ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

ヴィント・シュトース
ヴィント・シュトース
1 2 3 4 5
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
6 7 8 9
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者
トカ公
分類改造ゾイド
シリーズZi-Makers
投稿日2007/04/09 15:44:40
最終更新2007/04/14 17:15:08
閲覧数5326
コメント数7
添付サイズ508(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
前後の作品
more new workmore old work
コメント
 こんにちは。お久のトカ公です。某大会にも無事(なんとかギリギリで)
投稿できたようなので、こちらにも投下です。なお、本作の制作にあたって、
アドバイスを幾度となくしてくださったオグラさんに、ここで深く感謝の意を表させていただきます。ありがとうございました。
  
全長13.68m 全高8.28m 全幅5.5m 全重量29.5t 最高速度280km
武装 ヒートキラーバイト、ヒートチェイスクロー、ブレイカーユニット、
ヒートキラークロー、ヒートスパイク、バーニングジェット、
テイルカッター改、ヘルファイアー、ライトヘルアーマー改、二連装パルスレーザーガンなど多数。

 発見当初、バイオゾイドはその装甲性能により、各国の軍事企業の注目を集め、一部の軍では量産型も作られ各国で研究が続けられていた。
しかし、その結果、様々な欠陥が露呈することになった。
 まず、機体そのものの汎用性は有無に等しく、機体寿命も他のゾイドと比べ
著しく短いこと。その上生産コストも通常の機体に比べ数倍かかることから、
わずか数年で各国は研究を取りやめていった。
 しかし、研究者の一部には「バイオゾイドにはまだ将来性がある。」と考え
もっとも安価なバイオラプターをベースに研究および開発が続けられていた。
その結果完成したのが本機である。追加装甲は最小限度に抑えられ、ブレイカーユニットにEシールドを搭載することで対処し、索敵能力向上のため取り付けられた頭部センサー、高感度カメラアイにより俊敏な機体に対しても容易に対処でき、格闘戦の向上に成功。さらに、排熱口の大型化、駆動系統を一新し、オーガノイドシステムを搭載することによって、機体増加に伴う機動性の低下と、寿命の短さも解決した。エネルギーの消費の多さもエレクトリックデスチャーヂャーによって、戦闘可能時間の小規模な拡大にも成功している。
以前よりもさらにコストがかかる機体となってしまったが、戦闘能力は、
メガラプトルに迫るものがある。

 初めは、ワイバーン型を作っていましたが、羽が製作できず断念し、
Bラプターをもう少し格好良くしようと製作開始。脚、腕、頭は、エポパテでフルスクラッチし、同時に可動化したためメガラプトル並みの可動を楽しめます。足の指も動かせますが、塗装した結果、なぜか以上に硬くなり、一本しか動かせません。(汗
そして、フューラーっぽくすべく白く塗装してみると..。骨に逆戻りしてしまいました。(悲)急ぎすぎていた面もあるのでこれからも改造していくつもりです。 

 
 

オグラ2007/04/10 00:08:24
icon
大した助言は出来ませんでしたがお役に立てましたなら幸いです。

さて、肝心の作品ですが純白のボディが魅力的ですね。
アクションポーズも決まっていますしとてもかっこいいと思います。
ノーマルラプターをたくさん従えても良い絵が取れそうです(笑

装甲らしく改修された装甲
肩シールドにも見えるブレイカーユニット
脚部アンカーやバーニアの追加
また、一見鋭い顔つきのようですが4番、5番の写真など角度によっては
可愛く見えるのも個人的にはポイントだと思います^^

あと間接が硬くなったのは塗膜でパーツが太ったせいかもです。
編集済み(2007/04/10 00:08:49)

トカ公2007/04/10 16:39:14

コメントありがとうございます。
この作品が間に合えたのも(手抜きしまくりな上にぎりぎりとなりましたが..。
オグラさんのアドバイスのおかげだと思っています。
純白塗装になったのは手抜きも半分はいってます(=_=;
しかし、それが好感触を持てて頂きさいわいです。
>脚のパーツ
アクションポーズをとろうとした時一本以外バキバキなってしまったので、
サーフェイサーを粗く塗ったのが原因かもしれません。あの後、ほっぺたのでっぱりが欠けたので、色々改修が必要かもしれません。
 あと、オグラさんのイグアンも完成するのを待ち望んでいます。
お互い忙しい時期ですが、がんばりましょう。(頑張るのは、逆の気がするが..

ケーニッヒわんこ2007/04/10 19:09:58
icon
おお、これはこれはw
バイオゾイドであるのもかかわらず、未来派なゾイドを思わせるデザインですね。
白統一のカラーリングも好印象です。
秋原秀平2007/04/10 19:28:51
icon
ジェノブレイカーを意識させる武装、
純白の塗装、自分には真似できません(><)
ただ、足の長さに対して首と尻尾が短いような
気もします。
二枚目の写真のブレイカーユニット取れてるのは
強制排除したん・・・ですよね!?(汗)
トカ公2007/04/10 21:07:45

コメントありがとうございます。
>ケーニッヒわんこさん
 バイオゾイドは、骨っぽさを特徴としているので、
それをより不気味にする改造を良く見かけていたので(キメラバイオなど
それらとは相反する形でなるたけゾイドっぽい形にすることを中心に制作しました
 まずバイオは他のゾイドとは全く違うゾイドとしている設定から改め、本機せいさくにあたっては、「実はバイオ装甲は、流体金属ではなくまた別の方法で対弾性を高めていた」という風に考え自分自身のバイオに対するに認識を変えました。
そうすれば、やり過ぎない程度に装甲を弄りやすいですし、ラプターはちょっと手を施すだけでなかなかいいゾイドになってくれます。なにより片足立ちが無改造できるゾイドは、ラプターぐらいじゃないでしょうか?
>秋原秀平さん
 脚の長さはちゃんと調節できますよ。今回は、ラプターをすっきりとした印象に
したかったので、わざと脚が長く見えるように調節してあります。
<自分にはまねできません>  塗装ぐらいなら、サフェーサーを吹くだけで簡単に普通の色は塗れますよ。
ペンしかないならガンダムマーカーなら付くことができると思います。
<ブレーカーユニット> 「エネルギー切れが心配だったので強制排除した。」
ということでいいと思います。「ユニットなくても普通のラプターを超える性能を持っていますよ」というのをアピールしたかったのであのような写真にしました。 
編集済み(2007/04/10 21:10:16)

蒼燕2007/04/13 23:43:35
icon
ホワイトの統一カラ-は良い選択ですが、少々塗装が安っぽい(?)感じがするので「パ-ルホワイト」を上塗りで使うのはいかがでしょうか?
その他はもう文句の付け様がないですね~。
コンテストに出品したら良い結果が期待できそうな作品です。
編集済み(2007/04/13 23:44:29)

トカ公2007/04/14 17:15:08

コメントありがとうございます。
う~ん。やはり、塗装についてですか。
塗ったのが締め切り4時間前だったので
塗り方にだいぶ問題があったかもしれません。
近日中に再塗装しようと思います。
>コンテスト
 アリーナに出品してあります。でも、他ゾイダーの作品も、もの凄いレベルが高いので、生き残れるかどうか..。(-_-;
アリーナは良作の宝庫なのでBirdyさんも一見の価値がありますよ。
 Zi-1グランプリ2007があると聞いているので、再塗装したものを
出そうかと...あっ!新作じゃなきゃだめだった!
編集済み(2007/04/14 17:16:30)


サイトバナー
[Running time: 0.024530 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫