ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

塔竜
塔竜
1 2 3 4
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者
マリ君
分類チェンジマイズブロックス
シリーズ竜滅のツルギ
投稿日2005/02/02 16:21:31
最終更新2005/02/11 20:07:00
閲覧数4492
コメント数5
添付サイズ127(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4
前後の作品
more new workmore old work
コメント
追記:バトスト追加。微妙な進み方ですかね;
パイロット設定追加。他の自分の竜滅のツルギ作品にも記載しました。

コマンダークラスの竜であり、かなり奇形な竜。
パワーや装甲、機動力は従来のコマンダークラスと比べると
大分弱いが、それでもウォリアークラス並に強く、かなりの指導力を誇る。
また、弱点は足なのだが、殆どの場合、ソルジャークラスやウォリアークラスで
構成されたネストの中で、塔のように聳え立ち、足を隠しているので、
周りの竜を倒さない限り、この竜を倒すのは難しいといっても過言ではない。
また、この竜は 撃破されても、全滅したわけでは無かった場合、
損傷の軽い部分を死ぬ前に分離、そして、他の竜に補給させるという
能力を持っている。そして、それを装備した竜は、
それを武器として使用するのはもちろん、
3ヶ月程度生き延びると、その竜はこの塔竜へと進化してしまい、
その進化の元となった塔竜の戦闘データも受け継いでしまう。
その為、主に分離される上半身に、全体的にある程度ダメージを与えておいてから
撃破しないと、また増えていってしまうというかなり厄介な竜である。

〜第5話<白い宇宙>〜

コスモス旗艦、デュランダー内...

「艦長!前方に大型の未確認ゾイドとその周辺に中型ゾイド等の集団を発見!
恐らくコマンダーで結成されたネストです!」

「うむ。各パイロット、ハッチに急行せよ!」

「了解!」
数十人のパイロットがハッチへと向かう。

「カラド、シュヴェアート、出る!」
「クラウス・ルキフェル、シュヴェアート、出ます!」
「アルマス・レヴィ、ガルーダ、出ます!」
そして、彼等を先頭にフォレトロス等が後を追う。

カラド「各パイロット、敵のコマンダー機は、未確認タイプだ。気をつけろ」
クラウス「分かってますよ隊長...っ!!」

クラウスのシュヴェアートに向かってソルジャークラスの竜が飛び掛る
しかし、それを避けるクラウのシュヴェアート。
「うらぁっ!」
シュヴェアートの拳が炸裂する。下へ突き落とされる竜、
しかし、ネストは大量の竜の群、何度倒そうとも次が出てくる。
そして、フォレトロス等も残り半分以下、
彼等の体力も限界はそう遠くなかった。

アルマス「これじゃキリがないわね・・」
クラウス「ぁぁ、このままだとこっちがやられる・・って又来やがった!」
カラド「このままじゃやられる!艦長、援軍を!」
艦長「援軍は来ないがもう少しの辛抱だ、グラヴティア砲を発射する。
その準備が終わるまで持ちこたえてくれ。」

カラド「・・・了解!」
しかし、その時であった。
その塔のような大型ゾイドが発砲し始めた。
次々爆破されてゆくフォレトロス。
彼等3人は掠り傷で済んだものの、戦闘から長時間経っている。
機体のエネルギーも徐々に少なくなってきており、
絶体絶命という状況だった。
その時、艦長から通信が入った
艦長「発射準備が完了した!各自艦内に撤退し、砲座に付け!」
カラド「了解!」
アルマス「ふぅ・・やっと終わりそうね・・」
クラウス「上手く命中すれば・・だがな。失敗すりゃ俺たちゃ終わりだろうな。」

.......

「ターゲット照準・・OKです。」
艦長「よし、グラヴティア砲、発射!!」
デュランダーの前方が白く激しい光に包まれ、
その極太の光が塔に向かって発射された。

ドガァァンッ!!
大きな爆発音とともに、再び眩い光が機体を包む。
そして、眩い光は徐々に眩さを失っていき、
ようやく前が見えるようになった。



そこには、機体の残骸等と上半身の吹っ飛んだ塔があった。
「生体反応、消滅。ネストは全滅しました!」

....end

その他

高機動戦闘部隊【コスモス(Cosmos)】

機動力の高い機体をメインとして、
主に地上戦用の機体で構成され部隊。
シュヴェアートを指揮機とし、
フォレトロス等で構成されている。

登場人物設定

クラウス・ルキフェル:18歳(男)
コスモス隊の一人。
結構冷静な性格。搭乗機はシュヴェアート・フラグアース。

カラド:33歳(男)
コスモス隊の隊長。
クラウ以上に冷静で腕も確かな事から隊長に選ばれた。
搭乗機はシュヴェアート。

アルマス・レヴィ:17歳(女)
元々はただの凡人であったが、ある日、
コスモス隊にスカウトされ、入隊した。
一見、結構明るめの性格ではあるが、
内面はかなり冷静。しかし、あまり目立たない人。
搭乗機はガルーダ。

一応、コマンダークラスの竜です。
ここまで巨大にするのは大変でしたよ;
その上、かなりキモくなってしまい・・;
自立も結構難しいので、今はバラしてます。

【オート馬人・兄】2005/02/02 17:37:42

我が唯一の「組み頭」でない機体、ゲイル頭のブラックナイトを投稿しようと思ったら…。
雷竜も居る事ですし、ちょっとなぁ、とか思っちゃったり。
最も原始的な竜、と言う設定はベース設定と激しく食い違ってしまいますので、こればかりは変更をm(_ _)m
いやしかし。デカイ。群れの中で塔のように聳え立つ、そんな奴も居てもいいかもです。しぶとい生命力もいいと思います。
見た目、キモい(失礼。)のは、・頭が小さい・四肢に比べて胴体が太すぎる・色が統一されていない、が原因だと思います。
灰、茶色系と地味系の素体に対して、上半身の装甲が鮮やかな赤、加えて黒い頭部。背面は格好良いと思います。
もしユニット単位で残っていたら、改修してみては如何でしょうか。
無理に同じスケールで巨大化させなくても、それなりの物を作って設定で大きさを表す、と言う手もありですよ。
…それでも、やっぱり大きいのに挑戦したくなりますよねぇ(笑)
マリ君2005/02/02 18:20:51

ぉぉ、早速のレス有難うございます。
とりあえず、設定は修復させていただきました。

で、作品の方ですが、キメラは合成生物で、
個人的にキモいイメージがあるので、これはこれで
気に入っていたりします。立ちにくいのでバラしましたが。

次からは、設定で大きさを変えたほうが良いですね;
【ももしき】2005/02/02 19:23:33

かなり大きいですねぇ。私も大型を一回作った時があるんですが、立たせたら一瞬で崩れ落ちてしまいました。
でも、もしこんな大きな機体がいきなり目の前に飛びだしてきたら、誰でもびっくりしますよね。
見月2005/02/02 19:57:37

竜のデザインとして「キモい」というのはアリだとおもいますよ。いかにも異形という感じで。
バランスをどこまで崩すかという点で多少難しいとは思いますが。

サイズの表現ですが、ゾイドバトルモデルを比較対象に置くというのはどうでしょうか?
まあ、うちの近所には見当たらないのですが(苦笑)
サイズ
【ハサミ揚げ】2005/02/11 20:07:00

足が長いとかっこいいと言われますがこれくらい極端だと言われないでしょうねぇ(笑)

ビーストマシーンズのチータスを思い出す形状ですね



サイズ比の問題ですが私は
ペイントなどで二つの写真を組み合わせてそれぞれのサイズを調整すれば結構雰囲気が出ると思います

サイトバナー
[Running time: 0.025968 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫