ゾイドワイルド第5話「掴めお宝!サソリゾイドの女」
(2018/08/04Sat)


そんな訳で、2018年8月4日にアニメ「ゾイドワイルド」の第5話「掴めお宝!サソリゾイドの女」が放送されました!
フリーダム団のメンバーとなる「ペンネ」と「スコーピア」が初登場!OPのようにオニギリを含めた3人で冒険する姿を見れる時が楽しみです。

▼あらすじ
立ち寄った村で秘宝の噂を聞いたアラシは、それが「古大秘宝Z」と推測。早速、ワイルドライガーと秘宝を探して森に入ったもの、偶然が重なってアラシ1人だけが勝手に絶体絶命のピンチに陥る。そこに現れた「ペンネ」と「スコーピア」に助けられ、アラシは秘宝の話をペンネに話すが・・

▼感想
今回は何と言っても初登場となる「ペンネ」と「スコーピア」が印象的な回でした!特にペンネは魅力的なキャラクターでとても良いですね。ヒロインと頼れるお姉さんキャラクターのようで、ワイルドライガーもペンネには攻撃的な対応をせず、おとなしくメンテナンスしてもらう様子が可愛らしいです。
個人的にはペンネのはねっ毛、タンクトップ、ホットパンツと、好みの属性に加えて、キャラクターとしてもゾイドのメンテナンスができたり、器用なところも良いですね。何気に動物も出て来たりと可愛い要素の多い回でした。

スコーピアの活躍はちょっと控えめな感じでしたが、洞窟内でランタンを尻尾に付けているシチュエーションが良かったです。その後のアラシに全部持って行かれた感じがしますが(^^;
戦闘に関しては、クワーガ戦が行われて、先日発売されたクワーガの販促も兼ねていたのでしょうか。相変わらず敵キャラが濃いですね。名前が凄すぎて、字幕の文字を疑うレベルです。

戦闘でアラシは「ワイルドブラスト」で対抗していましたが、その様子を見たペンネが「デスブラスト」と勘違いしていたのが印象的でした。ペンネは「ワイルドブラスト」よりも先に「デスブラスト」を想像するようで、デスメタル帝国と関係があったのでしょうか。今後、ストーリーが進むことでペンネとスコーピアのワイルドブラスト解放と合わせて、キャラクターの深堀が行われそうな気がします。

丁寧なストーリー展開が行われているアニメ「ゾイドワイルド」ですが、来週はメインストーリーから外れるのか、ワイルドライガー対グラキオサウルスの戦闘回ようで戦闘シーンが楽しみですね。オニギリやドレイクの登場がいつになるのかも気になるところ。特にドレイクは無印ゾイドのレイヴン+ジェノザウラーのように、主人公と別の場所で無双している様子を写してくれないかなぁ。

Sponsored Link

ゾイドワイルド第4話「強敵!デスメタル四天王」
(2018/07/28Sat)


そんな訳で、2018年7月28日にアニメ「ゾイドワイルド」の第4話「強敵!デスメタル四天王」が放送されました!

▼あらすじ
ワイルドライガーと旅に出たアラシは空腹で倒れてしまう。そんなアラシを助けたのは、デスメタル帝国の遊撃隊「RAP隊」。「RAP隊」は”デスメタル帝国から逃げ出したライオン種ゾイドを探している”とアラシに話し、事情を知ったアラシは逃げ出そうとする。そこにデスメタル四天王の一角「ドレイク」と「ギルラプター」が現れて・・。

▼感想
今回は、前半で初めて旅に出たアラシとワイルドライガーのコンビの様子が、後半ではギルラプター戦が描かれました。前半はのびのびした展開で、アラシとワイルドライガーの絡みがとても可愛らしく、自らの意思を持つゾイドならではの表現だったと思います。

後半で生き倒れたアラシを助けた「RAP隊」に関しては、ポケモンのロケット団よりもフレンドリーな感じ。アラシを助けた以外にも、村への仕送りのためにデスメタルで働いているなど、”優しい人”として描かれていて、デスメタル帝国に所属しているのは悪人だけでは無いことを示す重要な役割がありそうです。そもそも第1期からゾイドは共和国VS帝国の構図でストーリーが展開されましたが、どちらが善で、どちらが悪という表現は比較的薄かったと思います。ジェネシスでも最終的にはディガルド帝国との協力がありましたし、今回のアラシとRAP隊、ドレイクの出会いが今後の展開の鍵を握っていそうですね。

戦闘に関してはギルラプターがついに登場!店頭ではアニメに登場しているワイルドライガーが圧倒的な人気ですが、これを機にギルラプターも売れてくれると嬉しいなぁ・・。戦闘では、「ラプトール」を使用した攻撃方法など、ギルラプター単機でも外道な表現が行われていました。もちろんドレイクのキャラクターやデスブラストの表現と合わせて、王道とも言える外道なライバルキャラクターとしての表現が行われています。ライバル側も今後のアラシとの戦いでワイルドブラストを使えるようになるのか等、どのように成長していくのか楽しみです。
戦闘に関しては斬撃カットが多いので、そろそろライガーゼロVSバーサークフューラーや、ハヤテライガーVSヴォルケーノのような肉弾戦が見たいですね。

来週はついにヒロインのペンネとスコーピアが登場。初めて冒険に加わるメンバーとなるのか注目したいです。今回のお話でアラシ一人で旅をさせると生き倒れすることがわかったので、保護者としてペンネやオニギリが仲間に加わって欲しいです(^^;

Sponsored Link

ゾイドワイルド第3話「目覚めよ!ゾイド王の誇り」
(2018/07/21Sat)


そんな訳で、2018年7月21日にアニメ「ゾイドワイルド」の第3話「目覚めよ!ゾイド王の誇り」が放送されました!

▼あらすじ
ワイルドブラストの発動で、デスメタル帝国を追い払ったアラシに、ベーコンのファングタイガーが襲いかかる。”お前にそのライガーは渡せない”と言うベーコンはアラシに特訓として、相棒ゾイドと一体になること、デスメタル帝国のこと、そしてシュプリーム団のチームの絆について教える。

▼感想
今回は特訓回となります。ベーコンの教える内容は、アラシに解釈や理解の変化、そして大きな成長をもたらしたように見えます!ワイルドライガーもアラシの成長に付き合ってくれているようで、ゾイド王のツンデレ感が可愛らしい。目があることで、感情が読み取れるのが良いですね。

発掘や野生ゾイドについても説明があり、私はあまり設定を気にしないのですが、気になる方には良いフォローだったかもしれません。ちなみにキャンディのカブターは野生ゾイドだったようで、自分の持っている相棒ゾイドが野生ゾイドか、人工の復元ゾイドかを想像すると、ゾイドへの愛着がさらに深まりそうですね。

もちろん、デスメタル帝国とのバトルシーンもあり、今回の隊長キャラもキャラクターが濃いざます。
今回のラプトールは連携攻撃を行い、動物としての特性を生かして戦うのは生き生きして良い感じ。組体操の連携攻撃に付き合ってくれるラプトールはノリの良いゾイドだゾ!
バトルシーンもちゃんと描かれていて、今回は食傷気味のラプトール戦以外にも、カブターの戦っている姿を観れたのがよかったですね。

そして、ゾイドワイルド初のCパートでは、ドレイクとギルラプターがチラリと登場。来週はついにワイルドライガーとの戦いになりそうで、どのような動きを見せてくれるのか楽しみです!

Sponsored Link

ゾイドワイルド第2話「襲来!デスメタル帝国」
(2018/07/14Sat)


そんな訳で、2018年7月14日にアニメ「ゾイドワイルド」の第2話「襲来!デスメタル帝国」が放送されました!

▼あらすじ
ワイルドライガーと絆を結んでワイルドブラストを発動させたアラシ。しかし、戦いの最中にワイルドライガーは制御不能になってしまう。駆けつけたシュプリーム団によって難を逃れるが、戦いの後からアラシはワイルドライガーに拒絶されてしまう。理由が分からないものの、様々な方法でライガーへ物理アプローチするアラシにベーコンが声を掛けて・・。一方、撤退したデスメタル帝国メンバーは「ドレイク」へワイルドライガーのワイルドブラスト覚醒を報告する。

▼感想
今回は冒頭にゾイドアニメお馴染みの世界観の説明が追加されました
”ゾイド。それは金属の肉体と動物の本能/闘争心を持ち、生態系の頂点に立つ、最強生命体である。ゾイドと人間が究極の絆を結んだ時、秘められた力が覚醒する。その名は「ワイルドブラスト」!”

ゾイドが機械ではなく、生命体として説明されています。従来のアニメではゾイドを「最強兵器」、「生きた機械」などメカとして説明をしていましたが、ゾイドワイルドでは純粋な「生命体」としての説明が行われているのが印象的です!ワイルドブラストについても説明が行われており、ゾイドワイルドのコンセプトを端的にまとめた良い説明だと思います!説明時に写っている映像も魅力的で、特に骨格形態のワイルドライガーがアニメで初めて描かれましたね。

また、今回もアラシとベーコン、イカヅチの3世代について描かれているのが印象的でした。やっぱり3世代のゾイダーを意識しているよね?
戦闘シーンも良い感じで、必殺技の名前を読み上げるのが良いですね。そろそろ「ラプトール」と「ワイルドライガー」以外の戦いが見たいかな。と思っていたら来週は望み通り、乱戦になりそうで楽しみです!!
そしてライバルとなるドレイクが初登場。イケメンボイスで歴代のライバルキャラクター同様に人気がでそうですね!

ゾイドワイルド第1話「本能解放!ワイルドライガー 」
(2018/07/07Sat)


そんな訳で、本日2018年7月7日からアニメ「ゾイドワイルド」の放送が開始されました!
既にYoutubeで見逃し配信が行われています。「シンカリオン」でも同様に見逃し配信が行われていましたが、公開期間は次回放送までの間だと思うので、まだ見ていない方はお早めにどうぞ!

1話の内容としては、主人公「アラシ」と「ワイルドライガー」の出会いを描いたもの。アラシとワイルドライガー以外にも、主要な人物やゾイドが多く登場して、見所たくさんでしたね。先行公開されていた冒頭5分から修正も一部行われていたようで、パキケファロサウルス種はカラーリングやデザインが大幅に変更されていました。

私は先日のWHFで一足早く1話を見ていましたが、OPやED、CMを挟むアイキャッチはテレビ放送が初見でした。どれも非常に良い感じで音楽は購入決定です。映像もこういう動物メカ(ゾイド)と大自然と冒険の世界観がとても好きなので、思わず魅入ってしまいました。挿入歌も欲しいぞ・・!
タイトルで表示される3本爪の傷跡は、ライガーの指の数と一致しないのですが、これはゾイド第3期であることを示しているのかな。合わせて、各所に見られるアラシの親父(イカヅチ)、ベーコン、アラシの3人もゾイド3世代を表現しているのかも。

アニメで特に気合が入っている、ワイルドブラストのシーンは必見!エフェクトや目の瞳孔が小さくなるのが良いですね!WHFの会場内では、前列なのに思わず身震いしてしまうほどお気に入りです!こういったものを見せられると、エフェクトパーツやゾイドに乗せられる人物のフィギュアが欲しくなりそう。ただ個人的には予想外に「グラキオサウルス」が欲しくなる内容でした。しなやかにマッシブな首や尻尾を曲げるのは恐竜型ゾイドの魅力の一つ。アングル1つを取ってもゾイドをどう見せれば格好良くなるのか、良くわかっている素晴らしいものでしたね。今月の発売が待ち遠しいです・・!

所用があって、放送当日にヨドバシカメラの様子を見てきましたが、仮面ライダーなどと比べると、あまり子供達はゾイド売り場にはいなかった感じがしました。放送時間がちょっと早すぎるのかな。もしそうならYoutubeをぜひ見て欲しいですね。小学生ならYoutubeなどで補完できそうですが、幼稚園児だと厳しいかなぁ・・。夏休みの昼間や夕方に一挙放送とかして欲しいゾ!

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10