ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

ズィルバーンクーゲル
ズィルバーンクーゲル
1 2 3 4
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者
【空の鏡】
分類チェンジマイズブロックス
シリーズB−UNIT
投稿日2004/06/25 23:04:02
最終更新2004/09/05 21:24:49
閲覧数3100
コメント数2
添付サイズ290(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4
前後の作品
more new workmore old work
コメント
 久々に投稿します。ご意見・ご感想をよろしくお願いします。m(_ _)m

設定
 ズィルバーンクーゲルはたった1機で戦局を覆すことを目的として開発された。根本的にはマトリクスドラゴンがベース機体となっているが、容姿・性能共に原形を留めていないのが現状である。しかし原形を遥かに凌駕する性能を叩き出しているのも事実である。高性能を求めて多くの機能を搭載したため、機体も大型化する結果となってしまったが、その機体を高機動戦闘に対応させるためにストームソーダ−のウイングを装備している。この機体の特徴として、胴体(胸部)のほとんどがコアブロックで形成されている。本来コアブロックを大量に搭載すると互いに反発し合い、マイナス面に働くことが多いが、ネオコアブロックを1機搭載することにより、それが他のコアブロックを統括し、従来機には見られない性能を引き出すことに一役買っている。また、口腔内に装備された”高エネルギー収束プラズマ砲”通称”ウルティメイト・プラズマ”は有り余るコアのエネルギーと大気中のプラズマ粒子から発生させるエネルギーを収束・発射するものであり、デスザウラーの大口径荷電粒子砲の最大出力での発射を遥かに凌駕するものとなっている。しかし、連続しての発射は不可能で最大出力での発射後にはコンバットシステムが一時的にフリーズしてしまうという欠点も併せ持つ。加えて、この機体は非常に癖がある機体であり、この機体の性能を100%完全に引き出すことが可能なパイロットは現時点では確認されていない。

武装
 バイトファング×1
 マグネクロー×2
 エクスクロー×2
 マグネテイル×1
 ウイングスラッシュ×2
 ウイングソード×1
 15mmバルカン砲×1
 AZハンドガン×2
 4連ミサイルポッド×2
 2連中距離キャノン×2
 3連ロングレンジキャノン×2
 2連パルスレーザーガン×2
 高エネルギー収束プラズマ砲(ウルティメイト・プラズマ)×1

 大型機を作ろうと思って色々とやっていた結果、このようなものができました。ズィルバーンクーゲルという名前についてですが、正確な表記は”Silbern Kugel”となります。元はドイツ語ですね…”銀の弾丸”という意味です。発音法に問題があるかもしれませんが…(汗)。狼人間を倒すための唯一の武器の名前から引用しました。”ソフトウエアの開発プロジェクトにおいてどんなに困難な課題も一気に解決できるような幻の手法や理論”という使われ方もするみたいですが…。1機で戦局を覆すことを目的とされた機体には適した名前じゃないかと思っているのですがいかがでしょう?ちなみに、ストームソーダ−のウイングは無改造で取り付けてあります。それにしても写真が下手ですね…(反省)。やっぱデジカメ買おうかな…(涙)。皆さんの感想やご意見をお待ちしております(礼)。

【ホークイーグル】2004/08/31 19:58:01

なぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!(しつこい)
足のアイディアがいいですなぁ。自分では思いつきませんよ。
しかもストームソーダーの翼がピッタリですね。
龍というモチーフもよくわかります!
【空の鏡】2004/09/05 21:24:49

おお、コメントが!ホークイーグルさん、ありがとうございます(礼)
>>足のアイデアがいいですなぁ。
最初からある程度の大きさの機体を作ろうと思っていたので、まず大きな足(脚)から制作に入ったのであります。しかし、手元にある大型の足というと、ロドゲのものしかなく…かといってマトリクスのように組んでも弱々しく…。試行錯誤しているうちに、モサのヒレが爪に見えてきまして…このようになった次第です。
>>ストームソーダ−の翼が…
これも足(脚)と同じような理由です。大型の機体だと、ある程度の大きさがないと…(汗)ちなみに背中にはボルドの背面キャノンの基部を使い、セロファンテープでジョイントの太さを約1ミリ延長して接続してあります。お手軽なのでよろしければ是非。

サイトバナー
[Running time: 0.027956 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫