお話も上記のサイトでみることができます。定期的にYoutubeで再配信して欲しいですね。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。