機獣英雄伝ワ○ル >>機人? >> 叢(むらくも)

1073359013_1.jpg

作者

翁嶌 浩聖

機獣解説

最も進んだ技術を持ち、繁栄した第七階層。その中で最大級の三つの都市「暁」「東雲」「曙」。そのうち「東雲」が闇騎士の侵攻を受けた時、六忙星の方陣の中から出現した巨大な人型は言い放った、「獣達の時代は終わった、これからは『人』の領域だ。」と。機獣を超えた存在「機人」の前に、闇の中からの騎士は成す術が無かった…。

機人「叢(むらくも)」  都市「東雲」を造ったといっても過言ではない企業「草薙総合(元・草薙重機)」が秘密裏に機獣を徹底的に研究・昇華し、作り出した新たなる境地「機人」の第一号機。胸部及び脚の横に設置されているのは装甲ではなく「術式開門発生装置」と呼ばれるもので、簡単に言うとここを通して魔法(みたいな技)を使う。使える技は搭乗者のレベル(のような物)によってバリエーションや威力が上がっていく。基礎的なものは七つの火球を放つ「フォックス・フレイム」や地面をホバー移動する「フィールド・ドライブ」、上級は膨大なプラズマで敵を蒸発させる「プロミネンス・フラグメント」など。まだ空は飛べない。

 搭乗者は元・用心棒兼私立探偵で静かな生活を好むセンガ・オウドウ(日本名:凰堂 旋牙)。昔から変人に好かれやすく、思考が年寄りくさくなった。草薙総合現党首(名前は未定、多分少女)によって半ば強制的に契約を結ばされた。しかし初搭乗にして説明も無しに叢の対人インターフェイス(人の姿をしている。えらそうな口調の少女)とコンタクトを交わし、闇騎士を撃退した。ちなみにこの叢のシステムには遺跡から発掘されたオーパーツが使用されており、まだまだその能力は未知数。 敵攻撃時「お前達が、お前達が来るから…」『そうじゃ、もっと言うてやるがいい』「俺の平和な生活が無くなったんだ!」『…お主、やる気があるのか?』 敵攻撃回避成功時『ワシを舐めるでないぞ』「操縦してるのは俺だけどな」 敵攻撃回避失敗時『もっとよく見て動かぬか!』「お前が重いからだ」

某廃棄王女やら悪魔殺しの影響を受けまくって始動した「第七階層」です。私の趣味丸出し!(威張れません) 「人が死なない」の絶対条件は厳守するようにしますので(「敵を蒸発」とかは書いてますが)、なにとぞよしなに。


添付ファイル: file 511件 [詳細] file1073359013_1.jpg 847件 [詳細] file 498件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-15 (月) 01:01:33 (4268d)