zoikino!

  お気に入り度:★★★★★
  製作時間:8時間


HMMゾイド第19弾、HMMグレートサーベルのレビューです
コトブキヤゾイド会議にて先行販売されたものを購入しました
セイバータイガーの販売はこれで3機目ですが
追加武装によってバランスが一番良いシルエットになっていますし
カラーリングもメリハリが効いていて、一番カッコイイと思います


いつものように箱から
シールドライガーの42部隊を粉砕するグレートサーベルが描かれています
さらにイベント限定でマーシーラビット氏のサインをいただきました!


前後から
曲面が中心のタイガーに、角張った武器が付けられています
タイガーがよりゴツイ印象になっています



前後左右上から、ウイングの追加により横幅が増えたのはもちろん
武器のシルエットがタイガーの胴体よりも長いので、
横から見ると結構なボリュームに

ここからは追加武装です

武装は肩についているのが「アサルトユニット」
腰についているのが「パワーバランスユニット」です

▼20mmソリッドライフル

まずは、20mmソリッドライフルです
タカラトミー版とくらべると、何倍もの大きさになっています


アサルトユニット本体との接続部分には可動軸がありますが
ベルトが干渉して、思うように動かせないです
他のコトブキヤの武器を取り付ける穴もあります

▼8連ミサイルポッド

8連ミサイルポッドの展開は回転軸による表裏リバーシブルで再現されています



多重関節によりスムーズに展開して
綺麗にしまうことができます


もちろんミサイルポッドが格納される部分にもディテールが入っています

ちなみに頭部は鼻の部分だけ黒になっています


アサルトユニットだけでもかなりのボリュームになっています(^^;

サブジェネレーターとウイングバランサーの複合増強システム「パワーバランスユニット」です
ゾイドコアに頼らず、ビーム兵器が使えるとか


前方はシュバルツ使用と同じパーツを使っています
後方のウイング部分が新規パーツとなります


ウイングは左右へ展開するための軸が移動するので、可動範囲が広いです
基部には、サブスラスターがついています



ウイングの可動
個人的にタカラトミーのように斜めに広げた状態が好きです


ウイングはHMMグレートサーベルの最も目立つ部分なので
ウイングの角度を変えるだけでも、受ける印象が変わってきます

▼テールウイングスタビライザー

従来の尻尾の装甲を取り外すことで、付けることができます
一応、尻尾の装甲も付くので、ウイングが無い状態にもできます


そんなわけで、HMMグレートサーベルレビューでした
シュバルツ仕様と比べると、バランス良くボリュームアップしていて良い感じです
何よりも大型化したウイングがカッコイイです

今回は先行販売を購入しましたが、一般販売も予約してしまったので購入予定
もう一体並べるか、改造に使うか迷うところです
改造パーツとしても優秀なゾイドになると思っています(^^;
>>トップページ


ZOIDS EPZ-003 グレートサーベル (1/72スケールプラスチックキット)
ZOIDS EPZ-003 グレートサーベル (1/72スケールプラスチックキット)
壽屋 2010-05-18
売り上げランキング : 1370

おすすめ平均 star
star黒い稲妻!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ページ上部へ