エイプリルフール2018のネタばらし!
(2018/04/02Mon)


そんな訳で、今年のエイプリルフールはFA:Gを改造したジェノザウラーガールでした!

事前に製作中の様子を公開していたので、当サイトをご覧になっている方的にはあまり驚きは無いかもしれませんが、ツイッター上ではFA:G勢にも伝達したようで、予想以上の反応があって驚いています(^^;
新規ユーザーの多いFA:Gは未開拓のフロンティアすぎるぞ・・!

今回の展示はWFなどで好評だったコトブキヤの「アリスギア」の展示を参考にしています。下には赤色のクラッシュベロアを引いて、横にはタブレットを置いてそれっぽい感じに。ゾイドFORのタイトル画面や、BFガールも写っていなものの展示していました。

今回は2月くらいからのんびり準備していましたが、某氏や某氏から提供いただいた3Dプリント武器パーツがクオリティアップの大きな要因になったと思います!改めて感謝です!ジェノザウラーガールの完成は、HMMテュランのレビューが完了した後に最終調整を行うので、GWまでには完成できると良いですね。

そして他のゾイダーさんのエイプリルフールネタはどのようなものがあったのか、簡単に調べてみました。

続きを読む

Sponsored Link

着色見本が楽しみ!ジェノザウラー・ガールが発表されました!
(2018/04/01Sun)


そんな訳で、都内で行われたイベント会場で、ジェノザウラーを擬人化した「ジェノザウラー・ガール」が発表されたようですね!!

ゾイド関連では、「ゾイドワイルド」が6月から子供向けに本格展開され、「HMMゾイド」は3月に再販ラッシュとシュトゥルムが発売されましたが、4月以降の販売スケジュールは未定になっているようで、変わり種で擬人化シリーズが展開されるのでしょうか!?

最近ではFA:Gやメガミデバイスが非常に人気ですし、バンダイも美少女プラモに力を入れ始めているので、ゾイドもそのビッグウェーブに乗るのも良いと思います!販売は2018年の4月1日とのことで、着色された状態でどうなるのか、ジェノブレイカーまで登場するのか気になるところですね!

続きを読む

Sponsored Link

シュトゥルムテュランバーサークユニットセットを購入しました!
(2018/03/31Sat)


そんな訳で、コトブキヤ限定で販売された「シュトゥルムテュラン バーサークユニットセット」を購入しました!

土曜日の午前中に宅配便で受け取りましたが、噂に聞いていた通り、箱のサイズがHMMアイアンコングクラスで、とても大きいですね! これだけ巨大な箱を店頭で購入して持ち帰るのは、かなりの覚悟が必要になりそうです。ツイッターを見ると、そんな覚悟ありの猛者ゾイダーさんが結構いらっしゃったようですが(^^;

今回は通常盤の「シュトゥルムテュラン」を購入するのは見送る予定で、「シュトゥルムユニット」は来月になったら購入しようと思います!今月はゾイドFORに中々課金をしたので・・。(ゾイドFORはマッチングを本当改善してほしいですね・・!)

HMMゾイドに関しては、今回のシュトゥルム以降の新作や、再販も全て未定となっているようなので、直近で再販されたHMMゾイドも合わせて、欲しい人は早急に購入した方が良さそうです。
シュトゥルム系も大変な人気になっているようで、バーサークセットの方は予約が上限に達していたとも聞きますね。私も早めに「シュトゥルムユニット」を購入して、あとは「HMMライガーゼロイエーガー」はもう一体は欲しいので、イエーガーも購入しようと思います!

シュトゥルムはこの休日中に組み立てて、レビューは来週くらいを目指して、のんびりと進めましょうかね。

Sponsored Link

アニメジャパンで配られていたゾイドグッズのご紹介
(2018/03/29Thu)


そんな訳で、先週末に行われていたアニメジャパンですが、ゾイドコーナでは3つのグッズが配布されていました!今回は3つとも入手したので、簡単にご紹介したいと思いますー

会場で配られていたグッズは「クリアファイル」と「ショッパー」、「ビーフジャーキー」です!
「クリアファイル」と「ショッパー」は汎用性が高そうで、他のゾイダーさんに何かをお渡しする際の梱包アイテムとして活用できそうです。

「ビーフジャーキー」(MAIDE IN NEWZEALAND)は謎のチョイスですが、話題性があって良いですね。先日のオフ会でも簡単に話のネタにすることができました。ビーフジャーキーは個人的に好みではなかったので、某氏にお渡ししました(^^; それにしてもフリーダムすぎる・・

ショッパーにはゾイドワイルドのカタログが付属していました。6月販売のラインナップのようで、個人的にはブラキオサウルスの口や頭に角度がついているのに注目しました。手動で動かせる部分があるようですね。ジェノザウラーなどの2000年の新型ゾイドは手動ギミック箇所を増やしていましたが、ゾイドワイルドでは手動ギミック箇所がどのくらいあるのか楽しみです。コトブキヤみたいに発売前にキットに触れられる体験イベントとかやらないのかなぁ・・

続きを読む

秋葉原でプチオフ兼プレゼン会(?)を実施してきました!
(2018/03/28Wed)


そんな訳で、先週の土曜日は某氏と「アニメジャパン」に行って来ましたが、日曜日は他のゾイダーさんとプチオフ会をしてきました!2日連続でゾイダーさんとお会いするとは、なかなか刺激的な週末でした。

某氏が何かイベントをやりたいので、そのミーティングをしましょう!ということで、秋葉原の会議スペースを借りて、ゾイダーさんが5名ほど集まって色々とお話をしてきました!参加メンバーは持ち寄った作品を見ればなんとなく把握することができますね。

私は「アニメジャパン」の戦利品のゾイドワイルドジャーキーを持って行ったりして、前半はいつものオフ会のゆるい感じでしたが、後半ではお二人のゾイダーさんがイベントについてパワーポイントを使って、プレゼンをする斬新なスタイルでのオフ会でした。

多角的な方針でゾイドが盛り上がっていくと良いですね。個人的にはゾイドワイルドが始まるまでの12年間、ゾイドを支えてくれたコトブキヤゾイドの感謝イベントをやるのも面白そうと思っていますが、今度のWFでのコトブキヤの動き次第ですかね。

以降では、いつものように持ち込まれた作品をご紹介したいと思いますー。

続きを読む

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 327 328 329 Next