ライジングライガーIBのレビューを掲載しました!
(2020/12/01Tue)


そんな訳で、「ライジングライガーIB」のレビューを掲載しました!

今回はカラーバリエーションなので、「ギルラプターLC」と同じく撮影する画像の枚数は30枚くらいを予定していました。簡単にレビューできると思いましたが、実際は50枚近い枚数となって、予想よりもボリュームのある内容になりましたね。

ライガーの写真は35枚くらいでしたが、「ロングレンジバスターキャノン」分が予想以上のボリュームとなりました。やはり注目は新造された「ロングレンジバスターキャノン」だった説!

ツイッターでは今回の「インフィニティブラスト」でゲームを含めて、どれが欲しいかアンケートを取りましたが、1位になったのは「ロングレンジバスターキャノン」でした。


歴代ゾイドのカスタムパーツでも特に人気の武器となるので、ぜひ一般販売してほしいですね(たのむ・・!)

ライジングライガーIBと合わせて、今度の週末を目処にYoutubeでもレビューする予定ですー。

Sponsored Link

ロングレンジバスターキャノン強化型を組み立てました!
(2020/11/27Fri)


そんな訳で、11月26日に発売されたNintendoSwitch用ソフト「ゾイドワイルドインフィニティブラスト」に付属する「ロングレンジバスターキャノン強化型」を組み立てたので、簡単に紹介したいと思います!
「ロングレンジバスターキャノン」・・ネーミングからして格好良すぎる・・!

旧ゾイドで販売されていた「ロングレンジバスターキャノン」をリメイクした商品で、旧ゾイドの金型をベースに金型を作り直しているように見えます。

金型の修正だけでも数千万円は掛かると思うので、今回の「ロングレンジバスターキャノン強化型」は利益を上げるために、ゲーム以外でも販売される可能性が非常に高いと思っていますが、果たして。

ゾイドワイルドシリーズに最適化されていて、「ライジングライガー」などに無改造で取り付けできるのが良いですね。

続きを読む

Sponsored Link

YoutubeにHMMワイルドライガーのレビュー動画をアップしました!
(2020/11/13Fri)


そんな訳で、Youtubeに「HMMワイルドライガー」のレビュー動画をアップしました!

Youtubeで本格的なHMMゾイドのレビューは久しぶり。フル可動モデルなので、歩行ギミックがあるタカラトミー版と比べると、動画映えが難しいかも?と思っていましたが、製品クオリティの高さから動画にしてもなかなか良い感じになったと思います!

声優さんの声も品質が高くてとても良い感じ。
動画編集作業も今回はスムーズに集中して作業することができました。本当は土曜日くらいのアップを予定していたのですが、一晩で完成まで進められるとは!

この後は「ギルラプターLC」を動画でレビューして、10月発売ゾイドのレビューを完了させたいですね!

そして、今年のゾイドの新製品の情報も本日になって出てきましたね。
販売スケジュールはこんな感じ。
■11月
グッスマのブレードライガー
インフィニティブラスト

■12月
HMMワイルドライガー紅蓮Ver.
ZW49ミサイル+レーザーコンバットユニット
ZW50キャノン+レーザーコンバットユニット

今年はXLサイズゾイドの販売はありませんが、「インフィニティブラスト」や「HMMワイルドライガー紅蓮Ver.」は年末年始を共に過ごせるボリュームのある内容になっていそうです。

本日発表された新武器パーツは「オメガレックス」と「ジェノスピノ」の武器がついてくるのが良いですね!高額なXLサイズゾイドに付属する武器が手軽に入手できるのは改造の幅が広がりそう。

今回はXLサイズゾイドの武装や、CDWに取り付けるパーツがメインのように見えますが、よく見ると共通パーツが多くて2つを購入すると盾を2枚入手できるのが良いですね。武器はアニメ「ゾイドワイルド戦記」でも活躍していましたし、この武器パーツは今まで以上に人気が出そうです!

Sponsored Link

ドレイクの白ギルラプターを再現するためノーマルギルラプターを購入しました!
(2020/11/11Wed)


そんな訳で、アニメ「ゾイドワイルド」に登場した「白ギルラプター」を再現するため、「ノーマルギルラプター」を購入しました!

「ノーマルギルラプター」はもう店頭に売っていなかったので、今回はメルカリで購入。
バラバラの状態で発送してもらいましたが、ゾイドワイルドは組み立て易くて良いですね。

テレワークの息抜きで昼休みに復元しました。
ゾイドワイルドの一連の体験は今でも新鮮!ランナーレスのキットを組み立てることを”復元”と表現して、骨格にアーマーを装着、そして必殺技のワイルドブラストする一連の流れは、他のどんな製品でも味わえないポイントです。

「白ギルラプター」については、「ノーマルギルラプター」のほかに「ファングタイガー」「ギルラプターLC」が必要となるので、そちらを使って再現することにしました。

続きを読む

ギルラプターLCを購入しました!普通の梱包が新鮮・・!
(2020/10/29Thu)


そんな訳で、「ギルラプターLC」を購入しました!

同時に発売された「バーニングライガー」や、あとから発売される「HMMワイルドライガー」に話題を持って行かれ気味のゾイドですが、個人的には「バーニングライガー」と同レベルにお気に入りのゾイドです!

基本的には「ギルラプター」のカラーバリエーションとなりますが、サードシリーズから発掘の要素が薄まったことで、復元する感覚が新鮮でした。

「ギルラプターLC」の梱包も「バーニングライガー」と同様に無機質なもの。
今までは土から発掘していたゾイドを、普通のおもちゃの箱から組み立てる感覚がなんだか不思議。慣れてくると他のおもちゃと同じ感覚になると思いますが、地面風のモザイク梱包と普通の梱包は、シリーズやゾイドの所属に応じて変えると楽しいかも。

キット自体もクオリティが高く、メリハリの効いたカラーリングは、他の「ギルラプター」と比べても存在感があって格好良いです!

続きを読む

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 24 25 26 Next