ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

EZ-X00 ゼラ
EZ-X00 ゼラ
1 2 3 4 5
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者
ザンクロウ
分類改造ゾイド
シリーズ特別仕様&実験機
投稿日2007/01/10 00:24:50
最終更新2007/01/17 22:30:19
閲覧数5071
コメント数6
添付サイズ249(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
前後の作品
more new workmore old work
コメント
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
久しぶりの投稿となりましたが、皆さんからのコメントが頂ければ幸いです。

◆設定
前大戦時にてガイロス帝国軍が極秘裏に開発したとされる、強襲用大型戦闘機械獣。
超古代に存在していたとされるドラゴン型ゾイドの核を元に、本体メインフレームと装甲を強化改良されたBFのものに置き換えられている。
ブレードライガーMk-ⅡRE同様、ゾイド核内に発電器官を併せ持つ特異な存在でもある。

ストライクレーザースティンガーやドラグレーザークロー、テイルレーザーブレード等、大型の格闘用武器を多数備えており、接近戦においては他の追随を許さない強さを誇る。
巨体に似合わず動きは素早く、特に反応速度は並みの高速戦闘用ゾイドをはるかに凌駕する。

全身から突き出た巨大な角は、旧共和国軍のガンブラスターを参考に開発された新型の超電磁ホーンであり、一度起動させれば、機体全体をコーティングしマッドサンダークラスの防御力を誇る鉄壁の盾となる。
また、非常に高硬度の金属から作られており、それ自体が強力な白兵戦用の武器としても使用出来る。

背部に備えられた2基のビットレーザーブレードは、射出することでそれぞれが独立飛行し、オールレンジでの攻撃を可能としている。
目標物に向かって突撃し刺し貫くこの戦法は、ブレード自体が非常に高硬度の金属である為、撃ち落すことも難しく、直撃すれば大型ゾイドでも一撃で仕留められる威力を誇る。

さらに背部の大型翼マグネッサーソーラーウイングは、飛行能力に加えて皮膜に当たる部分が超大型・極薄のソーラーパネルとなっており、太陽光をエネルギーとして直接変換させることが出来る。

口腔内に備えられた荷電粒子砲は、その膨大なエネルギーを利用することで、最大出力時の威力は従来のBFの5倍以上となっている。
ただし、フルパワーでの発射は機体に負担をかけ過ぎることから、連続して撃たれることはまずない。

気性が荒く動かすには特別な能力が必要とされた為、特例としてパイロットには僅か10歳の少女が選ばれることとなった。
数々の超技術と桁外れの強さから、その開発には古代ゾイド人が関わっていたとも噂されていたが、真相の方は定かではない。


◆製作するにあたって
これまでにないドラゴン型としてのデザインをもつものが作れないかと思い製作しました。
本体フレームは、BFをベースに首と尾を延長。
後足をダークスパイナーのものに置き換え、各可動部を関節技にて可動化させています。

今回は、特にプラ板によるスクラッチ箇所が多く、四肢の爪や大型翼、背中のブースターやブレード等は全てプラ板から製作しています。
体中から突き出ている金の角は、同じくプラ板同士を貼り合わせたものから製作。
大型翼のクリア皮膜は、クリアーホルダーから拝借。 瞬着にて貼り合わせています。

唯一、頭部はパテによる造形がメインとなっています。
一目でドラゴンだと分かってもらえるデザインにするのには苦労しました。
目の上の金角や黒角は他のプラモから流用。

また、今回は初の電飾改造にも挑みました。
BFのそれをベースに、透明プラ板から目を自作。
やはり目が光ると、とても印象が良くなりますね。
次回からは、電飾技術ももっと磨いていきたいです。

カラーリングは今回もメタ塗装で行いました。
グレーのサフを下地に、本体メインフレームをガンメタ、爪部分をライトガンメタ、装甲はメタリックブラックとゴールドを選択。
牙やその他の細かな箇所は、ガンダムマーカーにて仕上げています。
おなじみの金のラインは、今回もマスキングをしてから筆塗りにて塗り分け。
黒と金が相まって、完成後は重厚で豪華な印象となりました。

トカ公2007/01/10 15:56:04

はじめまして、ザンクロウさん。トカ公と申します。
BFを使ったドラゴン型は、色々見てきましたが、ここまで変わるとは....。
特に、ザンクロウさんらしく、塗装がとてもうまく、パテやプラ版の扱い方などもとても良く、非常に完成度が高い作品だと思います。


ザンクロウ2007/01/11 22:06:14

こんばんは、トカ公さん。ザンクロウです。
コメントどうもありがとうございます。
BFのドラゴン型への改造は以前からやってみたかったので、今回は思い切ってよりドラゴンのイメージに近付けるよう改造してみました。
塗装は缶スプレーを吹き付けた後、今回はトップコートの半光沢を上から吹き付けています。
T-42007/01/12 02:06:55
icon
すんごくワイルドな感じがする。
翼の皮膜の表現、黒と金のコントラストもナイスです。
一歩も作るのが大変だったのでは。

目の電飾が目立ってないのが残念かなと思います。

それでは今年もよろしくお願いします。

ザンクロウ2007/01/13 00:46:34

こんばんは、T-4さん。コメントどうもありがとうございます。
今回はスクラッチを多めに取り入れたので、予定よりも随分完成が遅れてしまいました。^^;
電飾についてはやはり発光が少し弱かったみたいですね。
次回は市販されているダイオードなんかも使ってみようと思います。
それでは、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
ユースケ2007/01/13 23:21:25

ザンクロウさん、はじめまして、ユースケといいます。
全体的にボリュームがある素敵な作品ですね。
なんだか見てると、初々しくも感じられ
自分も製作意欲が湧いてきました。
ザンクロウ2007/01/17 22:30:19

こんばんは、ユースケさん。ザンクロウです。
返信が遅くなってどうもすみません。^^;
コメントどうもありがとうございます。
今回は、デザイン的にも過去にあまり例のないものにしたかったので、そう言って頂けると幸いです。^^
製作の方も頑張って下さいね。

サイトバナー
[Running time: 0.033886 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫