コトブキヤ公開会議
(2010/12/29Wed)

そんな訳で、コトブキヤの公開会議に行ってきました

開催場所は「東京カルチャーカルチャー」です
会場に来られない方のためにネットで会場の様子が
配信されていたようですが、主な情報は下記のものです
間違っていたら指摘してください

■新製品
 ・プテラスボマー
 ・ライガーゼロ・シュナイダー
 ・シールドライガーRAMAR仕様
 ・ゾイドのD-スタイル化決定
 ・ライガーゼロの爪・牙のメッキパーツ、キャップのメッキパーツ、
  装甲のパールパーツが発売される

■新情報
 ・まだ未公開の情報があるらしい(新製品?)
 ・ゴールドセイバーの箱絵には赤い龍が描かれる
 ・コトブキヤゾイド専用Webページが作成される
 ・ゾイドのHMM化は、タカラトミーが考案したものだった
 ・大型ゾイドのHMM化はやっぱり難しい
 ・コトブキヤのフィギュアにゾイドのパーツを付けることはできない
 ・第三回の公開会議もやるらしい

RAMARの酒井さんはゾイドのハリウッドの実写映画化を超個人的に
希望しているとコトブキヤとタカラトミー、小学館の方に言っていました
いいぞ!もっと言ってくれー!


そして「タカラトミー」→「コトブキヤ」とゾイドの開発に携わってこられたゴジュ山さんです
ずっとここまでゾイドを引っ張て来てくださった方にお会いできるとは・・
今回の会議で一番感動しました

後半ではマーシーラビット氏と直接お話することができて
これまた感激しました  ありがたや・・


会場ではHMMゾイドやゾイド関連商品が販売されていました
TシャツはRAMAの方々も着ていて、ちょっと欲しいと思いましたぞ


会場にはオリジナルのプレゼントや
やまとや海洋堂のゾイド商品も展示されていました
ライバル社の製品と展示するとか、本当に今回の会議を
参加者に楽しんでもらいたいのだろうなぁ・・


会場にはもちこみのHMMゾイドも展示されていました
初見の作品が多かったです


さらにラジコンモルガも展示されていて
会議の後半ではヤマザキ軍曹から紹介が行われました
写真撮影でも超人気で近づけませんでした(^^;


HMMゾイドの展示スペース以外ではタカラトミーゾイドを見ることができました
会議中に電飾の例として紹介されたセイバータイガーです

しかし、画像のピントが合っていない胴体部分がトロトロにボケてしまいましたorz
暗い会場で撮影を行うため、レンズを開放状態で使用したのが原因か・・

今回の公開会議は前回を上回る盛り上がりっぷりでとても楽しかったです
次回があるとすればまた参加したいです


そして私はやまとのシールドライガーとサビンガを購入しました
明日レビューと組み立てを行う予定です

・撮影機材:NikonD90 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

>あっ、本名になってらw ちなみに、今回のクリスタルカラーの下地は
キャップや爪とかに使ってる紺色だったりします。
つか、狙った通りの色になってて良かった~ byJ少佐

模型誌のお仕事お疲れ様です
クリスタルカラーは実に興味深いですね
爪や牙に使ってみますかね


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。