コミケ93の3日目にお邪魔してきました!
(2017/12/31Sun)


そんな訳で、東京ビッグサイトで開催されていたコミケ93の3日目にお邪魔してきました!

3日目はゾイド関連の同人誌の取り扱いが多いようで、今回も大宮から始発電車の乗ってのんびりと会場に向かうことに。ビッグサイトへ到着したのは10時半ごろでしたが、この時でも入場規制が行われていたので、会場の外をウロウロしたり、お昼ご飯を食べたりして12時くらいに突入しました!

今回はゾイド関連の同人誌を入手してきました。他の本を見て回るほどの気力はなかったよ・・
軽く見て回ってきた感じだと、FA:Gやメガミデバイスの成人向け本はけっこう活気がありそうでしたね。
家に帰って、ゾイド関連の戦利品を並べて見たところ、どこから突っ込めば良いのかよくわからないことに!

以降では会場に展示されていたゾイド関連の様子を少しだけ紹介してみますー
続きを読む

Sponsored Link

忘れられない思い出!2017年の振り返り
(2017/12/29Fri)


そんな訳で、今年ももうそろそろ終わり2018年が始まりますね。
今年は相変わらず仕事の効率化を進めて、定時帰りを基本にすることができました。
おかげで今年作成した作品は約8作品と、仕事やサイトリニューアル、日々の更新、レビュー&レポートをやりながらでも中々の作品数になりました。

ゾイドの商品展開としては、コトブキヤから新作の「HMMストームソーダー」が発売されたり、「ゾイドFOR」の配信が始まったりと、動きは少ないものの多面的に展開された年でした。
ファン活動としては、冬の「WF」で私の知っている限り最多のゾイドディーラーさんが参加されて、5月には「ZAOD」10月には「マッスルゾイドクラブ」の参加する展示会が関西で複数回開催されたりと、なかなか盛り上がっていた印象!
個人的には各イベントで他の方の作品とコラボできたのが光栄でした。特に「ZAOD」ではMPゾイドを改造した作品が4体並び、動く様子は壮観でしたね!

他には何かあったっけ・・
続きを読む

Sponsored Link

ストームソーダーアーラバローネ仕様を購入しました!
(2017/12/27Wed)


そんな訳で、先日発売された「ストームソーダー アーラバローネ仕様」を組み立てました!
先週の土曜日はコトフェスに参加していたので、組み立てることができず、日曜日にのんびりと組み立てました。

今回はYoutubeなどで動画を見ながら組み立てましたが、やはり組み立てやすくて良いですね。ただ組み間違うと分解が結構大変でした。パーツを分解するときにデザインナイフを滑らせて指の先端に突き刺さることも(^^;
キーボードを打てないほどのダメージを受けたのは久しぶりです。おのれRD許すまじ。

肝心のストームソーダー自体はミサイルとクローの追加パーツによって、ノーマルと比べて複雑な形状になっていて格好良いです!首や太ももの色分けが追加されているのも良い感じ。
さらにフライングベースが付属する至れり尽くせりの内容で、私はフライングベースが付いて来ることを知らなかったので、箱を開けた時に驚きました。赤のパーツも慣れてくるとそれほど気にならなくなって、元から満足度が高かったストームソーダーですが、アーラバローネ仕様はさらにお腹一杯になれる充実したキットになっていると思います。
続きを読む

Sponsored Link

オリジナルゾイドアニメ BLUE SOUVENIR Ep.2 予告が公開されています!
(2017/12/25Mon)


そんな訳で、某氏が作成されているオリジナルゾイドアニメ「BLUE SOUVENIR Ep.2」予告第二弾が公開されました!

Ep.2は2015年のZAODやクリスマスに公開されたEp.1の続きになっていて、待ち望んでいた方も多いはず!今回は予告の第二弾ということで、第一弾と比較すると男性陣の声や新しくなったフローラン嬢の声を聞くことができるのが印象的。個人的にはレブラプターのやられっぷりが大変素晴らしいと思います。

全体の公開は来年の春を予定されているとのことで、今から公開が待ち遠しいですね!
来年の春はHMMシュトゥルムテュランの発売や、WF、某氏の動画公開と楽しみが集結している感じが凄いです。

コトフェス2017の第4部にお邪魔してきました!
(2017/12/23Sat)


そんな訳で、コトブキヤで行われている、コトフェス第4部の1日目にお邪魔してきました!
いつものように大宮始発の電車でのんびりと会場に向かって、電車の遅延はあったものの開店20分前にはコトブキヤ立川本店に到着しました。

その後は誘導に従ってイベント会場に移動して、作品を直接机に展示して準備完了です!ちょうど1年前に同じ場所で開催されたゾイド関連のイベント「スタンドリバー会戦」では、コトブキヤのチェックを受けた後、スタッフの方に作品を移動してもらう流れでしたが、自分で直接作品を設置できるのは良いですね。

「コトフェス第4部」はFAやFA:G、ヘキサギア、メガミデバイスなどのコトブキヤオリジナルキットのイベントでした。
実際は展示作品でコトブキヤ製品をベースにしながらも、何となく他社製品っぽい部品が使われいる気配もしたりして、けっこうゆるりとした基準だったようです。他にも3DCADの講義や、射出成型体験コーナーといったコトブキヤスタッフの方と参加者がコミュニケーションする展示や、会場内にはコトブキヤのスタッフの方が多く配置されていて、コトブキヤキットについてゆるりと質問したりできる、ゆるりとしたユーザーフレンドリーな空間になっていました!

私も参加してきましたので、会場の様子を簡単に紹介したいと思いますー
続きを読む

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 311 312 313 Next