ジェノザウラーガールの掲載が完了しました!
(2018/05/07Mon)


そんな訳で、無事にジェノザウラーガールの塗装がGW中に完了して、掲載作業もGW中に完了しました!

4日には塗装の他、デカールを貼ったり、ドライブラシをしたり諸々の作業が完了して、写真撮影も4日に実施していました。5日は余裕の出張筋肉食堂への持ち込みをしたつもりでしたが・・
6日になって、外部荷電粒子砲の先端の黒カバーパーツをつけ忘れていることが発覚。大急ぎでパーツを探し出して、サフからドライブラシまでの作業を実施して、再撮影していました(^^;
こちらの写真が先端カバー無しの写真で、何か違和感があると思ったらカバーをつけ忘れていたのですね。

今回は3Dプリント技術のある方々に武装の輸出をご依頼して、クオリティの高い武装のおかげで作品全体のクオリティが底上げされた感じがします。武装を提供いただいたお二人には改めて感謝です!

今後は個人開催の展示会はもちろん。基本的にコトブキヤ製パーツを使用しているので、コトブキヤのコトフェスなど、比較的版権関係がゆったりしているイベントに持ち込めると良いですね。

Sponsored Link

改造ゾイドの投稿をいただきました!
(2018/04/23Mon)


そんな訳で、改造ゾイドの投稿をいただきました!
投稿自体は先月末にいただいていたのですが、エイプリルフールやHMMシュトゥルムテュランの対応で遅れてしまいました・・!テュランは動画の作成が完了したので、これでレビューは完了となりました。

HMMガンスナイパーを改造した作品で、某氏の作品を参考に足の延長を行ったり、私のラップ塗装の記事を参考に全身のラップ塗装を実施された、かなり前衛的な改造作品です!
ゾイドにラップ塗装をするとかなり派手になるのですが、今回は武装にトンファーを選択されているので、黄色のラップ塗装が意外と似合っていて格好良いです。

投稿いただいた写真は、一眼レフで撮影されたものかと思いますが、画像が暗かったりしたので、こちらでリタッチしています。

掲載については近日中を予定しています!少々お待ちくださいませー

▼追記
掲載が完了しました!

Sponsored Link

ダークホーンの改造作品を投稿いただきました!
(2018/03/27Tue)


そんな訳で、某氏からダークホーンの改造作品を投稿いただきました!

「History of Zoids」などに登場した改造レッドホーン「アサルトホーン」を元ネタにして、HMMゾイドをベースに改造された作品です!HMMやMSGなど、コトブキヤ製パーツを使ってミキシングで作成された作品とのことですが、アサルトホーンのデザインを今風に作り直すとこうなる!という最適解のような格好良さです。

個人的には元ネタの「アサルトホーン」はデザイン的に角竜類っぽさが少なく思えましたが、今回の投稿作品ではちゃんと角竜類っぽいデザインになっているのが好みです!

近日中に掲載させていただきますので、少々お待ちくださいませー

▼追記
掲載が完了しました!

Sponsored Link

某氏からいただいたちびジェノザウラーが完成しました!
(2018/01/18Thu)


そんな訳で、某氏からいただいたちびジェノザウラーが完成しました!
こちらのジェノザウラーは、すでに某氏のジェノ軍団のページに追加させてもらっていますが、日記でも簡単に紹介させてもらいますー

今回はアニメに登場したアンビエント培養の赤ジェノザウラーカラーにしています!
このまま進化させるとシャドーでは耐えられない化け物になるぞー

去年のオフ会で某氏からいただいた、3Dプリントジェノザウラーを今年から調整したものです。
1週間で表面処理を行なって、1週間で塗装を行なったので、私の製作時間は2週間ほど。すでに某氏が表面処理をされていたのか、とてもスムーズに作業が進みました。
出力に使用した樹脂も高価なものだったようで、3Dプリントで良く聞く、パーツがガラスのように割れる現象などは発生しませんでした。

初の3Dプリント品の仕上げ作業でしたが、手作業では到底真似できないクオリティは驚きの連続でした。大型キットになるとさらに衝撃を受けそう!

続きを読む

3Dプリントされたちびジェノ軍団を掲載しました!
(2018/01/16Tue)


そんな訳で、某氏から投稿をいただいたDスタイルのジェノ軍団を掲載しました!
投稿時には名称がなかったので、某氏に相談して私が決めましたが、本当にこれで良かったのだろうか・・

見た目はゆるふわな可愛い感じで、ポージングも癒し系のジェノ達ですが、立体としてみた時の造形レベルの高さが凄いことに。私が製作した赤ジェノよりもひと回り小さいサイズなのですが、それでも鋭いエッジや、はっきりしたディテールは最新のHMMと並べても違和感がなさそうです。

そのジェノザウラーを3体も作成される某氏のジェノ愛は相当なもので、とても眼福な作品です。
WFの準備などで忙しいタイミングだったかと思いますが、ご投稿ありがとうございました!
それにしてもジェノはきのこ派とは・・。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 16 17 18 Next