ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

ブキゴ
ブキゴ
1 2 3

別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画

投稿者
江戸川次男
分類チェンジマイズブロックス
シリーズ紅き破壊者と黒き救世主
投稿日2004/12/05 19:10:39
最終更新2004/12/05 20:25:34
閲覧数2655
コメント数0
添付サイズ245(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3
前後の作品
more new workmore old work
コメント
バトスト追加

ブキゴ(キメラ型)

出来損ないが作り出した無人キメラ。通称「白いごちゃごちゃ」。イミテーションコアを搭載しているが出力が低い。捕獲して確認済み。
脚部に装備されたマグネッサーで地上すれすれを滑るように移動する。
頭部の装甲はかなりの防御力を誇るが、ルシフェルフィンガー並みの威力があれば難なく破壊できる。
生命力が異常に高い。
3つの階級がある。
 最も数が多いのは通常兵と呼ばれる種類である。(写真1枚目)コアと爪、甲羅という最低限必要なもののみを装備している。飛び上がってから爪でたたきつぶす戦法をとる。分裂モードにはいると30秒で2体に分裂する(それから活動できるようになるまで1分)地中に潜りそこで繁殖を続けているためその数は計り知れない。戦闘力自体は高くない。
 次に多いのが騎兵と呼ばれる種類である。(写真2枚目)通常兵にブレードがついただけであるが、戦闘力がだいぶ上がっている。分裂モードにはいると40秒で2体に分裂する。(活動開始まで1分)通常兵と混ざって同じ場所で繁殖する。通常兵の半分ぐらいの数しかいないと推測されている。
 最も少ないのが、銃兵と呼ばれる種類である。(写真3枚目)通常兵にビームガンがついただけであるが、通常兵、騎兵より強い。繁殖モードにはいると50秒で3体に分裂するが(活動開始まで1分)、3匹全てが満足な状態で生まれることは少なくたいていは2匹だけ生き残り1匹はその場で死ぬ。騎兵とほぼ同じ数と思われる。

外伝7章:高き者もついには滅びぬ、偏に風のまえの塵に同じ
ひゅううぅぅぅぅううううぅぅぅぅぅぅぅ
「今日は風が強いなー。こういうときは酒だ。飲むぞーー」
ガルがそういった。周りの人間は、またかよ、といった目で見ている。が、結局飲む。
いや、数名飲んでいないものがいた。フレイントとミゾレはもちろん、アレスとエリスも飲んでいなかった。出撃できなくなることおそれたのだ。だが、
「アレス、エリス、何をしている。飲め。これは命令だ。」
2人の心配をよそにガルは無理矢理2人を座らせる。
「いや、自分は酒は、」
「何を言ってる。命令だといったろ?飲め。」
2人は仕方なく飲み始めたが、すぐに酔ってしまった。
「なんだー?だらしないなー。ジムを見ろ。」
えりすは酔いが完全にまわったらしくアレスにもたれて寝ている。アレスもかなり酔っている。そのとき
「周辺に未確認のゾイドを確認。数・・・100を超えます!」
ざわっ。 
「出来損ないを確認。未確認のゾイドとともにこちらに向かっています。」
「・・・ジムとミゾレがでろ。あとはナベリウスだ。他はでるな。」
ガルがそういった。
「なんで?なんで俺はでないんですか?」
フレイントが抗議した。
「上官の命令に逆らうつもりか。」
ガルがそういうとフレイントは黙り込んだ。
「ジム、でる」
「ミゾレ、でます」
2体がでた。続いてナベリウスがでる。
「俺が出来損ないをやる。ミゾレは、あのごちゃごちゃをやってくれ。」
「・・・わかった。気をつけてね、お兄ちゃん」
「お前もな」
次の瞬間、ジムはビームランチャーを撃っていた。
ミゾレは、高速で飛び出して、ごちゃごちゃを攻撃し始めていた。
ジムの撃ったビームは、出来損ないには当たらなかった。だが、周りにいたごちゃごちゃに当たっていた。
パーツが吹っ飛び、爆風が起こる。出来損ないは予想外に早い攻撃に多少とまどっていた。今の出来損ないは自分の力を過信している。ジムはそのことを知っていた。今まで自分にとどめを刺さなかったのはいつでも殺せると思っていたからだ。爆風で体制が崩れ、立て直したときにもう1発ビームが来ていた。100パーセントの力で撃たずにある程度抑えて撃っていたのだ。だからある程度連射がきく。
当たりはしなかった。だが、またもや体制が崩れる。またビームが。そして・・・
バギャアン
当たった。右前脚と右翼が吹き飛んだ。
「くらえーーーーー」
ジムはそう叫ぶとエネルギーを少しあげてもう1発撃った。なんとか動いた出来損ないだったが、かわしきることはできなかった。出来損ないは焦りを感じていた。
いつもの狡猾で慎重、かつ相手に圧倒的なプレッシャーを与える出来損ないは今はいない。
ジムに向かってごちゃごちゃが飛びかかる。ジムはそれの相手をするので精一杯になった。その隙に出来損ないは飛び去っていた。大きな傷を負って。
数分後、生き残ったごちゃごちゃは撤退を始めていた。全機レーダーから消えたことを確認してジムとミゾレは中に戻った。
出来損ないに対して互角以上に戦ったその日は、晴れれなかった。

作者コメント
バトストも書いてしまいました。しかも出来損ないかなり弱い。これから作る物のために書いた物なんで適当に流してください。
名前からもわかるとおりゴキブリみたいな奴です。イメージはスター・○ォーズのクローン○ルーパーです。とにかくごちゃごちゃ湧いてくるような奴が欲しかったんで。これはやられ役ですのでいっぱい出していっぱい殺していただいてかまいません。


サイトバナー
[Running time: 0.027143 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫