「シン・ゴジラ造形作品集」発売記念ディオラマ展示会にお邪魔してきました
(2017/04/08Sat)


そんな訳で、コトブキヤの秋葉原館で開催されている
シン・ゴジラのジオラマ展示会にお邪魔してきました!
ツイッターで鳥山とりを氏のこちらの作品を見て、
デジイチを持って行ってきましたが、ゴジラ本体や電飾、
東京駅周辺のジオラマが凄まじいことになっていますね・・!

ホビージャパンから発売された本に掲載されている作品の展示会とのことで
シン・ゴジラ劇中のシーンを再現した様々なジオラマが展示されていました
気になる方は明日の13時まで展示が行われているので是非見に行った方が良いですよ!

開催中の展示会なので今回はピンポイントで
2作品のみ撮影してきた写真を紹介してみますー

SPONSORED LINK




シン・ゴジラが小さく見えるビル群の中で放射熱線を放つシーンを再現していて、
熱線は色や点滅速度が変化するようになっていました

熱線放出時の紫色の状態では口と尻尾の先端から順次熱線がでるようになっていて、
しばらくするとエネルギー切れ状態の赤い色に変化していました
まさか、あんな事が・・!

電飾はただ光るだけではなく、
中心からグラデーションを掛けて色が変化するようになっていて
実物をまじまじと見ましたがどんな作りになっているのですかね・・
すごすぎて解析することができませんでした(^^;


実際に電飾の変化の様子を動画で撮影してきました
丁度、BGMがエネルギー切れの口内の爆発とタイミングが合って良い動画が撮れました
爆発用に電飾が入っているのも芸がこまかいですね・・!



そして話題の無人在来線爆弾を再現したジオラマは巨大で迫力がすごかったです
電車のグネグネ具合や色味が劇場のシーンそのままで
またシン・ゴジラを見たくなってきました

すごい電飾の作品を見ていると自分も電飾を施した作品を作りたくなってきますね


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。