ファングタイガーとスパイデスを購入しました!
(2019/02/03Sun)


そんな訳で、ファングタイガーとスパイデスを購入しました!
発売は先週でしたが、次世代WHFやワイルドライガー紅蓮のレビューなどもあり、2月になってようやく購入することができました。

ワイルドライガーと基本フレームを共有するファングタイガーは、シールドライガーとサーベルタイガーの関係を連想し、ワイルドライガーと比較するとさらに魅力的に見えてくると思います。元は主人公機になる予定だけあって、ワイルドライガーに引けを取らないデザインが素晴らしいです!

スパイデスは新規構造になっていて、今までのクモ型ゾイドの設計に囚われない発想が新鮮で、開発チームの意欲を感じさせる完成度になっています。クモが苦手な人にはお辛いのでは・・?と思えるデザインが魅力的です。

レビューは今週中に行う予定ですが、以降では簡単に紹介してみたいと思いますー。


ファングタイガーの全体はこんな感じ。
ゼネバス帝国ゾイドを彷彿する曲面の多い装甲が特徴的で、ワイルドライガーと比べると装甲の面積が小さくなっているのがスマートな雰囲気を出していて格好良いです!
目のスリットもハンターウルフ同様に格好良くデザインされていて、イケメンゾイドになっています。


ツインドファングは事前にコロコロの付録で配布されていましたが、やはりファングタイガーの専用武器だけあって、一体感が良い感じ。コロコロで配布されていたツインドファングを使えば、ツインドファングと2セット取り付けられるのも嬉しいところ。


ワイルドライガーと並べると兄弟機や師弟機のような雰囲気がでます。
並べてディスプレイしたいです。


スパイデスは新規の動力設計の他、豊富な手動ギミックがあり見どころの多い小型ゾイドになっています。
目も可愛らしいと思うのですが、アニメで目がどのように動くのかはとても興味があります。


全身のパーツを変形させることで、ワイルドブラスト状態になります。
個体差なのか、私のスパイデスはライダーが乗っている装甲を動かし難かったです。動画を撮影する時は大変そう。


背中には骸骨のようなディテールが入っています。
コンソール周りの黒のパーツはどこか口を大きく開けているようにも見えて、初見ではどこか鬼のような雰囲気も感じました。お面パーツとして改造につかっても面白そうですね。

レビューはWFまでには行いたいところです。
WFの前日はいつものように会場近くのホテルを予約しているので、最悪はホテルに缶詰になって作業を進めましょうかね。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。