【憧れのCP】外部荷電粒子砲をいただきました!
(2018/03/11Sun)


そんな訳で、某氏から外部荷電粒子砲をいただきました!
電ホに掲載されていた、カスタマイズパーツ(CP)のデザイン画を元に、某氏がモデリング/3Dプリントされた作品です!

サクっと組み立ててみましたが、積層跡がほとんど目立たないので、ほぼこのまま塗装ができそうな完成度が凄いですね。合わせ目や、表面の微かな積層痕を消して仕上げに持っていけそうです。なお、出力には光造形式の3Dプリンター「form2」を使用されたとのこと。

某氏が外部荷電粒子砲を作成されているのは、去年の大阪での展示会などでお聞きしたり、試作品を拝見していました。今回はエイプリルフール用に外部荷電粒子砲の提供をご依頼したのですが、ちょうどそのタイミングで某氏が「form2」を導入されて、前に拝見していた荷電粒子砲よりも、高品質なものをいただきました!某氏には改めて感謝申し上げます!

過去の日記では、到着した段階の未組み状態で紹介していましたが、今回は組み立てたものを紹介したいと思いますー

続きを読む

Sponsored Link

【初心者には厳しいぞ・・】ゾイドFORをプレイし始めました!
(2018/03/09Fri)


そんな訳で、ゾイドのアプリゲーム「ZOIDS FIELD OF REBELLION」(ゾイドFOR)をプレイし始めました!ゾイドがガシャガシャと動く様子が見れるのが良いですね!!

先日の体調不良が原因で、机に座って作業ができなかったので、試しにインストールしてみました。ただ、内容は前々から聞いていた評判通り、初心者にはあまり優しくないゲームですね・・。

私はとりあえず「アイアンコング」と「シャドーフォックス」に課金して、それでもボコボコだったので、諦めて一旦アンインストールするほど(^^; その後もめげずに再インストールして、「ゴジュラスCA」を使い始めていますー。1万円課金してもこのステータスで、対戦では相手にボコボコにされる始末です。戦略がいけないのかなぁ・・。課金してこれでは、無課金だと私はさらに大変なことになっていた気がします。

▼現状の問題点
サクっと4日ほどプレイして感じた特に宜しくない点は、それぞれのゾイドごとに得意/不得意の分野があり、チームで戦うのですが、チームを組んだ時点で分野が偏ることがあること。チーム全員が指揮官だったり、全員が攻撃機だったりすると、その時点で勝敗がなんとなく見えてきますね。

また、バランスが良い状態でも味方のプレイヤー同士で嫌がらせがあったりと、荒れているので連携ができず、数万円の課金と数時間を使って全く楽しくないという・・。
※本日のアップデートで問題プレイヤーについて警告が出ました。これで収まると良いのですが・・

▼上達のコツ
戦闘時間は10分ほどなので、通勤の合間や、家では練ったパテが安定するのを待つ間、塗料が乾くまでの隙間時間にやる分には良い感じかもしれません。
ただこれからいきなり対人戦を始めることは、あまりオススメできないです。やはり最初はトレーニングの受講、そして知り合いのプレイヤーさんとマッチングして、戦い方にアドバイスをもらえると一気に進歩しやすいかもしれません。

私も某氏や某氏に教えてもらいつつ、改善して行く予定ですー。実際に2日間に渡って某氏たちにコーチに着いてもらい、最近はだいぶ勝てるようになってきました!一緒にゾイドFORゾイダーさんと戦いましたが、良心的なゾイドFORゾイダーさんとの交流は新鮮で素晴らしいですね!

とりあえず今回のプレイヤー名は「森の人」にしました。昔のゾイド公式ショップコンテストなどで使っていたですー。もう15年くらい前・・!

▼今後
ゾイドFORはマッチングの調整や、問題プレイヤーの排除など、根本的な部分の改善に期待したいです。
実際に運営は積極的な改善を行なっており、今後のゾイドワイルドのビッグウェーブが来ることを考えると、盛り上がっていきそうな気配は感じますよ!

Sponsored Link

コトブキヤ立川本店の四神杯展示作品を見てきました!
(2018/03/07Wed)


そんな訳で、コトブキヤの立川本店、秋葉原、大阪日本橋で開催されている、四神杯の立川本店の展示作品を拝見してきました!

先日は秋葉原の展示状況を拝見してきましたが、立川本店は普段プロモデラーの方の作品が展示されている棚に、自分の作品を展示できるのが良いですね。棚に展示できる作品数は秋葉原館ほどではないものの、力作が集まっていて見応えがありました。

ツイッターで拝見した作品の展示も立川の方が多かったかも・・?ツイッターで棚の状況を写した写真を見た時から、気になる作品が多くて、せっかくなので立川まで見にいくことにしました。
あとは日本橋店を撮影すれば、今回の四神杯は全会場を回ったことになりますが、流石に今月はエイプリルフールの準備があるので、大阪に行く余裕はなさそうです(^^;

以降では、棚の様子と気になった作品について、紹介したいと思いますー

続きを読む

Sponsored Link

某氏から3Dプリントされた外部式荷電粒子砲をいただきました!
(2018/03/05Mon)


そんな訳で、某氏から3Dプリントされた外部式荷電粒子砲(電ホ掲載のボツデザイン版)をいただきました!

最初は熱溶解(FDM方式)の3Dプリンターで出力されたホワイトのパーツをいただく予定でしたが、途中で光造形式の3Dプリンター「Form2」を購入されたとのことで、今回は「Form2」で出力されたグレーのパーツもいただきました!FDM方式の3Dプリンターで出力された荷電粒子砲は積層痕がかなり目立ちますが、「Form2」で出力さた荷電粒子砲はほとんど積層痕が目立たず、簡単に表面処理するだけで塗装できそうです。

今回の日記ではとりあえず紹介のみですー。季節の変わり目で微妙に体調が悪く、本当はある程度組み立ててパーツチェックしたものを紹介できればと思っていました(^^;
また後ほどー

ホビージャパン18年4月号やゾイドFOR関連書物
(2018/03/03Sat)


そんな訳で、2月25日頃に発売されたホビージャパン18年4月号を購入しました!
本当はもう少し早く紹介できたと思うのですが、直近では「ゾイドワイルド」関連で非常に盛り上がっているので、なかなか紹介できずにいました(^^;

いつものようにゾイドの作例が掲載されているので、購入しました!
今回はHMMゾイドの作例でしたが、今後は2月27日に発表された「ゾイドワイルド」関連の記事や、夏頃には作例と小・中学生向けに改造やゾイドについてのハウツー記事が掲載されそうですね。

ホビージャパンはコンスタントにHMMゾイドの改造作例を掲載してくれているので、ゾイドワイルドが発売されたあとも、HMMなどのハイエンドゾイドの作例を載せてくれると嬉しいかも・・。とはいえ、HMMの再販を含む販売は4月以降で未定になっているので、難しそうですが。
直近では、3月に発売されるHMMシュトゥルムの作例もくると思うので、そちらも楽しみです。

続きを読む

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 321 322 323 Next