ゾイドワイルド第2世代!ビーストライガー見参!先行販売品はエラー品のレアもの?
(2019/07/01Mon)


そんな訳で、次世代WHFで先行販売された「ビーストライガー」のレビューが完了しました!

次世代WHFには29日(土)に行ってきました!「ビーストライガー」のレビューは月曜日までに完了させることを目指して、月曜日は有給も取得済み。無事に日曜日にはレビューページの掲載、そして月曜日には動画のアップまで完了させることができてよかったです!

「ビーストライガー」自体はとても格好良く期待値が高かったのですが、実物も期待通りの格好良さで、レビューの画像や動画の時間がついついボリュームあるもののになってしまいました。

そして1番驚いたのは箱裏や「復元の書」が旧ゾイド風の路線を取り入れていることです。
箱裏には第1期ゾイド風に改造バリエーションが載っていて、バトスト風のストーリーが載っているのも第2期ゾイドのようですね。何よりも改造バリエーションとストーリーが渋いのが衝撃的です。
「ビーストライガー」の組み立ても小さなパーツが目立つようになりましたし、ここに来て一気にユーザーの年齢層を広げてきた感じがしますね。

実際に次世代WHFでは、自分のゾイドを持ち込むとカスタマイズパーツをもらえる企画が全年齢向けに行われていました。ツイッターの情報をみると中学生以上のユーザー(大人?)が殺到したことから、小学生優先に切り替わったようですが、タカラトミーの動きとしても中学生以上を狙っている感じがしますね。

個人的にはもう少し子供路線で続けて欲しいと思っているのですが、ゾイドワイルドのセカンドシリーズの展開が楽しみです!


Youtubeにアップした動画は、私の他レビュー動画よりも時間が長め。それだけ「ビーストライガー」は紹介する箇所が多い魅力的なゾイドになっています!

今回からはOPアニメーションも採用して、セカンドシリーズでもYoutubeに力を入れて行きたいです。「ビーストライガー」は格好良いし、うちの娘がトゲトゲ言っているのもなんだか可愛いぞ・・!


レビューページはボリュームが多くなってしまったので、いくつかの画像を割愛しています。
こちらの画像はレビューページでは割愛したものの、動画で採用しました。

ちなみにツイッターを見ていると、先行販売された「ビーストライガー」の座席が色こそは赤いものの「ファングタイガー」の物になっているようですね。
本来は「ワイルドライガー」と同じ物のようですが、先行販売のみのエラー品となるのでしょうか。それはそれでレアモノになりそうですね。(ゾイドワイルドのランナー構成的にエラーの可能性は低そうですが)

本来の「ビーストライガー」の発売日は7月27日なので、一般販売される「ビーストライガー」で座席がどのようになっているのかも注目ですね。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。