コトフェス2017の第4部にお邪魔してきました!
(2017/12/23Sat)


そんな訳で、コトブキヤで行われている、コトフェス第4部の1日目にお邪魔してきました!
いつものように大宮始発の電車でのんびりと会場に向かって、電車の遅延はあったものの開店20分前にはコトブキヤ立川本店に到着しました。

その後は誘導に従ってイベント会場に移動して、作品を直接机に展示して準備完了です!ちょうど1年前に同じ場所で開催されたゾイド関連のイベント「スタンドリバー会戦」では、コトブキヤのチェックを受けた後、スタッフの方に作品を移動してもらう流れでしたが、自分で直接作品を設置できるのは良いですね。

「コトフェス第4部」はFAやFA:G、ヘキサギア、メガミデバイスなどのコトブキヤオリジナルキットのイベントでした。
実際は展示作品でコトブキヤ製品をベースにしながらも、何となく他社製品っぽい部品が使われいる気配もしたりして、けっこうゆるりとした基準だったようです。他にも3DCADの講義や、射出成型体験コーナーといったコトブキヤスタッフの方と参加者がコミュニケーションする展示や、会場内にはコトブキヤのスタッフの方が多く配置されていて、コトブキヤキットについてゆるりと質問したりできる、ゆるりとしたユーザーフレンドリーな空間になっていました!

私も参加してきましたので、会場の様子を簡単に紹介したいと思いますー


私が持ち込んだ作品は先日完成した「FA:Gレイナ嬢」と「バルチャー・テンペスト」でした!
「バルチャー・テンペスト」の方はコトブキヤキットのみで構成されていますが、レイナ嬢は髪部分を他キットの髪にパテを盛りまくって移植したもので、さらにフライングベースの台座にはあろう事か「ガイロス帝国」の国旗が!さらに支柱部分はfigmaのスタンドだったりします(^^;
会場内ではなかなか多くの方に撮影いただいていたようで、ありがたい限りです!

▼コトブキヤの展示

コトブキヤの展示はオリジナル製品同士を組み合わせた作品を展示していました。
特に入り口付近に展示されている恐竜型メカ「オールイン・ジ・アース」はド級の作品でした。



コトブキヤ製品のみで構成されているようで、顔の表現方法などパーツの使い方が素晴らしいです。
ディスプレイされているスタンドもブキヤ製品を加工したものになっていて、天井の照明を入れている部分ですらコトブキヤ製品を使っているこだわりの作例でした。使用しているキットの数も恐ろしいことに・・



その他にも様々な作品や新商品の展示が行われていました。
組み替え作品に動物型が多くあったのが嬉しいですね。


展示イベントの隣の会場ではヘキサギアを利用したボードゲームが行われていて、ゲームの様子は展示会場でもスクリーンに映されていました。

そしてユーザー持ち込みの展示作品はすごい数が集まって、特にFAとFA:Gは数が多すぎて机の拡張が行われるほどです。
流石に全ては紹介できないので、今回は気になった作品のみを紹介させてもらいます!

▼FAの持ち込み作品


FAの作品は「バルチャー・テンペスト」のお隣に展示されていた青色の作品が印象的で、人型メカが多いFAの中でも、動物型を抜いてさらに個性的でした。あとはツイッターで話題になっていた、FAでドラゴン型を作成した作品を直に見れたのが良かったです。終わり際にはバルチャーテンペストと並べる事ができました!

▼FA:Gの持ち込み作品

FA:Gの持ち込み作品はオリジナルからアニメの再現まで様々な作品が展示されていて、ガールをベースにしながらも多様性がすごいことに!


某氏の整備娘さんは糸目とタンクトップが目の保養になります!ありがたい!!


どことなくゾイドオーラを感じる作品や、ツイッターで話題になっていた作品も展示されていました。


レイナ嬢のお隣さんは発売されたばかりのラピッドレイダーを改造した作品で、電飾を追加する加工が多くの作品が展示される会場内でも目を引いて印象的でした。


FAとFA:G組み合わせたジオラマは相性が良くて、見ているだけで物語が始まりそう。

▼ヘキサギアの持ち込み作品

ヘキサギアは新型の「アグニレイジ」が初公開されました!
おおさかホビーショーで撮影禁止ながらもチラ見せされていたヘキサギアです!
スタッフの方にお聞きすると、大型のヘキサギアになるようで、サイズ的にはボルトレックスの2倍、発売日は来年の後半のようです。今後はブログや模型誌での告知、WFで原型の展示が行われるとか。
大型のワイバーン型のヘキサギアで、タイヤがないのでゾイドっぽさが強くなった感じがします。とても楽しみです!


ヘキサギアは某氏が作品を持ち込まれていて、他には白黒の迷彩を施した作品が印象的でした。

▼メガミデバイスの持ち込み作品

メガミデバイスは他のシリーズと比べると意外と展示作品が少なくて、今月発売される忍者で巻き返しがありそうです。


それにしてもFAとFA:Gの勢いは凄まじく、机の上にみっちり展示された作品の数には圧倒されました。

ゾイド要素が全くない展示会に参加するのは久しぶりですが、こうして普段は余りコミュニケーションがない層と交流するのは興味深いです。参加者は私のようなおじさん層も結構いらっしゃいましたが、やはり若い方が多く活気を感じることができました。

特にヘキサギアが「アグニレイジ」の投入で、HMMに抵抗がないゾイダーを取り込みにきている感じがして、ゾイドForで充電中かもしれないタカラトミーゾイドにもそろそろ再起動を頑張ってもらいたいですね。


Sponsored Link

コトフェス2017の第4部にお邪魔してきました!」への4件のフィードバック

  1. サハガナ

    はじめまして、会場で見ましたバルチャー改造機に一目惚れしてしまいました…ゾイドに興味はあるのですが組むのが難しいとのことで…ですが組まずに避けるのも…と思ったので組んでみようかと思うのですがおすすめなどありますでしょうか?

    返信
    1. kino 投稿作成者

      サハガナさん
      ありがとうございます!バルチャーは改造しやすくて良いFAですね!

      ゾイド関連では、現在入手し易いコトブキヤのキットでは
      ▼中価格帯
       ・カノントータス(カメ型)http://amzn.to/2pw2tZd
       ・ガンスナイパー(ラプトル型)http://amzn.to/2DOIGqT
       ・シャドーフォックス(キツネ型)http://amzn.to/2latFY4
      ▼高価格帯
       ・ストームソーダー(翼竜型)http://amzn.to/2pv64Xj
      がおすすめです!
      どのキットも組み立て易くて、私はどちらかというと初めて組み立てたFAのバルチャーのほうが大変でした・・
      慣れている人なら3時間未満で組み立てることができますが、初めてなら年末年始の隙間時間にのんびり組み立てると良いかもしれませんー

      返信
      1. サハガナ

        ありがとうございます!
        フレームアームズとガール、ミニプラくらいしか組んだことないのですがストームソーダー注文しました
        次はフォックスかサイクスにしてみようかと思います

        返信
        1. kino 投稿作成者

          おぉ、ストームソーダーとはなかなか良いチョイスをされましたね!
          フレームアームズとガール、ミニプラを組んだことがあるのなら問題なく組み立てることができると思います!ボリュームあるキットなので、組み立てた後に遊びがいがありますよ!
          次はフォックスかサイクスとのことで、どちらも人気のゾイドでおすすめです!
          サイクスは若干、関節がヘタレやすいかもしれませんが(^^;

          返信

サハガナ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。