ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

アレグリッシモ
アレグリッシモ
1 2 3

別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画

投稿者
キノ
分類改造ゾイド
シリーズUNLIMITED
投稿日2004/05/23 20:30:24
最終更新2004/05/31 02:24:25
閲覧数3005
コメント数2
添付サイズ439(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3
前後の作品
more new workmore old work
コメント
何だか変なシリーズを勝手に作っていますが(死
投稿させてもらいます
ffほどは飛んでいない設定にしたつもりです(笑

設定
1200ミリウルトラキャノンを搭載することを前提に、開発が進められていた改造ゴジュラスギガ、それがアレグリッシモである。
もともとウルトラキャノンはウルトラザウルス用に開発された兵器であるが、ウルトラザウルスは大統領専用機の1機しか存在せず、また他の大型ゾイドの支え無しでは発射できないと言う問題もあった。
そこで共和国技術部は現存するゾイドコアの中でも、特に強力なゴジュラスギガのコアをベースにして、ウルトラキャノンを単機で発射できる機体の開発に着手した。
アレグリッシモと名づけられたこの機体はギガを大型化し、発射の砲撃に耐える強靭な脚、それに大型アンカーを装備することを前提に製作されていたが、完成間近のところでウルトラキャノンを中央大陸で使用するのに反対する者が軍上層部にあらわれ、さらに開発当初から懸念されていた生産、整備コストの問題などから、アレグリッシモは8割完成のところで、ウルトラキャノン搭載が断念されることになってしまう。

ウルトラキャノンが搭載できなくては大型で、お世辞にも動きが早いとはいえないアレグリッシモは戦力にならないと製作停止の命令が出るはずだった。
しかし、断念された「ウルトラキャノンを搭載する」と言う開発理念がアレグリッシモも救うことになる。
このアレグリッシモはウルトラキャノン発射の衝撃に耐えられるように脚や基本フレームは通常のゾイドよりも頑丈に設計されている。
それのためマッドサンダー級の重装甲、重装備を装備することができ、HEシールドを搭載していないのにも関わらず、防御力ではギガにも匹敵する。
その重装甲、重装備ながらも俊敏性とパワーではゴジュラスとほぼ互角
さすがに機動性は欠けるが、大型ゾイドとしては強力な戦闘能力を誇るゾイドである。

そこで、共和国技術部はこのアレグリッシモの開発を断念せずに、本土決戦の最終兵器として使うことを目標として開発を続けることにする。
それと同時にウルトラキャノンの代わりになるアレグリッシモ専用武装の製作を開発部に命じた。
いくつかの案が提出されたが、最終的には射撃能力を特化して開発されたアレグリッシモの特性を一番生かせる装備が搭載されることになり、尻尾のホーミング性の高い小型ミサイル、肩の破壊力重視の大型ミサイルランチャー、接近戦での攻撃力を挙げるために腕のアームドライバーが装備された。

アレグリッシモは対大型ゾイド用、対要塞用の切り札となる予定で、戦場でもたらす戦果ではウルトラキャノンとほぼ互角になるのではないかと期待されている


YUKI2004/05/23 21:22:15
icon
……おぉ。ぱっと見でも目立つイエローのカラーリングが。
試作的兵器のイメージをいかにも、と。
そして何より大きい事は良い事だ、のこのインパクト。
ケレン味全開の、いかにもゾイドの格好良さ部分の一側面を現しているのではないでしょうか。

……最初アレグリッシモという名とこの姿に、何だか「アグレッシブ」などという単語を
思い浮かべてしまったのですがー……(違。)
それほどに。おそるべき、攻撃的最終兵器。
といった印象を抱かせて頂きましたっ!(><)ノ
【通りすがりですが】2004/05/31 02:24:25

え〜遅ればせながら、改造コンテスト入賞オメデトウございます。
全身から「試作機だ〜!ワンオフだぞ〜!」というのがあふれ出てますね〜。
個人的にこのゴツさが気に入ってます(^0^)

サイトバナー
[Running time: 0.023050 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫