ゾイドワイルド第49話「最終決戦!デスメタル帝国」
(2019/06/23Sun)


そんな訳で、2019年6月22日にゾイドワイルド第48話「最終決戦!デスメタル帝国」が放送されました!

タイトルにある通り、ついにデスメタル帝国との最終決戦が始まりました。ゾイドアニメの最終決戦といえば、歴代のアニメでも名シーンが多いので、今回もどのようなラストになるのか気になるところです。

ラスボスとなる「デスレックス」とはすでに何度か戦っていますが、今回は真のデスブラストキーを使用した完全なデスブラスト状態。過去のデスレックス戦ではアラシをかばったため「ファングタイガー」が勝てず、シュプリーム団との共闘でも勝てなかった強敵ですが、残りの戦力で勝てるのかは正直言って厳しい感じがしますね・・。

これまでの冒険の総括として、出会った仲間たちが応援に駆けつけてくれるのを祈りたいところです。

▼あらすじ

デスメタル帝国に乗り込んだドレイクと「ギルラプター」だが、ギャラガーと「デスレックス」には到底歯が立たなかった。
そしてドレイクを追うフリーダム団の元にラッキョーから、ドレイクが捕らえられていることと、デスメタル帝国本拠地の場所が伝えられる。デスメタル帝国へ向かうフリーダム団。しかし、デスメタル帝国本拠地では猛烈な戦力がフリーダム団を待ち構えていた。

▼感想

総力戦となりますが、戦力の差は圧倒的。
フリーダム団はメンバーを分散してなんとかアラシだけは、ギャラガーの元にたどり着きますが、残りのメンバーの安否も気になりますね。「ハンターウルフ」やペンネ、「スコーピア」は明確に負傷している描写がありましたし、特にペンネは出血もしていて痛々しい・・!

デスメタル帝国側も「ナックルコング」が再登場!こちらもボロボロの状態で出てきたようで、「ギルラプター指揮官機」と同様にデスメタル帝国ゾイドとして信念を持っていそうです。途中の戦闘でオイルらしき液体が吹き出したりと、敵ながらもギリギリの状態で戦っている感がして、手に汗握る展開でした。「ナックルコング」との戦いは決着しますが、決着の方法が初戦と同じなのが良いですね。違うのはフリーダム団とシュプリーム団にも甚大な被害が出たことでしょうか。この調子だとシュプリーム団のゾイドは全滅してしまうような気がします・・。

「デスレックス」については、壁画に描かれていたワイルドブラストキーがまだ登場していたのが気になります。ギャラガーは「デスレックス」を使って世界を支配することが目的だと思いますが、「デスレックス」の目的がまだ不明で、過去に絆を結んだ人物を探しているのか、ゾイド王の「ワイルドライガー」と戦うことで何かを得ようとしているのか、気になるところですね。

色々と気になる要素の多いゾイドワイルドですが、最終回で全てを綺麗に片付けることができるのか注目したいです。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。