ゾイドの密度が凄まじいことに・・!静岡ホビーショー(2019)に参加していた一般ゾイド作品!
(2019/05/14Tue)


そんな訳で、2019年5月11日から12日にかけて一般公開が行われていた「静岡ホビーショー」で、一般モデラーが作品を展示していた「モデラーズクラブ合同作品展」のゾイド関連の展示作品をご紹介したいと思います!

毎回、来場者がすごいことになっているので会場を回るのも一苦労でした。コミケ級の人混みの中で撮影するのはなかなか骨が折れますね。なんとか会場内を2周できましたが、撮影漏れがあるかもしれません。

撮影機材は機動力を優先してズームレンズにしていますが、安価なキットレンズなので写りはソコソコ。SNSを見ていると高画質の写真をアップしている方もいて、性能の良いズームレンズを導入するか検討し始めました。買うのなら「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」かなぁ・・。

▼コックピット&ミートボール Ren


ふすなさんの展示はお馴染みの「ブレードライガー」と「コマンドウルフAS」、そしてスタンドリバーで2体に増えた「帝国コマンドウルフ」でした。「帝国コマンドウルフ」は飛躍感のある展示が良いですね!ゾイドは同じゾイドを2体以上並べると群のように見えるのもまた素敵です。

▼吉本プラモデル部

吉本プラモデル部さんでは「ハンターウルフ」が展示されていました。作品カードはありませんでしたが、旧ゾイドの「ソードウルフ」風に塗装された「ハンターウルフ」は雰囲気が鮮やかに変わっています。塗装だけでこれほど「ソードウルフ」の雰囲気が出るとは驚きでした。

▼秋葉原工作室


秋葉原工作室さんではゾイドやヘキサギアなどを使用した展示が行われていました!大迫力の「HMMゴジュラス」3体と「HMMバーサークフューラー」2体の展示になっていて、「HMMゴジュラス」は2日目に青いタイプが追加されていました。圧倒的すぎる質量の暴力にヘキサギアは対抗できるのか・・!?

▼駒澤大学Modeler’s

駒澤大学Modeler’sさんでは展示者ごとにモチーフや色を決めたコンテストが行われていました。来場者がシールで投票できる参加型の展示は面白いですね。

▼岩井稔さん






卓の名前は失念してしまいましたが、岩井稔さんは大量のゾイドワイルド作品を展示されていました!数だけではなく、丁寧に塗り分けられたゾイド達は必見で、個人的にはハンターウルフの落ち着いたカラーリングと丁寧な塗り分けが非常に好みです。道ゆく親子連れも高確率で反応していて、クワーガの名前を言えず、子供に指摘されているお父さんがいたりと微笑ましかったです。

▼エーデルワイス


猫魚さんは「エクスドラゴン」と「ハイドロシャーク」での参加。ゆうシンさんがモデリングを担当された「ECHOBLASTER」の展示も。
こちらも親子連れが反応していて、「エクスドラゴン」を見ながら爪に「バスターイーグル」が使われていると見抜くお子さんは何者だったのか。

▼プラギルド&OZ(仮)とガイア

ガンプラのコンテストで上位に入賞されているぜっつーさんは帝国仕様の「ライガーゼロパンツァー」を展示されていました。丁寧な仕上がりが格好良いです!

▼MGS

「ガンギャラド」や「バトルクーガー」など第1期ゾイド末期のゾイドにブロックスを取り付けた作品の展示もありました。「スコーピア」をベースに「ショットウォーカー」を再現した作品はヘキサギアのガバナーが乗っているのが良いですね。

▼名古屋模型愛好会



名古屋模型愛好会さんでもゾイドの展示があり、作者ごとに塗装の表現が違うので個性が出ていて良いですね。

▼Plainswalker

つんさんのストームソーダーも展示されていました。先日のスタンドリバー会戦後に断線が発生したりと、トラブルが発生していたようですが、静岡ホビーショーでは修理した状態で参加されていました。これほどの電飾を追加された作品を修理するのは相当大変そう(^^; わずか2週間で完了されるのは凄いです。会場内ではエンジンの噴出ギミックを見ることができました。

▼”非公認”ホビコムモデラーズの輪

”非公認”ホビコムモデラーズの輪では、スタンドリバーで展示されていた作品を再び見ることができました。

▼マッスルゾイドクラブ

マッスルゾイドクラブは圧倒的な密度の展示になっていて、作品の密度では会場内でもトップレベルだったのでは・・(^^;
リーダーのマッスルゾイドバスさんはガンプラとゾイドでの参加。ガンプラは西館の入り口付近に展示されていて、来場者の目を引いていました。





keiさんの作品群も数が凄いことに・・!
今後はより大型の作品を作るプランがあるようで、そちらも楽しみです!
RIO=Kさんの「HMMキングゴジュラス」に続いて関西ゾイダーの大型作品ラッシュが来そう(^^;


メガミデバイスをベースにしたアリスギアキャラクターの再現や、FA:Gの改造作品の展示もありました。

今回は一泊して2日間の参加となりましたが、撮影したり会場内を見て回るのは、1日目の終了直前が良いことがわかりました。基地に帰るため走行している16式機動戦闘車も見れましたし・・!
次回からも1泊するようにして余裕を持って回りたいですね。

そして今回はゾイドワイルドが展開中のタイミングでの静岡ホビーショーとなったからか、「モデラーズクラブ合同作品展」でゾイドの展示が多いのが印象的でした。来年のゾイドワイルドの展開がどうなっているのかはわかりませんが、このままゾイドが盛り上がってほしいですね。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。