ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

グリアードオシリス
グリアードオシリス
1 2 3

別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画

投稿者
マリ君
分類チェンジマイズブロックス
シリーズ
投稿日2004/05/20 21:24:10
最終更新2004/05/21 21:45:15
閲覧数2727
コメント数2
添付サイズ366(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3
前後の作品
more new workmore old work
コメント
優を司る神竜型BLOX。
腕に、装備されているものは、銃ではなく、エネルギー注入装置で、
他のゾイドに、エネルギーを与える。また、
カブトゥアー(エネルギータンク装備型)から、
他のゾイドに与えるエネルギーを補給できる。
また、エネルギー注入装置は、銃ではないものの、銃の役割も果たす事ができ、
そこから発射されるエネルギー弾の威力は絶大である。
その上、機動力も高く、パイロットも選ばない為、非常に扱いやすい。

バトルストーリー

優の竜のデータが発掘された。
そして、以外にもすぐに完成した。
だが、この機体のテストを行おうとしていた時、
砂漠でコマンドウルフの起動エネルギーが切れて遭難した上に
砂嵐に巻き込まれ砂に埋もれて、コクピットが開かなくなっていて出れなくなっていた共和国兵からSOS信号が届いた。すぐさま優の竜、「グリアードオシリス」が出撃した。
そして砂漠・・・SOS信号を手がかりに、グリアードオシリスは、
砂地に埋もれている共和国兵を探していた。
だが、数分後、SOS信号が途絶えた。酸欠で倒れてしまったのだろうか。
いや、きっとそうだろう。なんせ、砂に埋もれて密室状態なのだから・・・。
助かる可能性は絶望的だった・・。だが、その時、他の地形より、
地面が膨らんでいるところがあった。この中にいるのだろうか。
急いで地面を掘っていった。すると、何かが見えてきた。
さらに掘って行くと、コマンドウルフだという事が分かった。そして、
恐る恐るコックピットを空けると・・、生きていた。酸素ボンベで、
酸素不足を防いでいたようだ。SOSが途絶えたのは、通信機が、
電池切れになったからだった。そして、腕に装備された、エネルギー注入装置から、
エネルギーを送り、動けるようになったコマンドウルフは、急いで基地に帰還した。
グリアードオシリスはゾイドと人間、2つの命を救ったのだ。

凄く訳の分からないバトストになってしまいました

【ハサミ揚げ】2004/05/21 20:15:26

見た目は恐いけど実は優しい。こんな感じの機体ですね
顔も設定もまさに優という感じがしていいです
名前は「グリアードオシリス」でどうでしょう?
オシリスは遊○王とかやってたら知ってるだろうと思いますが
闇の神です。しかし同時に豊饒の神であるので選びました
マリ君2004/05/21 21:45:15

お褒めの言葉有難うございます。
頭部は、刃のある頭部だと、凶暴そうな面になってしまうので、
カノンダイバーの頭部を選びました。
最初、エネルギーを補給する機体は、ドラゴン型を
考えていたのですが、どうしてもアイデアが
浮かばなかったので、カブトゥアーにしました。

遊●王、知ってますよ。
昔ハマってました。

サイトバナー
[Running time: 0.023264 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫