ゾイドワイルド第30話「心の痛み 過去と毒針」
(2019/02/02Sat)


そんな訳で、2019年2月2日にゾイドワイルド第30話「心の痛み 過去と毒針」が放送されました!
今回はペンネ回となっていて、意外と重いペンネの過去や、ナックルコングとの再戦、可愛らしい人妻キャラの登場など、見どころが豊富でした。

▼あらすじ
3つの分かれ道で各々が好きな方向に進み、3日に分かれ道に戻ってきて、どちらに進むべきか判断することにしたフリーダム団。アラシはペンネと同じ道を進むが、道中でスコーピアが足を怪我してしまう。偶然出会ったカレルにスコーピアの治療をしてもらい、お礼に2人は草むしりをすることに。草むしりの途中で両親のことを思い浮かべたペンネは、アラシに自分の過去を話し始める。

▼感想
前回の29話でソルトが話していたスコーピアの足の傷について具体的な経緯が出てきましたね。ペンネちゃんどれだけ辛い過去を持っているの・・。今回はスコーピアが同じ箇所を怪我することで、ストーリーが進むのですが、治療後もスコーピアの足のアップが度々映るので、また怪我をするのではないかと心配になりました(^^;

ナックルコングとの再戦も行われましたが、ナックルコングの胸熱拳で赤いハイライトが増えるのはクライマックス感があって良いですね。ナックルコングVSハンターウルフも行われて、ハンターウルフとソルトは初めてゾイドワイルドを見た人が主人公と勘違いしそうなくらい存在感がありました。新製品とは言え、ハンターウルフを猛烈に推していますね。すでに持っているけどもう1体欲しくなってくる。

3体同時にナックルコングへワイルドブラストを打ち込むことで、ナックルコングを退けますが、ナックルコングが再登場できるのか気になるところ。キャビアとガブリゲーターも再登場を待っているのですが、なかなか再登場せず、フォアグラとナックルコングもこれでフェードアウトしないようにしてもらいたいところ。


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。