ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

槍竜(ソウリュウ)
槍竜(ソウリュウ)
1 2 3 4
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者
マリ君
分類チェンジマイズブロックス
シリーズ竜滅のツルギ
投稿日2005/02/26 14:17:02
最終更新2005/03/05 17:37:15
閲覧数4136
コメント数1
添付サイズ200(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4
前後の作品
more new workmore old work
コメント
槍竜(ソウリュウ)
全長:25メートル

バトスト&余談追加。

ソルジャークラスの竜で、最も小型な飛行タイプの竜の一つ。
捕獲した一体を分析したところ、飛竜とデータ形式がかなり似ており、
飛竜の亜種とも考えられている。
今では非常に珍しい種類で、ネストに混合している確立は
3分の一。
また、その名の通り 槍を使った格闘攻撃が得意で、
あまり目立つ程では無いが、
それでも急降下からなる突撃は、非常に強力といえる。

〜第?話<白き剣、散る>〜
今回の任務は、大型のネストから
住民を守るというもの。
そして、今回の任務は白銀騎士団のForth Of Kingとの
共同作戦。彼等はこの任務の遂行中だった・・。
―向こうは騎士団がやってくれている。
我々はこちらを落とすぞ!―
カラドが叫ぶ。
それと共にコスモス隊の進撃が始まった。
竜と人、両者共に次々と風に吹かれた花弁の如く散ってゆく。
そして、大型ネストがようやく全滅。その時だった。
地中から巨大な竜が地を裂いて現れた。
・・魚王竜・・
―なっ、!?コマンダークラス!?―
驚くクラウス。
そして、再び地中へ姿を消した。
―隊長!、地中の中にコマンダークラスらしき竜が―
クラウスがカラドにその事を伝えようとした
その時だった。
カラドのシュヴェアートの真下から魚王竜が姿を現した。
その角で串刺しにされたカラドのシュヴェアート。
―ぐぁぁぁぁっ!!―
そして、魚王竜はそのまま地中へと深く潜っていった
―た、隊長ーーーーッ!―
クラウスが叫ぶ。しかし、その声は届かず、魚王竜も戻ってくることはなかった。
―どうしたの?クラウス。―
アルマスから通信が入る。
―隊長がやられた・・。―
―!!―
隊長の“戦死”告げられ、
驚くアルマス。
―艦長、こちらカラド隊。カラド隊長の戦死を確認しました。―
その言葉を告げ、クラウスとアルマス達はデュランダーへと帰還して行った。
―クソッ・・なんでこんな事に・・・・!!―
・・・・・・・・end.

と言うわけでほぼバトストのために作った機体です。
そろそろ書かないと駄目と感じたので・・。
一応。それなりの形にはなったと思います。
もうバラしてますが・・・
ちなみに、最後の写真は、現在投稿待ち中の
人型です。ある程度話が進んだら出そうと思っていますので、
アドバイスがあれば遠慮なく。
後、オート馬人さんへ なのですが、
L型の特別機を投稿しても良いでしょうか。
最後の写真の人型にある程度装甲を付けた物なのですが・・・

【ホークイーグル】2005/03/05 17:37:15

バランスのとれた機体ですね。こういう龍は結構好きです。
人型のほうもなかなか格好良いですね。

サイトバナー
[Running time: 0.022263 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫