ゾイドワイルド第35話「怪しき瞳 糸を操る美女」
(2019/03/10Sun)


そんな訳で、2019年3月9日にゾイドワイルド第35話「怪しき瞳 糸を操る美女」が放送されました!

今回は「スパイデス」とミステリアス美女お姉さんのヨウカンが初登場!活躍を期待していたのですが、期待通りの活躍をしてくれて大満足。スパイデスの動きも良かったのですが、個人的にはヨウカンさんが良い・・!フリーダム団と合流して、メンバーとの絡みを見せて欲しいです。特にペンネとの絡みには期待・・!

▼あらすじ

アラシとソルトを除くメンバーが風邪を引いてしまったフリーダム団。薬を買いに訪れた町でお宝を守る依頼を受けることになったアラシは、月夜にお宝を狙うヨウカンと、その相棒の「スパイデス」に出会う。

▼感想

ゾイドアニメ定番(?)のお姉さんキャラとしてヨウカンが初登場!何だろうこの安心感は・・!

声優さんがシュプリーム団のソースと同じ小清水亜美さんだからなのか、お姉さんキャラだからなのか、落ちついた年上のキャラクターがアラシ達の近くに居てくれるのは見ていると安心できて良いですね。
落ち着いているだけではなく、デスメタルに対しては感情的な一面も見せてくれたり、アラシとの絡みは可愛さもあったりして、魅力的なキャラクターだと思います。髪型はゾイドワイルドでも特に凄いことになっていますが。

「スパイデス」はヨウカンの言うことをちゃんと聞いて、一緒に怒る良い子で、目が4つあるクモ種ゾイドということで、人を選びそうな感じがしましたが、ちゃんとキャラクターとして感情が見えたのが良かったですね。クモらしいアクロパティックなアクションは新鮮で見応えがありました。機動力の高い「ギルラプター」とアクロパティックな戦いとかして欲しいなぁ・・。

今回はデスメタル側の開発の進捗がわかるシーンが所々にあり、デスメタルキーの生産やゾイド用の武器パーツの設計図など、さらなる激戦を予感させる要素がありましたね。そろそろクライマックスに突入するゾイドワイルドですが、どのような展開になるのか楽しみです!

Sponsored Link

ゾイドワイルド第34話「揺らぐ・・・二人の絆」
(2019/03/02Sat)


そんな訳で、2019年3月2日にゾイドワイルド第34話「揺らぐ・・・二人の絆」が放送されました!

えぇぇ・・、ゾイドワイルドとは思えないシリアス回でしたね。なおかつトラウマシーンもあって、朝から子供にトラウマを植え付けていないか心配になります(^^; ただ、最後まで見るととても良い回でしたよ!

トラウマシーンはタカラトミーがYoutubeで配信している動画のサムネイルにもなっていますし、アラシの夢とは言え、本編でトラウマシーンを3回も流すとは恐ろしいことをする・・!

▼あらすじ

ゾイドのメンテナンスを行うためフリーダム団が訪れた街は廃墟になっていた。ただ1人レジスタンスとして生き残った男、バーガーと出会うが、バーガーはいずれワイルドライガーが死ぬと言う。バーガーは相棒ゾイドのクワーガとワイルドブラストができた故にクワーガに負担を掛け、クワーガを失ったことを後悔していた。話を聞いたアラシはワイルドブラストすることを恐れてしまう。

▼感想

前半の暗い感じや、トラウマシーンはゾイドワイルドとは思えない流れでしたね。
特にトラウマシーンはアラシの夢ではあるものの、ファングタイガーは実際にこうなっているのでは・・と、視聴者は思わず連想してしまうのではないでしょうか(^^;

相棒と冒険するアニメは数多くあるものの、ここまで死を全面に押すアニメのは中々見ない様な気がします・・! 目の瞳孔が閉まるのもまだ息があって、見つめられる様な気がして純粋に怖い・・。

かなり怪しげな雰囲気でストーリーが進みますが、状況を打開したのは他のフリーダム団メンバーでした。
アラシを立ち直させるために今まで言葉にしてこなかった、アラシへの思いをみんなが伝えるシーンは感動もの。みんなアラシのことが大好きすぎでは・・!
ラスト付近も予想はしていましたが、セオリー通りの展開になってくれて、朝から良い物語を見ることができました。望むのならクワーガのワイルドブラストやデスブラストをそろそろ見たいですね。最終秘密兵器くんに期待。

次回はヨーカンとスパイデスが初登場。ヨーカンがどの様なキャラクターなのか気になりますし、スパイデスの動きがどうなるのかも気になりますね。

Sponsored Link

ゾイドワイルド第33話「流されて 瞬撃とゾイド博士」
(2019/02/23Sat)


そんな訳で、2019年2月22日にゾイドワイルド第33話「流されて 瞬撃とゾイド博士」が放送されました!

今回は戦闘が少ない、おとなし目の回かと思いましたが、ハンターウルフが活躍してくれましたね。ワイルドライガーのように後ろ蹴りを決めたりと、短いながらも見応えのある戦いでした。

内容としては、事故によって洞窟から脱出する必要が出てきたオニギリ、ソルト、ドレイクのやり取りがメインで、こうして人物同士のやり取りがあると物語に深みが出て良いですね。こういうやり取りは他のメンバーでもやって欲しいぞ。

▼あらすじ

デスメタル帝国の支配地域に迷い込んだアラシ達は戦いを避け川岸に逃れようとするが、そこにデスメタル四天王のドレイクと「ギルラプター」が現れる。傷ついたフリーダム団ゾイドを庇うため、オニギリと「ガノンタス」が戦いを挑むが、鉄砲水に巻き込まれ流されてしまう。

▼感想

今回はゾイドの戦闘シーンは「ハンターウルフ」のみでした。
人物パートが多めの回となっていて、今まで知らなかったキャラクターの性格を見ることができたのは面白かったですね。

ドレイクについて若干の掘り下げがありました。もう少し過去に何があったのかぼんやり分かる程度の情報が出ると思ったのですが、過去に白いギルラプターといたことがわかったくらいで、彼の過去は謎のまま。今後の展開でどのような過去があったのか判明する時が待ち遠しいです。
そして、オニギリはドレイクとソルトと相性が良さそうで、今後ドレイクがフリーダム団に合流するのなら中心的な役割を果たすかもしれませんね。

何気にZボーイズの出番と会話が多かったのも良かったですね。子供メンバーのフリーダム団相手に鉄砲水を使うのはギャラガーもドン引きの外道さな気がする(^^;
スターウオーズの「クローン戦争」のように、Zボーイズだけが登場する回とかやってくれないですかね。デスメタル帝国のモブキャラとしては、RAP隊やソダース、ザマース、アザースがいるので、今後彼らメインの回とか放送してくれないかなぁ。

そして洞窟内でオニギリ達が発見した化石も気になります。今後の物語で全容が分かる時が来るのか気になりますね。

Sponsored Link

ゾイドワイルド第32話「男の意地!負けられぬ2人」
(2019/02/16Sat)


そんな訳で、2019年2月16日にゾイドワイルド第32話「男の意地!負けられぬ2人」が放送されました!

今回はデスメタル四天王とそのゾイドが全員出演。戦闘にも「ステゴゼーゲ」と「ガブリゲーター」が参戦して盛り上がりましたね。特にキャビアと「ガブリゲーター」は久しぶりの登場。あのまま離脱するのでは、と心配していましたが、OPに登場していることもあって出番があって良かったですね。前回の戦いは強さが良く分からなかったり、あまり動かなかったりして微妙でしたが、今回はそれなりに動いて、強さがそれなりに伝わってきて良かったです。

▼あらすじ

デスメタル帝国では「ナックルコング」がメンテナンス中、ドレイクは行方不明となっており、トリフがアラシの持つデスレックスキーを奪いに行くことに。一方、フリーダム団はギョーザとソルトが険悪な雰囲気になっていた。そこにトリフと「ステゴゼーゲ」、デスメタル帝国の再雇用制度で復帰したキャビアと「ガブリゲーター」が現れる。

▼感想

今回は戦闘がメインの回になっていて面白かったですね!

個人的には冒頭の「ナックルコング」のメンテナンスシーンがお気に入りです。メカニカルな感じで格好良いぞ・・!
加えて、トリフとフォアグラの会話や、再雇用制度で現場監督をしているキャビアも登場して、四天王の3人が同じ場所に揃いましたね。場所はデスメタル帝国首都とかだったのかな。
デスメタル帝国四天王それぞれの会話から関係性が伺えるのも新鮮で、トリフとフォアグラはそれなりに同等な感じ、再雇用されたキャビアや新人のドレイク、最終秘密兵器については下に見ている感じが良かったです。君たちそういう関係性なのね。

戦闘については、「ステゴゼーゲ」が健闘して、「ガブリゲーター」はやはりもう少し頑張って欲しいところ。後半にはあのゾイドも登場して、最後までどうなるのか分からない展開は飽きずに見ることができました。

来週は社畜のドレイクが出てくるようで、そろそろ仲間になるイベントが発生しそうな気がします。

ゾイドワイルド第31話「争奪!大遺跡の秘宝」
(2019/02/09Sat)


そんな訳で、2019年2月9日にゾイドワイルド第32話「争奪!大遺跡の秘宝」が放送されました!

今回のストーリー自体はお手軽な感じで、「パキケドス」と「アンキロックス」の活躍が見どころだったと思います。「パキケドス」と「アンキロックス」自体は1話で登場していましたが、本格的な活躍は今回が初めて。まだキットの画像も発売日程も出てきていない未知のゾイドだったので、活躍を見るとワクワクしてきます!

▼あらすじ
分かれ道で他のフリーダム団メンバーと別れて、同じ道を進むオニギリとギョーザだが、途中で村人に襲われる。しかし、トリケラドゴスとガノンタスを見た村人は態度を一変。その後、村長から宝を狙うゾイドハンターを追い払う依頼を受けた2人は遺跡に向かうが、そこにいたのはシュプリーム団のアボカドとガーリックだった。

▼感想
ストーリー自体はほぼ無いようなものでしたが、「パキケドス」と「アンキロックス」の活躍、そしてデスレックス戦に参加できなかったアボカドとガーリックの心境が分かったのが印象的でしたね。

「パキケドス」と「アンキロックス」はワイルドブラストまで見せてくれて、今まで目立った活躍がなく扱いの悪かった2体ですが、専用のワイルドブラストモーションがちゃんとあるのは嬉しい限り。特に「アンキロックス」はガーリックのカットインもあって格好良かったです!
これは早く2体とも欲しいぞ・・。「ディメパルサー」が2月なので、3月とかに発売してくれないですかね。今後の情報に注目です。

アボカドとガーリックを通じてシュプリーム団がベーコンを心から信用していたのも伝わってきて、見た目こそは個性的な2人ですが、今回のお話でぐっと感情移入できるようになったと思います。ベーコンの仇を打ってくれ・・!

来週は「ステゴゼーゲ」が再登場。「トリケラドゴス」と「ハンターウルフ」のコンビで迎え撃つようですが、どのようなストーリーになるのか気になるところ。「ナックルコング」同様に「ステゴゼーゲ」もあっけなく負けてしまって、トリフはささっと「ディメパルサー」への乗り換えしそうな気がします。
簡単にゾイドを乗り捨てる演出があると、デスメタル帝国の非情さが分かりやすいのですが、どうなるのか気になります。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next