ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

ツヴァイハンダー
ツヴァイハンダー
1 2 3 4 5
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
6 7 8

別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画

投稿者
【AISEN】
分類改造ゾイド
シリーズNEXT製ゾイド
投稿日2005/03/30 05:40:21
最終更新2005/04/04 23:47:32
閲覧数6815
コメント数10
添付サイズ337(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
前後の作品
more new workmore old work
コメント
B-CASにもユニゾンにも目をくれず。懐古主義もいいところ。わかっちゃいるけどこのスタイルはゆずれません。
というわけで(ん?)トミーがコンテストレギュにするほどユニゾン普及に必死な中、我関せずにこんなゾイドを作ってみました。

第2次西方大陸戦争末期にE・U連合軍の主力機としてサイレン社が開発した重戦闘ゾイドがツヴァイハンダーである。
武装のみの換装で主力ゾイドに求められるあらゆる戦況に対応できる機体として高い汎用性とパワーを誇るゴリラ型ゾイドとして開発がスタートした。
メインエンジンとしてサイレン社製の大出力核燃料電池を搭載し、同クラスのゾイドと比較にならないハイパワーを実現した。荷電粒子砲にすら耐える重装甲を装備しながら、背部の大出力の4発式ブースターと脚部のマグネッサーホバーにより、高速ゾイドに
ひけをとらない機動力も確保している。
従来の大型ゾイドに匹敵するハイパワーと重装甲を実現しながら、高機動力も獲得したこの機体は従来の大型ゾイドによる戦術、戦略概念を大きく覆す機体としてロールアウトした。
第2次西方大陸戦争末期に戦線に投入され、各戦線でその性能を遺憾なく
発揮、ロールアウト数わずか24機で帝国、共和国のゾイドを100機以上「排除」したとも
いわれている。もっとも有名なロブ基地攻略戦では迎撃にでたマッドサンダーを大型パイルバンカーの一撃で撃破、ロブ基地防衛ラインを突破したエピソードに代表されるように既存の大型ゾイドに対して終戦まで文字通り「無敵」を誇った機体である。

はい皆様こんにちわ、AISENです。
今回はゴリラ型ゾイド「ツヴァイハンダー」です。
本来は2本の手で持つ大型の剣の意なのですが今回は「たくましい腕」がポイントな機体デザインですのでこの名を拝借しました。 
では製作記事です。

頭部
いきなりフルスクラッチ。エポパテで適当な形で固まりを作り、乾燥したらカッター、デザインナイフで修正。書くことないっす。
胴体
アイアンコングの胸部パーツを背面に、腹部パーツを胸部にもってきました。
首は1/60ストライクのものを移植、襟部分はジャンクパーツで埋め。
コクピットハッチはMGジムカスタムの脛アーマー、腰のカバーは前出のストライクの襟、背部のユニットはゴジュラスギガの足首。恐ろしいアセンブルを描いていますね。
SCHAFT様感謝です。下半身はストライクの足首フレームにジャンクパーツを。
腕部
肩は1/60ストライクのエールストライカーのブースターパックをくりぬいて加工。
上腕もストライクを形状変更して使用。下腕は1/100サーペントの脛を流用。
手首は1/60ストライク。
脚部
太ももは1/100カオスガンダムの脛を形状変更、脛はアイアンコングの下腕を使用。
足首は1/60ストライクの肩アーマーにワイツタイガーの爪を接着。ただし、指の数をあわせるため一本ずつ移植しています。
武装>
1/100サーペントのバズーカをぶった切って中にプラパイプを内臓、ロッドはプラ棒にカットしたパイプを被せて市販パーツのザクのツノを(金属製銃口、ターゲットセンサーはモビルパイプで製作。
塗装
今回は今までの作品とはかなり方向性が異なるので一新してみました

装甲部分はブラック→ジャーマングレー→ガンシップグレイ
間接部分はブラック→ガルグレー
武装はブラック→ホワイト
さらに今回はコトブキヤの市販デカールを使用しました。
右肩のサイレンのロゴがお気に入りです。
今回も汚し塗装にコピックモデラー一生の友です。

それでは!

【コダイゴ】2005/03/30 07:21:58

よく見たらたしかに腰辺りとかがガンダムのぱーつつかってますよね。
それで間接が自由に動きそうで尚かっこよく見えます。ゴーレムを思わせるような機体でいいですね。
零号機改2005/03/30 08:27:04

おお、かっこいい。
なんつーか、、、トレテスタ・ケルベリアンみたいな(ぁ
ツヴァイハンダーっつーと、、、
ゾクタイの武器パk(
【壱七五】2005/03/30 10:03:29

かっ・・・・かっこ良いです・・・・・
体がうまく筋肉質の逆三角形になっていて、
オプションパーツも生かしています!!
【masa】2005/03/30 15:51:14

うおおおおお!!
AISENさんのサイトでスケッチを見たとき
「これはヤヴァイ!!」
と思いましたが、完成品を見ると
「これはヤベエエエエエエエエ!!!」
ぐらいにやばいですますですです。
まず頭部がかっこよすぎます。
見事に「ゴーレム」って顔をしてます。
さらに胴体がって言っていくときりが無いですが、
そんだけやばいです。
60分の1スケールを惜しみなく使ってるのにもびっくりです
【Ini】2005/03/30 22:59:13

ヤヴァ、なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!!!!
って申し訳ない、取り乱しました。

ゾイドでありながらゾイドでない。
そんなNEXTに相応しい作品ではないでしょうか。
巨大な上半身に全体としては不釣合いな程に大きな腕、
小さめの下半身に短めの、しかし、膝を曲げ上半身のボリュームに負けない存在感を持つ脚。
と、まさに素晴らしいの一言に尽きます。

てゆうかゾイドじゃなくて別の商品展開しても通用しそうな見事なデザインな。
素晴らしい作品拝ませていただきました。
YUKI2005/03/30 23:54:45
icon
ゾイドじゃない。えぇゾイドじゃないとすら言える存在。
でも、だからこそ大好きだっ!!!(くわ)

AISEN様の作風はやはり、他の方には真似出来ないようなオリジナリティが見事の極み。
1/60サイズのガンダムが使用されているという事は、やはり相当な大きさ。
各部に使われたゾイドのパーツから考えてみても。
……いえ、その二つが見事に融和している部分こそが、
最も特筆すべき点なのですが。

――MA、なイメージも有ったりなのですが。
劇中の時代がどんどんと変遷していくゾイドシリーズ。
近々登場のバイオゾイドのように、新たなコンセプトも求められているのなら。
このようなデザインの物も見てみたい、と。切に願ってしまうのでした。
白狐2005/03/31 07:03:36

スピードと一撃でマッドさん撃破するパワーを合わせ持つなんて恐ろしい子!
ゴリラが進化し少し人型に近づいたようなシルエット、次世代のゾイドという事なんですかねぇ。
塗装もぐーですな。

初見でPSOの箱に見えたのは秘密。
タイフーン2005/03/31 19:16:51
icon
オフィシャルなゾイドでは見られない魅力が・・・^^

重機を思わせる頑強なイメージがたまりません。
ジ・Oを想起させるような小さな頭部に巨大な腕部、重装甲そのものな胴体部分・・・この魅力はオフィシャルのゾイドシリーズでは味わえない素晴らしい魅力かと思われます。

マッドサンダーを大型パイルバンカーの一撃で粉砕・・・の逸話もこの機体ならば納得できてしまうような気がします。

良いもの見せていただきました^^
これならば本当に独立した商品展開出来そうな予感・・・。
【AISEN】2005/04/03 00:01:09

ゴダイゴ様、零号機改様、壱七五様、masa様、Ini様、YUKI様、白狐様、タイフーン様、コメントありがとうございます。
>ガンプラパーツ
フルスクラッチの技量とやる気のない故・・・・。いつかは俺だってな気分だったりなかったり。
>トレテスタ・ケルベリアン
ググッてみましたら、「あらデジャブ」。大ピンチですね(笑
>逆三角
アイアンコングのイメージに負けずにとボリュームアップです。
製作者本人は典型的な虚弱体質というのが涙を誘います。
>サイトでスケッチ
保存してある画像データをみてみたら全然違う画が・・・。
これはヤばいです・・・。
>別の商品展開
ジェネシスはいい意味で違う展開を狙ってますね。
私が行きますはひたすらに影の道だったりなかったり。
>オリジナリティ
そのセリフがいただけただけでこの子は満足して・・・バナナのおかわりを要求しています。ジェネシスには個人的にかなり期待しています。キャラが萌えすぎです。
>白狐
私にとって大型ゾイド=戦艦、MAなイメージでして。でもこの設定は少々やりすぎたでしょうかね?塗装はいままでから一気に変えてみました。
>オフィシャルにはない
オフィシャルをあるいは妬み、あるいは失望し、罵倒し、対抗心むき出しで製作していたりしますので、いまいち時流から外れた作品が主流になってたりします(笑

【AISEN】2005/04/04 23:47:32

スパロボちっくなCG合成を追加です。

サイトバナー
[Running time: 0.027985 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫