全日本模型ホビーショー(2013)
(2013/10/13Sun)


そんな訳で、全日本模型ホビーショーに行ってきました
午前中に雑用を終わらせて、午後から突撃しました
最初は会場を間違えて、WFなどが開催されている1〜8ホール付近を
徘徊していましたが、ホビーショーは9ホールで開催されているのですね(^^;

ゾイド関連のいろいろな企業が参加していたので
のんびりと徘徊してみました

▼コトブキヤ

コトブキヤではHMMゴジュラスの組み立て実演が行われていました
昨日、一昨日もずっと組み立てていたようで、一般家庭にありそうな
ちゃぶ台の上で組み立てられるゴジュラスは妙なリアル感がありました
手伝えるのなら手伝いたい・・

積み上げられるランナーのタワーは恐ろしいことになっていました
これは正月をゴジュラスに捧げる覚悟が必要になりそうです


組み立てたゴジュラスは前に展示されていて、自由に触ることができました
私もガシガシ触ってみましたが、前傾姿勢にしても
バランスよく自立しているのは驚きました

気になる点としては、尻尾の間接が上から差し込んでいるだけなので
稼働させるとすぐに分解してしまいました
これはゴジュラスの持ち方や動かし方のコツを覚えないといけなそうですね


後ろにゴジュラスの箱が展示されていましたが
これは持ち帰るのは不可能そうなサイズすぎです(^^;


意地悪をして、もっと全景姿勢にしてみましたがこれもバランスが取れていました
顎はシリンダー部分で二重間接になっているようで、可動範囲は広そうですが
この間接で小型ゾイドを咥えて保持することができるのかちょっと心配です


あと、キャノピーの展開はこれが限界でした


話題のZナイトパネルも展示されていましたが
あまり見ている人はいなかったような気も
ほとんどの人がゴジュラスの大きさや、ランナーの狂気っぷりに驚いていました

▼グットスマイルカンパニー

グッスマではねんどろいどのぜかましちゃんや、
ガルパンのfigmaが展示されていました
ぜかましちゃんはエロい・・


ねんどろいどとfigmaの横にはグッスマが代理店を勤めている
3ゼロのシールドライガーが展示されていました


具体的な発売時期もわかってきて、あとはお値段が気になりすぎます

▼トミーテック

トミーテックではMSSサラマンダーなどの新作を展示していました
ゾイドは鉄道模型と同じく、トミーテックブースの入り口に展示されていたり
係の人の服にゾイドのロゴが貼ってあったりして、気合いが入っていました


MSSサラマンダーはかなり良い感じ
羽のボリュームがあって、ゴテゴテしたディテールは実にゾイドらしいです




各部分はこんな感じ
MSSはHMMのように過剰なアレンジをせずに
正常に進化させていて、見ていて安心感があります


係の方にお願いして、後ろを撮影させてもらいました
ゾイドらしい間接のキャップやシリンダーが素敵です
ちなみにミサイルの発射ギミックは無いそうで
このサイズではさすがに厳しいようですね


付属するジオラマは基地風のベースと、支えるためのアームがあるようです
基地ベースにはジオラマベースのミサイルが取り付けられるとか


同じく新作のコマンドウルフも展示されていました
こちらも良い感じですが、周りの人の声を聞いていると
小さい事には好意的な意見が多いのですが、
値段を見てどん引きしている人がけっこういました(^^;



ジオラマベースを利用した展示も行われていました
シンカーが壁掛けされているのはかなり良い感じで
この斬新な発想のジオラマをもっと早く見ていれば、
ジオラマベースを買っていたかもしれません


模型誌の作例も展示されていて、HJの青色のゴドスは特に格好よくて印象的でした


会場の様子はこんな感じ
人は多いものの、歩くのに支障はなく、休憩ゾーンも多いので
快適に過ごすことができました


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。