ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

フェニックスフューラー
フェニックスフューラー
1



別窓 原画



投稿者
すとらいかー
分類改造ゾイド
シリーズ
投稿日2004/02/21 20:48:50
最終更新2005/04/15 16:41:22
閲覧数3847
コメント数6
添付サイズ46(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1
前後の作品
more new workmore old work
コメント
オリジナルストーリー解説
レイフォースとアイゼンドラグーンの決戦後、部隊が離脱したアイゼンドラグーンの秘密基地から共和国軍機密諜報部が極秘裏に回収した1体のバーサークフューラー。
この当時は、軍最高司令部の一部の者しかこの事実を知らされていなかった。が、セイスモサウルスの登場により、いつまでも貴重な戦力をひた隠しにしておけない状況に追い込まれた司令部は、この事実を公表し、機体を技術開発部に預け新型ゾイドの開発を要求した。しかし、バーサークフューラーの完成度は高く、下手に改良を加えると性能を下げかねなかった。技術開発部が最終的に出した結論は新型CASの開発だった。
その頃、丁度ライガーゼロフェニックスがロールアウトしたこともあり、このままフェニックスをフューラーのCASにしては?という声が上がり、こうして完成したのがこのフェニックスフューラーである。
性能面ではかなり高く同クラスのゾイドでは最強クラスのポテンシャルを持たせることに成功した。が、その反面、装甲が極めて脆く、パワーバランスが安定しなく、炉心融解を招く可能性がある危険な機体になってしまった。この事から廃棄処分が決定したが、納得しない技術開発部の役員の1人がフェニックスフューラーを駆り、脱走した。
実はこの男、ゼネバス帝国のスパイであり、情報操作で幾つもの部隊を壊滅に導いた張本人だった。全てが上手くいき敵軍の新型ゾイドの強奪にも成功していた。が、自分の前に立ちはだかったゾイドがいた。
それは、不良品のレッテルを貼られた30番目のゼロフェニックスだった。
今、ここに決して語られることの無い最強クラスの「不良品」同士の対決が始まろうとしていた・・・・

【緑の平和】2004/02/24 21:44:47

カッコいいんだけど、コックピット見えないジャン。
素体の部分見えすぎじゃん
【トッキー】2004/02/25 16:32:03

装甲が薄すぎるという設定なのでそこは許すということで

白狐2004/02/26 18:56:53

コクピットは、直接目視してるわけでなくディスプレイ表示を見てるはずなので問題無いと思われます。
アーマーが無いので軽い分機動性は高そうですが、アーマー付属のブースター類がいくつかなくなってるので最高速は落ちてそうですね。
しかし、近接戦重視だとすると速度より機動性の方が重要って事なのかな?
すとらいかー2004/02/26 20:57:59

みなさん、どーもです。
中々参考になる指摘が多いのでいい勉強になります。
所詮、研究員のシャレで作った様な物はこんなもんではないかと・・・
【ゼロ】2004/04/07 15:08:09

顔みえねー
まるで悪魔だー
【ジェノ】2004/10/07 10:19:42

対決の末、どうなったんですか。
教えてください。


サイトバナー
[Running time: 0.022596 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫