ゾイド格納庫 展示ルーム Ver.3

ログイン ユーザー登録
メインサイト TOP 作品を投稿 更新順 新レス シリーズ ユーザ

ダブルストーム(S&L)
ダブルストーム(S&L)
1 2 3 4
別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画 別窓 原画
投稿者icon
YUKI
分類チェンジマイズブロックス
シリーズBBS(BLOX BATTLE STORY)
投稿日2004/02/21 15:19:02
最終更新2005/10/25 19:42:23
閲覧数3843
コメント数4
添付サイズ302(KB)
編集
個別コメント
写真切替
[1]  [2]  [3]  [4
前後の作品
more new workmore old work
コメント
2005/10/25 画像全差し替え&バトスト追加。

・Episode49「Heart Land」Review
「遺跡」だと言われていた移民船は、だがその内部に進むにつれ否応なく理解させていく
――――それが今尚「生きている」事を。

「マジかよ? これって ………何百年前に墜ちてきた物さ」
ラスティの呆れた声も当然だろう。何せそれは「遺跡」と称されてしまう程に、太古の存在の筈なのだから。
「別に年代なんざ関係ないのさ。中身さえ生きてりゃ…どうって事はない。
そう、その中枢と――保存された人間達の人格データ・記憶モデルさえ有ればな。
…そうして滅びに瀕した母星から放たれた幾多の種の一つが、この”GLOBALY ”なんだ」
ラギアのコックピットからの通信。当事者たるレイドの言葉を聞いてすら…
他の面々には想像の及ばない物語であった。
この惑星Ziの外から訪れた、遠い昔に戦争の火種を持ち込んだと呼ばれる「地球人」達。
それこそが――彼等。「オーガノイド」の正体であるというそれは。

   「彼女」の計画が狂ってしまったのは何処からだったのだろう。
   こうして生命の存続可能な惑星に辿り着いた事も。
   其処で手にした成体組成を用いて、データ達に肉体を与える事も。
   構築した人類が生きていける様、この惑星の環境に手を加える事も。
   そういった全てを――最も適切であろう時期に行う事も。
   全てが順調だった筈なのだ。

   …だが、現実は違った。全てはこの星に存在していた生物、「ゾイド」…
   その金属生命体との接触に起因する。
   機械と生命。その二つが、一つになれるという現実。
   「種の保存」を最優先する事を義務づけられた「彼女」の模索は、
   この存在に強く惹かれていく事となる。


「うわ…っ!?」
始めに攻撃を受けたのはディスペロウ。ロイの上げた声は、直ぐに爆音でかき消される。
「敵!?」 「ちょっ――待て!其奴等は――」
暗闇から現れるのは、数十は下らないであろう蟲を模したキメラ群。
全身に重砲を背負う物、多数の棘を蠢かせる物…
何の制御を受ける様子も無く。「指揮者」たるオーガノイドの存在もなく。
だが彼等は着実な統制を以て襲いかかってくる。
「知ってるの!?此奴等を――っ」
制止にも似たその声音に、思わず攻撃を一瞬躊躇ってしまい。
見る間に突進してきた蟲共から、辛うじて空中へ待避したリムの抗議の声音。
………制止した本人。レイドの返答はやや間を置いた物だった。

「此奴等は――外の連中と同じだよ。人間共だ」


   「永久的な人類存続」という命題と、その方法の欠落というパラドックス。
   存在自体を狂わせられかねない「彼女」の懊悩に、ゾイドの存在は希望となった。
   人間という脆弱な生命は、きっとまた滅亡の道を辿る事となるだろう…
   例えこうして、新たな世界で生を歩み出したとしても。
   だから、まずは「人類に合わせて惑星を作り替える」のではなく。
   「惑星に合わせて人類を作り替える」。
   それが……無限のパラドックスに対して、彼女の下した結論になっていた。


「人類と機械との”融合”、意識と機械との”融合”――此奴等、も!
人間の記憶をデータとして組み込まれ、キメラとしての進化を繰り返す…
第三世代キメラっていうバケモノ共だ――――!!」

                                           ...to be continued.


・機体解説
移民船中枢たる「母」を直接護衛する、拠点防衛用の第三世代キメラ。
合成有機体による肉体を与えられなかった人格データ達が組み込まれており、
通常の無人キメラよりも遙かに優れた自己判断能力を持って戦術行動を取る事が可能
――最終防衛ラインとして己等をすら顧みない彼等は、まさしく最後の砦である事を思わせる。

 分類:人機融合型第三世代キメラ
・TypeS:BZ016ベース。得意技は前脚の棘とチェーンシザーで引き裂く「バイスゲート」
・TypeL:BZ017ベース。得意技は全火器の向けられる後方への一斉射「ストームインパクト」


誰しも思いつかれていそうですが。L型がヤマアラシっぽさを増加させたモノ。
しかしS型の方は、何やらカブトムシというよりケラ、っぽくなってしまい。(汗)
鈍重且つスパルタン、な印象を持って頂ければ幸いです。

追加。
遂にというか今更にっ。漸く来ましたバラッツ!!
以前数体だけ、一時帰国時に手に入れていたものの――
これで漸くという所で。なので早速、こうして使用した物をばでした!
次はGZ用強化パーツかっ!?

【荒くれ】2004/02/21 18:10:18

かっこいいですねコレ。レーザーとシザーでいい感じに仕上げてますね。
YUKI2004/02/22 18:39:59
icon
コメント有り難う御座いますー(へこん)
折角兄弟機なんですし、こういう利用方法をやってみないと勿体ない気も。
……「色が合わない」という心配も有りませんし。
そういうカラーリング等からしてみると、キメラの萌芽使いやすいんですよねぇ。(ふむ)
【ゾ1ド】2004/03/28 22:29:58

いいですね〜兄弟合体。(兄弟?)
YUKI2004/03/30 14:12:01
icon
っと、コメント有り難う御座いますっ(礼)

<兄弟
兄弟というか同型機というか。
しかしゾイドが生物である以上、例えば兄弟という概念もあるのでしょう。
血の繋がった機体同士だと連携しやすいとか。ある気がします。
……まぁ、BLOXにそれは当て嵌まらないのでしょうが。(汗)

サイトバナー
[Running time: 0.024391 Sec.][Version V03RC16/MV08 Relese 2019/05/01 ]
(C)2003-2019 T-4@ゾイド格納庫