ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

四式ブロックス特型 強行偵察用疾風
四式ブロックス特型 強行偵察用疾風
1 2 3 4
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者
【SlopeBook】
分類チェンジマイズブロックス
シリーズ
投稿日2004/03/23 01:40:20
最終更新2004/03/25 22:30:23
閲覧数4039
コメント数9
添付サイズ195(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4
前後の作品
more new workmore old work
コメント
西方大陸に身を置く民間複合ゾイド企業「SlopeBook社」。軍用ゾイドの作業用への転用の為の装備、OSの開発から果てはゾイド工学を転用した人工神経内蔵の義手、義足の開発等、ゾイドの平和利用を行う傍ら、闇市場では独自の技術を駆使した兵器の開発。またそれらを運用する私兵同然の傭兵部隊の派遣など、相反する二つの顔を持つのがこのSlopeBook社である。

東方大陸に属する小国が開発した奇襲用高機動ゾイド「四式 疾風」。この同クラスブロックスを超える出力と瞬発力を誇る疾風をSB社の保有する独自技術によってカスタマイズされた物がこの、「四式特型 強行偵察用疾風」通称「ブッシュマスター」である(民間企業の軍用機入手については軍上層部との癒着や外貨獲得の為の裏取引など諸説あるが真相は闇の中である)

 カスタム後、最大の特徴は全身に装備された電子戦用兵装であろう。コクピット前方にニ連サブカメラアイ。機体後部に装備された可動アームには高出力レドームを初めとする複合センサーユニット。またザンブレイカーは刃にあたる部位を通信用のアンテナに置換えられている。
 防御装備においては、オリジナルの疾風がEシールドによって低い防御力を補っているのに対し、ブッシュマスターは更なる防御力の低下と引き換えにSB社兵器開発部門が独自に開発した高精度光学迷彩を装備している。これはブッシュマスターがその小型の機体と高い機動力を生かし、敵陣深くに単機で侵入し敵陣の情報を収集する偵察任務専用の機体で有るからである(銃器に至っては威力を犠牲にしてでも発射音とマズルフラッシュを消す為のサプレッサーと専用の消音弾を採用している)。
 また、武装は、近接兵装は斬撃時に敵機装甲内に瞬間的に高電圧を流し、一時的に敵機を行動不能に陥れる電撃兵装に換装されており、火器においては信頼性を重視し実弾兵器に統一されている。
 ブッシュマスターのコンセプトは「高いの隠密性と高度な情報収集能力の両立」である。この為に軽量とは言い難い各種兵装を装備した状態において高い瞬発力を保持するために、コアブロック増設、間接部アクチュエーターの換装が行われており、さらにその性能をフルに発揮させる為に後部に指揮者用コクピットが増設されている。これにより、パイロットはピーキーな機体の操縦のみに専念し、偵察任務、射撃は後部のオペレーターが行うという独自の運用体系を持つ。
 ブッシュマスターは平地では従来の高速戦闘用ゾイドの速度には到底及ばないが、密林や切り立った山岳地帯など障害物の乱立する地形ではその瞬発力を発揮し、搭乗するペア次第ではライガー0の追撃さえ振り切る事が可能であるという。
 しかしながら、偵察機とはいえ、余にも片寄った設計思想(発見されれば、交戦せず振り切る)に脆弱な武装と装甲、さらに息の合ったパイロット2名を必要とすることからSB社のみが保有可能であり、通常の軍隊には凡そ運用不可な代物であると言わざるおえない。

ブッシュマスター(四式特型 強行偵察用疾風)仕様
 クラス特/通常ブロックス使用人工ゾイド(ニ連コアブロック搭載型)
 山猫型/強行偵察専用車両タイプ
 乗員2名
主な武装
 スタンファング×1
 ストライクスタンクロー×2(前足のみ)
 SB社製100mmマシンガン×1(グレネード部アンカーワイヤー弾装填)
 SB社製14連ランチャー(チャフ弾×5、煙幕弾×5、照明弾×4)
 
どうも、新参者のSlopeBookです。初投稿ですが、閲覧の際はアフロマン21改氏の作品を事前にどうぞ(笑)写真の後ろはマジモンの疾風です。
作品ですが一撃で敵ゾイドを破壊する力も無ければ、荷電粒子も吹きません。武器は逃げ足と良く見える目です(ダメポ
長所よりも短所が多い華の無い設定です。時代と小、中学生に背を向けた地味ゾイドですなぁ…(笑)
好きな(ツボな)作者さんはAISENさんと共和国整備兵さんです(爆)とくに書式は琴線触れまくりの共和国整備兵さんの書式を使わせていただきました(マテ

白狐2004/03/23 10:27:46

完全に徹底した偵察機ですねぇ、素晴らしい、ビバ一点特化タイプ!
塗装ももちろんですが、アーマーの加工、バックパック、コクピット内の加工など本体もすごすぎ。
ちっこいゾイドがちょっと気になったり(笑
【アフロマン21改】2004/03/23 12:12:16

一応言っておきますと、ちゃんと「疾風」の製作許可だしてます。
後ろの「疾風」も私の作品で、貸し出しました。
しかし・・・オリジナル以上ですね・・・。
塗装といい設定といい、すごい。
長所より短所が多い・・・最近のゾイドに少ない設定ですね。

あ、二枚目の背後に「四式二型ブロックス 烈風」が写ってる・・・。

【共和国整備兵】2004/03/23 16:01:12

渋ゾイド好きがここにも。ご指名いただきました整備兵であります。

強行偵察・・・背筋がゾクゾクする単語ですね。前席が操縦、後席がレーダー手という複座式のシステムは80年代の戦闘攻撃機的なイメージでありましょうか?仮想リアリティを演出するためのツボを良く心得ておられるようで、設定を読んでいてニヤリとさせられるところが多々。塗装や部品加工の技術も高くてうらやましい限りであります!


光量が足りなかったのか、当方のWindowsXP標準ガンマ設定のモニタでは画像が暗くてせっかくの迷彩や細かなディティールが見えないのが勿体無いであります。撮影した画像が暗めの場合は、画像処理ソフトにてレベル補正を行うとイイと思うのであります(迷彩塗装やディティールに関しては画像処理ソフトにて補正して確認させてもらいました)。

YUKI2004/03/23 18:44:36
icon
渋い作例は大好きなのですが、そういったモノを作れる技術も資金も何もない、という素人で御座います。(へこり)
それでも見るだけでも満足だったりな。…個人的に好きなのは、装甲板のついた様な頭部等。
其処彼処でこの頭に対する標榜がありましたが、これなら誰も何も言えますまい!
更によくよく拝見すれば、装甲を被せる事ですっかりと様変わりし頑強そうなブロックも。
実用兵器チックな部分が事細かに再現されている、ミリタリーへの愛着すら感じられる作例かと。
――この格好良さは眼福でしたっ!(><)ノ
タイフーン2004/03/23 20:10:28
icon
渋いカラーリングに脱帽! 凄く良い出来であるとおもいます・・私にはこのような塗装はまず無理なので、凄いな〜と思いながら眺めているのが限界です(汗)

設定の渋さがまたこの機体の良さではないか、と思っています。最近のインフレ設定も良いかもしれませんが、時々はミリタリー性溢れる渋いゾイドにも目を向けたくなるもので・・・。

素晴らしい作品をありがとうございます、それでは〜。
T-42004/03/24 01:18:16
icon
http://www.minokasago.org/cgi-ext/joyful/joyful.cgi の 2186,2187 に修正かけたのを載せてみました。
ついでなんでヒストグラムも一緒に。

AISENさん似の渋い塗装が見えてきます。

暗くなる原因はおそらく白い布です。背景を整理して作品を撮るのには欠かせないアイテムですが、白い故にカメラがそちらに露出をあわせてしまってると思われます。
露出補正とかの知識がおありでしたら +0.5か+1.0程度補正されるとよいかと思います。

【SlopeBook】2004/03/24 13:45:24

皆様、コメントありがとうございます。複座で萌え度五割増のSlopeBookです。やはり世間にはまだ隠れ渋ゾイダーが…(泣

実は加工も迷彩もたいした事はしていません。加工は100%流用パーツと厚みの違うプラ板数種です。塗装は実在する物をお手本にして筆塗りです(これはナチ武装親衛隊のエンドウ豆迷彩)単色よりも実は入組んだ迷彩の方が簡単です。是非、渋ゾイド好きの皆様も御試しあれ(笑
 ちなみに私はパソ関連の知識はサパーリです、最大の難関と言えるでしょう(死

>共和国整備兵さま
どうでしょう、タイニーG・SlopeBook社仕様なんて。ぜひ我が社に技術供与を(笑
【共和国整備兵】2004/03/25 15:22:59

TB8-TG-003の民間への仕様公開は記録上行われていないはずですが、開発にあたってブロックス関連企業が数社技術協力という形で工廠に出入りしていたようです。

そのなかにSB社があったと言う可能性は否定できませんね。

もちろん機密保持契約は締結されていたはずですが、そこからTB8-TG-003に関連したなんらかの設計仕様が流出しなかったとは言い切れませんね(にやり


言いたいこと、分かってもらえるでありますよね?(笑

【SlopeBook】2004/03/25 22:30:23

ムフフ、整備兵様も中々の悪ですなぁ〜(ニヤリ

ちなみにブッシュマスターには操縦士として元共和国軍偵察部隊(元ウルフ乗り)の無精髭なぶっきら坊、レーダー手として身長150cmのインテリめがねっ娘というデコボココンビが(銃声

写真では確認しずらいですが3枚目の写真のコクピットにはカチュウーシャとフリルのエプロンのメイドさんが乗ってます(爆

サイトバナー
[Running time: 0.024318 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫