ゾイドは引き続き大人気!次世代ワールドホビーフェア ’19 Summerへお邪魔してきました!
(2019/07/03Wed)


そんな訳で、2019年6月29日と30日に開催された「次世代ワールドホビーフェア ’19 Summer」へお邪魔してきました!

目標は先行販売された「ビーストライガー」で無事に購入することができてよかったです!ただ物販の待ち時間が長く、私は9時前に到着して購入が完了するのは12時と3時間くらい並んでいました。前回はこんなに遅くなかったのですが、物販コーナーで列を細かく区切って、全員が購入し終わるまで並んでいる人が待つ流れになっていたのが原因のようです。待機が長すぎて泣き出す子もいて、この辺はもう少し改善して欲しいですね。

購入後はタカラトミーブースへ。ゾイドワイルドとベイブレードを前面に推すブースとなっていて、ゾイドワイルドにはクワーガレアホワイトの復元体験に並ぶたくさんの子供達が!
基本的に復元体験を行う子供達を優先する展示となっていたので、撮影できたのは一部のみですが、以降で簡単に紹介したいと思いますー。



ゾイドコーナーの正面には「ビーストライガー」と「キャノンブル」のパネルが展示されていて、かなり目立っていました。
中央にはモニターも設置されていて、「ビーストライガー」と「キャノンブル」の格好良いCMが流されていたりと見所がたくさん。CMについては今後いつでも見れるようにYoutubeなどにアップして欲しいですね。



メインの展示内容は「クワーガレアホワイト」を復元する際の待機列や、復元後のパーツプレゼントコーナー付近に配置されていて、子供達を優先する展示内容となっていました。
「キャノンブル」などの新型ゾイドのパーツ一覧や改造ゾイドの一覧は大人だけでは中々近づけない感じ。「キャノンブル」やワニガメ種はシルバーの瞳パーツが付属することが確認できます。




ジオラマは砂漠と市街地が展示されていて、基本的には過去のイベントの展示と同様の内容となっています。
隅っこの方には「ワイルドライガー」と「ガノンタス」の改造ゾイドも。


Nintendo Switch用ソフト「キングオブブラスト」の体験コーナーやトーナメントも行われていました、6月のアップデートは「キングオブブラスト2」と言えるほど濃密なものになっていて、タカラトミーの気合が伝わってきます。こちらも盛り上がっていたのが嬉しいですね。


タカラトミーアーツのブースでもゾイドワイルドが推されていて、こちらも盛況でした。

アニメの最終回が放送されたタイミングで開催されたWHFですが、ゾイドワイルドの人気がまだまだある事を実感できてよかったです!今後もこの勢いを継続して欲しいのですが、やはりアニメの力が強いと思うのでゾイドワイルドセカンドシリーズの放送に期待したいですね。


Sponsored Link

ゾイドは引き続き大人気!次世代ワールドホビーフェア ’19 Summerへお邪魔してきました!」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    旧ゾイドを復刻して欲しいです……
    大人になってやっと手には入ると思ったのに……マッドサンダーとウルトラザウルス

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。